【雑感】東芝REGZA

テレビのことです。

去年東芝のREGZAに変えました。これはもう普通のテレビじゃないですね。だからREGZAとしかいいようがないというか。

録画はもっぱら増設したハードディスクにどんどんためっぱなしです。全部で9台リンクできるようで、最近の外付けHDDにはご丁寧にもREGZA対応って書いてあるので増設も手間がかかりません。

function_img_hdout

去年まで不毛なブルーレイ競争やっていましたが、東芝は撤退して正解じゃないでしょうかね。これからの時代、わざわざディスクに保存して見るなんて面倒なことはしないでしょう。

で、現在このREGZAで契約して見ているのは、

  • WOWOW
  • NHK衛星
  • スカパーes
  • アクトビラ

です。

スターチャンネルは、休日の夜に無料キャンペーンの押し売り電話がかかってきて、その場ですぐ契約できます1ヶ月無料ですっていうので、乗せられてしまって契約したのですが、これってWOWOWと何が違うの?と思ったのですぐやめました(電話ですぐ契約したくせに、解約がすぐにできないという、軽く悪徳商法だと思ったね)。

いったいテレビにいくら支払っているのか?って感じですが、本でもそうだけど、買わないと真贋はわかりません。
それだけじゃなく、個人的にも、もうメディアを「無料」ってのはおしまいにしたいと思ってて(じゃないと自分たちも食べていけないんだから)、DVDも(中古の場合もありますが)音楽にしても(iTunesですが)買うようにしています。

多少金があるからそんなことできるんだ、と言われればそのとおりですが、商売としては、金のある人に対してやらないと儲からないので、これでいいと 思っています。一方でケータイのように解約し忘れて何百円払い続けて儲かるっていうビジネスもありだとは思いますが、本当にそこからいいコンテンツが生ま れるのかどうか、まだ自分自身では納得はいっていません(気付いてないだけかも)。

これからは見た番組のこととか周回遅れでも書いていこうと思います。

【雑感】ちょっとした電話取材だったのにわざわざ謝礼を贈ってくれました。

p1000792

先日、簡単な電話取材に答えただけで、記事にもならなかったのですが、わざわざ謝礼の菓子折を送っていただきました。

受け取るまでは、(週刊誌なんていい加減なことしか書かないしな)なんて思っていましたが、受け取ると気持ちが変わるのがよく分かります。

物品をもらったということよりも、あの程度のことでここまでも、という気配りのほうに心を動かされました。

自分は気配りが行き届いているか?自問自答です。

【雑感】読売新聞という政治力

p10007823

ナベツネが嫌いです。

だいたい嫌いな相手というのは、自分の持っているいやな部分を投射しているものですから、きっと自分にもああいった権力欲が何処かににあって、それを見せられるからいやなんだと思います。

そのナベツネさんの会社の新聞。もちろん購読したことはなく、図書館などでチラッとみたことがあるだけですが、いままでいったい誰が読むんだと、何を持ってあの新聞社の新聞を読むんだと思っていました。発行部数が世界一なんて、本当なのかといつも疑問でした。

このところじっくりと考え事をする暇がないので、朝、通勤途中にある甲州街道沿いのジョナサンに立ち寄っています。ここは駅からも遠いので、早い時間だとガラガラで非常に居心地がよろしいのですが、モーニングセットを注文したら「サービスです。よかったらどうぞ。」ということで読売新聞をもらいました。

先着20名に配っているらしいのですが、ただで配るぐらい売れないのかと、購読申し込んだらドリンクバー無料なんですが、たった300円程度じゃないかと、プレミアにもなってないと、見ていて少々哀しくなってくるサービスだなという感想です。

以前読んでから数年経っていると思うのですが、パッと見、え?小学生新聞?と思うほどの活字のサイズ。やっぱり年寄り新聞になっているんだなぁと思いながら紙面を読み進めて気づいたことですが、掲載広告が普段読んでいる日経や産経と大きく異なるのです。

一言で言うと、おばさん(どちらかというとおばあさんに近い)を対象。いや、そうとしか考えられない健康グッズや通販グッズの広告なのです。なんだ、偉そうにふんぞり返ってるけど、所詮この程度の広告しか集められないしょぼい新聞なんじゃないかと思いました。

思ったのですが、そのあとによく考えてみると、そういう広告で間に合う対象読者しか考えてないのかもしれないけれど、結局、その対象読者となる年齢層が、誰に投票するのか?と考えると、なるほどナベツネがふんぞり返るのは当然かもしれないと気づきました。

つまり、ここで読売新聞の古くささを揶揄することは簡単だけれども、じゃあ逆に我々の世代は、そこに訴求力のある新聞、メディアを作っているのだろうか?それに投票行動も促しているのだろうか?と。

素直に自分の世代が読みたくなるようなメディアを作ろうと決意しました。