労働による生産性の向上を図るには

会社の経営が上手くいっているかどうかは、1人当たり粗利益高を見れば一目瞭然で、その実質成長を支えるのは労働による生産性の向上に尽きます。

これを向上させるために、いまから何をどうするのか、という手順を明示し、それを達成すると、これだけ素晴らしいことがあるよとあらかじめ示し、あとは社員が飽きずにそれを実行し続けたいと思える仕掛けをつくり、最後に実行ボタンを押す。これで社長の仕事はお終いです。

つまり、優秀なゲームクリエイターたるように会社を設計して活動させていけば、会社は自ずと発展するのだと思います。もちろん結果的には、そのほとんどが社長の思い込みによるクソゲーですけど。

それでもクソゲーがクソゲーかどうかは、やってみないとわからないし、案外そのクソゲーが大好きという人もいたり、そのうちに改造したり世界観を勝手に拡大するようなユーザーも出てきたりして、最初からクソゲーだからダメとは一概には言えないわけですが、やっぱりやるならば面白くて、やってもやっても飽きないよ、というようなゲームを作らないとダメですよね。

そういう点では、仕事は大いなる暇つぶし、という言葉は至極名言で、よしひとつ面白くて感動的で、いやぁ昨日は結局徹夜しちゃったよ的なゲームをつくってやろうじゃないか、などということを、子供たちが飽きもせずにゲームをやってるのを見ながらつらつらと考えました。

が、現代的に大きな問題は、WiiやってDSやって人生ゲームやってと、その興味の対象がコロコロと変わってしまうということ、恐らく何個もミニゲームを作って、飽きがこないようにしておかないとダメっぽいです。

ということは、まず必要なのはそういうミニゲームを作って遊べる人材ですかね。もしくは、ゲーム作りのノウハウを学んで実践してくれる人。

面白いと思うだよねこういう仕事は。もちろん大抵はクソゲーしか作れなくて、ウケなかったときのショックはかなり大きいと思うけど。

社員として会社をゲームとして考えるならば、小さな敵との戦いを繰り返して着実にレベルを上げボスキャラを倒して堅実にクリアし続けるか、攻略本を研究しスマートにステージクリアして次々新しいゲームを試していくか、のどちらかで、あとはそのゲームを楽しんだ体験とかをネットで共有して情報を得たりとかは多少有効かもしれませんが、クソゲー批評をいくら共有しても、ゲームクリアにはほとんど意味がないかと思われます。

優秀なゲームクリエイターになるためには、ゲームを知り尽くさなければならないわけで、当然ゲームに参加したことがない人、1つもクリアしたことがない人には無理な話。面白い仕事をしたい、給料を上げたい、出世したい、独立したい、その全部を達成したい、と思うならまずは目前のゲームに一生懸命取り組んで、1つでもクリアした体験を積む他ないんじゃないかな。

If you go fast, you go alone. If you go farther, go together.

今回も5人で飲んで食べて1万円。信じられない安さ。
今回も5人で飲んで食べて1万円。しかもかなりおいしい。信じられない驚きの価格。次は20代社員の諸君つきあって。

この小さな会社の密かな強みと考えているのは、社長と同年配の社員が3分の1もいるということ。これは大変ありがたく、心強いことです。

日頃は各自それぞれの部門で仕事をしていて力を発揮してもらっているわけで、そのままでは同じ会社で働くということについて意識が希薄なままで、才能の相乗効果も半減です。同じ釜の飯を食うというのにそれではダメですね。

そこで、小さな会社だから目前の業務に必死になってしまいがちですが、なるべく意識して一緒に飯を喰うそういう無駄な時間をつくらなきゃと思ってます。

今日はその会社の中核をなす連中と、アラフォー組でどげんかせんといかん、ということでまたまた隣の焼き肉屋にいってきました。

大抵は自分一人あれこれ勝手にしゃべってて、彼らにはつきあってもらってるってのが実情ですけど、まぁそれはそれでいいかと。

創業時からずっとこんな調子で彼らと一緒にやってきてますが、創業前後は起業に関して読む本すべてに「最初は社員は不要」なんて書かれてて、そうなのかなぁ決してそうとは限らないと思うがなぁと思ってました。

最近になって、新たにメディア事業を興すと決めて動き出してからは、理念を語って同士を募るっていうことが、ああこういうことかと(今更ながら)、なんとなくわかった感じがしているのですが、先日紹介した別所さんの本に、これだよこれ、という言葉があったので引用しておきます。

“If you go fast, you go alone. If you go farther, go together.”
「早く動きたいのなら自分一人で行きなさい。ただより遠くへ行きたいのならみんなで行きなさい」

またまた新たな仲間が増えそうですが、ビジョンを共有できる人はどんどんウェルカムです。

新型プリウス ヘッドアップディスプレイ

はい。アクセス対策エントリーです。

最近でこそ、”紙”や”メディア”系で引っかかってくるようになりましたが、検索サイトからは圧倒的に”プリウス”で検索されています。

で、月曜日に正式発表で、その日に担当のナガイさんが「今朝の10時届いたばかりです!」と12時には持ってきてくれたみたいです。

p1010077

ま、納車が遙か先ですからね。気持ちだけでも一生懸命やっていただきたいところです。

新型プリウスの納期目処のご案内(5/19時点)

で、今週は忙しくてようやくじっくりと目を通しているところですが、ナビのオプションでヘッドアップディスプレイがありますね。このタイプを注文したかどうか定かでないです(いや、ほんとカタログも見ず、試乗もせず買うなんて)。自分の場合は、先進的なものを買うことに意味があるので、これちゃんと確認しておかないと。

新型プリウス ヘッドアップディスプレイ

で、そのアクセス対策ですけど、いちおうこのブログも社長ブログとしての役割も担っているわけでして、いろいろ実験しながらやっています。前のアメブロのときにもいろいろと試してみて、自分の場合はアクセス数だけを稼ぐだけでは何の意味もないことはよく分かりました。

それで今回は、将来の当社のミッションとなるメディアをテーマに語っているわけですが、やはり注目を浴びないと知らない人の目にとまることもないので、このあたりのさじ加減というか、何をどうしたらどうなるのか(どういう意味を持つのか)、ということを研究中です。

編集者のときは、この(原稿の)部分どう思いますか?と相談してくる著者に「はっきり言い切ったほうがいいですよ」「きちんと思いをきちんと伝えるべきだと思います」などとアドバイスしていましたが、いざ自分で書いて自分で編集っていうのは、そういう背中を押してくれるものがないので案配が非常に難しいですね。しかも書いてからの反応がダイレクトだし。

そういうところは、いわばオーナー社長な感じですねブロガーって。だから個人事業者や零細企業の社長さんは、単に宣伝したいという思いもあるとは思いますが、ブログと親和性が高いんじゃないかなーと。

ただ、これからはどんどん世の中が企業(個人事業者や社会起業家も)に対して絶えずオープンであることを求めていくでしょうから、ブログに限らず、ネットで相互につながれる仕組みを求められていくと考えていて、もっと多くの企業がブログをはじめとするネットメディアを必要としてくるんじゃないかと思っています。そのときに単にシステム入れてコンテンツ作って提供するだけでなく、コンテンツのマネージメントやデザインを提供するお手伝いをしたいと考えています。

あ、これ別のエントリーにすればよかった・・・。

という具合になかなか難しいです。

ツイッター?

社長がそんなことをする暇はないととめられてたけど、昨日、企画の打合せをしていて、社長だからこそ、これやっぱりやっとかないと。

http://twitter.com/nobosan

wpのプラグインを入れてみたので、そっちに配信されるかテストもかねて。

ずっと、トゥイッター、って頭の中でささやいていたんだけれど、ツイッター派が多数派ですか。

ついでにテクノラティの登録。
テクノラティプロフィール

企画会議をオープンにするたった一つの理由

来月もハブメディア会議を開催します。

前回とても残念だったこともあり、河野さんに丸投げせずにきちんとコミットしなければと反省しました。次回も新たな社外参加者の申し込みがあったようで、毎回社外からの参加があることは大変ありがたいことです。

このハブメディアの会議をオープンにしている理由なんですが、コミュニケーションを軸にしては、河野さんほど上手く説明できないので、いち経営者として社員たるプレイヤーに何を望んでいるのかという観点から話をしたいと思います。

まず、もともと社員の企画力を向上させることを目的の1つに据えている会議なので、社外の多くの方の意見を聞くことによって、視野が広がる機会にして欲しいと願っています。それによって、なんだたいしたことないな、と尊大で自信過剰になってもらうのは困りますが、過度に謙遜、卑屈な、いわゆる雛鳥体質な社員のままではもっと困ります。

世の中スゴイ人もたくさんいるけど、たいしたことない人もたくさんいるんだ、と分かれば、どんな人とも安定したコミュニケーションがとれるようになるはずで、新人のころから社外の人と接することで、人間関係のバランスをとれるようになって欲しいという考えです。そうやって自分を客観的にポジショニングできれば、あとは人よりも5%程度多く努力をすれば、きっと楽に生きていけると思いますし、かつそういう人が増えていけば、我が国もこの先、正常に発展していくことでしょう。

それから、もっとも大きな理由ですが、企画は、それを「実現したもの」が勝ちと考えているためです。裏返せば、プロデューサーとしてもっとも恥ずべき態度は、「あれって俺の企画だったんだよね」ということですね。いますよね、いつも話は勝った話ばかりなんだけど、実績は?って人が。

定型な商品を販売する会社と違って、様々な形のデザインを開発販売することになるメディア企業を目指す以上、全ての社員にはきちんとした実務家としての気構えを持って欲しいと願っています。前回、企画会議に参加する心構えみたいなものを語りましたが、もっとも重要なことは、その企画会議が終わった瞬間から何を実行するのかということだと思うのですよ。

企画会議でも、最初は、さすが誰それさんは冴えてるねと言われていたとしても、何の実行も伴わないのであれば、そのうち、あの人って重箱の隅つついてばっかだよね。といわれるに決まってます。特に若者は経験値や実行力が足りない分、その有り余ったパワーを論評批判に向けがちですから(要するに頭でっかち)。

だから、この企画は自分がなんとしてでも実現するだという信念をもってして取り組んでいれば、企画会議でどんなにアイデアを開陳したとしても、あとから追っかけて真似た企画をやってくる人間がいたとしても大丈夫でしょう。

そもそも類似商品なんて世にたくさんあるわけで、いずれ競争になるのは明白のこと。だったらその最初から全力投球しておこうようとということですね。

かくいう自分も、もう立派な中年ですけど、こんなにブログで偉そうに吠えてると、なんだ偉そうに言ってるけどそんなもんか、というような声がいつも聞こえきていて(心の中で)、必死ですね。

これって(ついでの話にして申し訳ないんですが)、どうしていろいろなコンサルタントがいる中で、私が河野さんにアドバイザーをお願いしたのかと言う話にも繋がるのですが、それは河野さんが、常にご自身でメディアを実践されているからなんですね。ネットってブログだけ読んでれば本当に立派なことを仰ってる人ってたくさんいるんですが、実践されている(いや、できている)人はまだまだ少ないと感じます。

ちなみに、会計参与をお願いしている先生も、単に税理士だけでなく、税理士法人を経営されておられるからであって、実務家なんですよね。そうじゃないと本当の経営は教えられないと思いますから。

この先、プロフェッショナルな人々がどんどんブログを始める時代になってくると思います。そうなってくると単なる批評家は一掃されるでしょうけど、そういう時代にプロデューサーになろうというならば、誰よりも実務家としての能力を問われると考えています。

と、そういうこともあって、当社のハブメディア会議については、参加者であれば、社外の方であってもアイデアを開陳することには何の問題もないですし、広く衆知を結集できるまたとない機会だと思います(そうしなければ)。

あ、読み返したらたった一つの理由になってないや(笑)

企画会議に必要なことは鋭い意見だけではない

今日は、ハブメディア会議に出席しました。いつもは河野さんにお願いしてあって参加していなかったのですが、今日はハブメディアを一緒に取り組みたいというヘッドウォータス社の森さんがいらっしゃるということで出席しました。企画会議に出席する以上、社長といえども企画がなければと1つ企画案を携えての出席です。

平企画員として社内の企画会議に出席するのは何年ぶりでしょうか(社外はいくらもあるけど)。久々に企画をプレゼンしながら、ああもっと準備をしておけばよかったなぁと、そう思いながらプレゼンしていた昔の思い出がよみがえってきました。

ただ社員の態度は残念でした。社長の出来損ないの企画を評価できるんだから、自分ならここぞとばかりに叩くだろうに、出てくるのは微妙な感想ばかり。最後、河野さんに論理的な矛盾点や企画の限界点を指摘してもらって、かろうじて企画会議らしく再考案の方針がわかりました(出席したかいがありました)。

で、会議後、出席した社員に、君らは能力不足や準備不足というよりも、単に無礼だと叱りました。

会議の冒頭で河野さんが、企画内容をよくするための発言をお願いしますと(これってたぶん毎度仰っているんでしょうね。すみません)促しているにもかかわらず、返すものは沈黙か感想か。

何が無礼かって、一生懸命プレゼンしている人は、よほどの自信家か空気のよめないバカじゃない限り、この企画の評価はどうだろうかって不安なもの。それに対してボソボソと探りながらしゃべったり、こうなんですかねみたいな同意か質問なのかわからない単なる感想だったり、沈黙だったり・・・。君らが不安になってどうするの!

まともなことを言おう、こういうことを言っても意味がないんじゃないか、あの人が言ってくれるだろう。全部自分のことばかり。

企画内容がどうなのか以前に、そもそもコミュケーションをとる気があるのかないのかよく分からない態度って、非常に無礼なんです。本来なら、きちんと建設的な意見を述べて、提案者が、ああなるほど、その視点は気づかなかったと同意してくれたり、いやいや、そうではなくってこういうことなんですとさらに熱のこもった補足があったり、対してさらに、でもこういうことも考えるから、やっぱりああした方がいいんじゃないかと返したり、そういった意見交換が望ましいですが、若くて能力が足りないと思うのであれば、せめて熱意ある態度を発言で示そう(なんともレベルの低い話だが)。

企画会議で必要なことは、一言で相手を撃沈するような鋭い発言ではなく、相手のことを思いやって一生懸命一緒に考えるという態度です。とにかく中途半端な態度は、相手の企画を少しでも良くしてあげようという気持ちがこもっていないのが一目瞭然。

なんだろう、自分の場合は、相手が好敵手だと思えば思うほど敵に塩を送るじゃないけど、自分でも最高の意見を述べようと思います。そうすれば攻守ところが変わったら同じように遇されることもあるだろうと思うから。もちろん求めてはいないけど、情けは人のためならずって言うしね。

こういうと和気藹々の茶話会みたいにすればいいのかと勘違いされるのも困るけど、ケチをつけるか沈黙するかの両極端な対応しかとれないのはいずれにしても幼い。ちなみにケチをつけようと思えばいくらでもつけられるのが企画会議。果てしなくそれを実行していいのは社内で唯一資金を管理している社長だけであって、それに対して企画を実現するために予算を獲得すべく覚悟を見せるのが担当者。いっそ、そういうヒリヒリするような会議しないといけないのかな。

彼らはいつも外でこういう中途半端な態度で人と接しているのだろうか。そう思うと、社長として指導監督不行届、不徳の致すところです。

変えます。

新型プリウス 続報

というかもう土曜日に買いました。新車発表は一ヶ月後、パンフレットもないという状態なのに。そして納車は9月。

呆れるほどの売れ行きで、また一週間待ったら次いつになるか分からないといことで(そういうことにしてだろうけど)、いつもの担当だけでなく、その上司の副店長さんまで同行して前倒しで営業にやってこられました。

副店長さん曰く、先週テレビの取材に答えたんですが、ということで、この近辺、いま売上の8割はプリウスで体感では9割ぐらいな感じだそうです。今回から他の系列含めて全ての店舗で販売できるようになったために、割り当てが減って大変ということで、いまお世話になっている高井戸店には月100台しか割り当てがこないそうです。

プリウス以外売れないから、プリウスを買いたい人にものすごい営業攻勢なんでしょうね。その場で前の週に担当の方に出してもらった見積よりも、下取り価格を高く、車検も半額にしてもらいました。今回は税金(重量、取得)は特別減税でゼロだし、下取りもディーラーにしてもらったので手続諸費用もゼロだし、排気量は上がるしグレードもあがってるし(従来のGがSに)はっきりって相当安いと思います。

安くなったので気をよくして、ナビの他にサイドモニターもつけることにしました。新機軸のソーラーエアコンシステムは、そもそも実験的なシステムだし、太陽電池にガンガン日光が当たらないと作動しないそうだし、「そもそも納車のころって夏終わってるよね?」「・・・ですね。あはは・・。」20万もするので見送りました。

今のプリウスにも新機軸で車庫入れアシストシステムという自動運転装置がついてるんですが、結局一回も使ってません。こういう目くらましはいらないってことですよ。皆さん。

あと、気になるインサイトとの比較ですが、あれってずっとエンジンが回っているそうです。モーターだけの走行はないってことで、それじゃ面白みがないですね。

まぁあれこれ書いても結局、手元にくるのは秋。まだ夏も来てない。待ちくたびれそうです。ディーラーにしても今買い取り価格出して、結局その後、半年間乗り回すのだから、走行距離は伸びるしで見積もあったもんじゃないってことで大変ですね。

と、ぐだぐだプリウスネタを書いたのも、検索数がすごいからでした。みんな興味あるんだね。

e38394e382afe38381e383a3-3

しかし、家族が増えてもミニバンとかに買い換えないで、当然の如く自分本位で買い換えてるし、そのうちママ友連から「ええぇえ?、信じられな〜い」とか言われるのは必至だ。わはは。

新型プリウス

来週車検です。

今のプリウスは丸3年、走行距離34,000km、傷だらけ、シート汚されまくりです。週末ディーラーの担当者にきてもらって、たくさんついている傷を車検ついでに直してもらおうと見てもらいました。

そのときに、トヨタ営業社員向けという新型プリウスの説明書を見せてもらったのですが、いやいい感じですねぇ。性能アップ、グレードアップなのに価格が下がるという、いままでは考えられないとんでもない状況だそうで、それもこれもホンダがインサイトをぶつけてきたためだということです。

プリウスは中古車も在庫が店頭に1台もがないぐらい人気があり(出す端から売れるそうで)、いま下取りに出すとまだまだ高値で売れるということ。見積を出してもらいました。そこそこの価格がついたので(サービスもしてくれたので)、じゃあもう傷は治さないでそのまま買い取ってもらおうと、いま予約したらいつ納車なの?と尋ねてみると、先行予約(5/18発表)で今週予約で、納車は8月末だそうです。

いまのプリウスも予約して納車まで3ヶ月待たされたのですが、当時よりさらにものすごい勢いで注文が殺到している模様です。買い取り価格は現時点の価格で据え置きにするというので(当然ですが)、前向きに検討中ですが、パンフレットも見ず、試乗もせずに買うのは少々勇気がいりますね。しかも納車が4ヶ月先。

営業マン曰く、プリウスは売れていても、今まで利益出していたセダン(アリオンとか)が1台も売れないそうで(力説してました「1台も売れない」と)、カローラやヴィッツを買っていた層もみなハイブリッドに切り替えようと思っているらしく、それなのに生産数を増やさないので営業が大変だと言っていました。

クルマにロマンを感じる派ではないので、特段走りにこだわりはないし、エコなんて全く考えてもいないのですが、プリウスの半分電気自動車の先進性は捨てがたいと思ってて、今度もソーラー電池で炎天下の駐車中にエアコン動かしたり、ヘッドアップディスプレイついていたりで、ギミックとして面白そうです。

贅沢かもしれませんが、パソコンとクルマのように毎日使うものに妥協すると毎日後悔することになるので、良いと判断したらすぐに買い換えると思います。

逮捕の瞬間を激撮してみた

夕方、考え事をしようとしても邪魔が多いので、外に出かけました。

何かの情報誌で厚生年金会館前に落ち着いた音楽喫茶があると知って、実は、最近お気に入りです。オーディオマニアじゃないからよく分かりませんが、かなりいい機材でいい音が出ています。

二階にある店で靖国通りが見下ろせるのですが、席について珈琲を頼んで、さてと、とメモ帳を開いたら、眼下にパトカーに制止されてミニバンが止まりました。

何の違反だろうと思って何気なくみていたら、運転手の女性だけでなく助手席の男性にまで免許証を提示させようとしているじゃありませんか。?と思った瞬間に、車道側の後部座席に座っていた男性が現れたかと思うと、様子をうかがうように通りの反対側に歩き出し、脱兎のごとく駆け出しました。

??と思うまもなく、助手席側で尋問していたお巡りさんが追いかけます!

という状況からカメラを手にしました。

p10008111
逃走しました!至急応援を要請!
p10008122
あ、また逃げた!

あっという間に追いついて向こうの横断歩道で信号が変わるのを待っていたのですが、突然逃げ出してバスと接触しそうになって、再びお巡りさんが追いかけます。

p10008131
追いついた!
p10008151
確保!
p1000818
こら!往生際が悪いぞ!
p1000823
3分もしないうちに続々と応援がやってきました。早い。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります
p1000833
そして10分もしないうちに連行!背広を着た年配刑事があれこれ指示します。実にカッコいいです。
p1000835
撤収!のころに救急車がやってきました。どうやらバスの乗客が怪我したようです。
p1000838
交通鑑識みたいな感じの警察官もやってきました。

この間全部で20分ほど。

新宿なので、昼間でもよくパトカーが集合して、それらしい怪しい黒いクルマを囲んでいるような場面には出くわしますが、目の前で一部始終を見たのは初めてです(もちろん撮影したのも)。

夕方の靖国通りなんてすごい渋滞になるわけですが、余計な混乱を引き起こさないようにということなのか警察の迅速かつ無駄のない対応には感心しました。

それにパトロール警官から刑事から救急から交通鑑識からとスムーズな連携みてて、そのプロフェッショナルぶりにも脱帽です。サードウォッチっていう結構好きなアメリカドラマがあるのですが、まるでそんな感じでしたね。

危険を顧みず一人逃走した犯人(というか不法入国者じゃないかな)を追いかけた警察官を見てて、なんだか、自分の仕事がものすごく小さく感じて、せっかくのブログネタを上手く伝えられない文才の無さにも軽く失望中です。

警察の皆さんほんとご苦労様です。

あ、肝心の考え事する暇がなかったよ・・・。

【雑感】東芝REGZA

テレビのことです。

去年東芝のREGZAに変えました。これはもう普通のテレビじゃないですね。だからREGZAとしかいいようがないというか。

録画はもっぱら増設したハードディスクにどんどんためっぱなしです。全部で9台リンクできるようで、最近の外付けHDDにはご丁寧にもREGZA対応って書いてあるので増設も手間がかかりません。

function_img_hdout

去年まで不毛なブルーレイ競争やっていましたが、東芝は撤退して正解じゃないでしょうかね。これからの時代、わざわざディスクに保存して見るなんて面倒なことはしないでしょう。

で、現在このREGZAで契約して見ているのは、

  • WOWOW
  • NHK衛星
  • スカパーes
  • アクトビラ

です。

スターチャンネルは、休日の夜に無料キャンペーンの押し売り電話がかかってきて、その場ですぐ契約できます1ヶ月無料ですっていうので、乗せられてしまって契約したのですが、これってWOWOWと何が違うの?と思ったのですぐやめました(電話ですぐ契約したくせに、解約がすぐにできないという、軽く悪徳商法だと思ったね)。

いったいテレビにいくら支払っているのか?って感じですが、本でもそうだけど、買わないと真贋はわかりません。
それだけじゃなく、個人的にも、もうメディアを「無料」ってのはおしまいにしたいと思ってて(じゃないと自分たちも食べていけないんだから)、DVDも(中古の場合もありますが)音楽にしても(iTunesですが)買うようにしています。

多少金があるからそんなことできるんだ、と言われればそのとおりですが、商売としては、金のある人に対してやらないと儲からないので、これでいいと 思っています。一方でケータイのように解約し忘れて何百円払い続けて儲かるっていうビジネスもありだとは思いますが、本当にそこからいいコンテンツが生ま れるのかどうか、まだ自分自身では納得はいっていません(気付いてないだけかも)。

これからは見た番組のこととか周回遅れでも書いていこうと思います。