京都に行ってきた。

今朝は7時の新幹線で一路京都まで、ある会社の株主総会に出席してきました。リーマンショック直後、これはチャンスだと思って株を買ったんですけど、想像通り70%ぐらい値を上げていて、100年に一度という大不況期に、この辣腕経営者は何をどう語るのか直接話を聞きに行ってみました。

前々から面白い株主総会だと噂に聞いていましたが、確かに面白かった。面白かったというのは、社長の話が下手な漫談よりずっと面白いというのもそうだけど、微細に経営方針、展望を語り、かつ「質問がなくなるまでやります」の言葉通り、あらゆる質問に対して簡潔に、あるときは語気を強めて真剣に株主の質問に答えていて、個人的には生でカンブリア宮殿を見ている感じ。

強く感じたのは、長期展望をとても詳細に意識しているということで、成功、失敗体験について教えてくださいという質問に対して、10年、20年先を見て経営していくときに、あれは大成功だった、これは大失敗だったと振り返ることはまったくない、とキッパリ答えていたのが印象的でした。

複数の株主が、資産を増やしてくれてありがとう!と直接社長に感謝していたんですが、自ら大株主として自分の持株の価値を高めていくように経営すると宣言して実行していて、これ以上の株主価値経営のミッションステートメントはないと思います。

日頃、吉永先生に株主価値経営とはなんぞやと薫陶を受けているので、M&Aで会社を大きくしてきた社長で有名ですが、利益を生むためには、パイを増やすということを真剣に考えて実行しないと(これが一番大変なこと)、単なるマネーゲームでは、こう長期にわたって上手くいかないことはよくわかります。

リーマンショックの直後に電光石火のごとく社員給与のカットを宣言して、当時はボロクソに叩かれてましたけど、今となっては収益の早期回復どころか利益率倍増計画まで打ち立てて、あっという間に社員への借金を利子付きで返す勢いです。こういう人が、経営は結果である、と言えば、もうそれ以上の言葉はなくって、これを予防経営と仰っていましたが、実際今期決算で赤字を垂れ流している企業は、どんな言い訳をしても甘いと言わざるを得ないなと思いました(当然自社も)。

ということで、和やかに、ときに爆笑ということで、ファンクラブのイベントみたいな株主総会でしたけど、株主の質問も有名人へのインタビューみたいで、それについても一つひとつ真剣に答えていて、かなりいろいろなヒントを得ました。

第36期ということで、ほとんど自分の人生と同じぐらいの間、こんなにハードな経営を継続させているのかと思うと頭がクラクラしますが(うちはまだ6期)、見習って頑張りたいと思います。

成功法則

ベンチャー事業を進めるにあたり、初心に返って数年ぶりに起業関係の本を読み返しています。どの本もいいこと書いてありますね。

実行あるのみですが、その成功と失敗を分けるものは、速さだと思っています。判断の速さ、作業の速さ。ユニクロの柳井社長も、はやく失敗しろといってますしね。スタッフの仕事のスピードがあがるようにしていこうと考えています。

あと、元トリンプ社長の吉越さんの本やCDが最近のお気に入りです。オーナー経営者によくあるいい加減さがまったくないハードなマネージメント(ご本人は新著でオーナー経営者を目指せばよかったといってますが)。

最初は残業ゼロなんてバカバカしいと思っていたのですが、バカバカしいと思っていたことが恥ずかしくなるぐらい社員が残業しているのは愚かなことです。残業が多いのは完全に経営者に問題です。

彼が香港で仕事をしていたときに社員に語っていた言葉が印象的でした。

Don’t do your best.Just do it.

これを言うためには、設計図が完璧に仕上がってないと×ですよね。それもはやく仕上げなければ。

企画倒れ

曲がりなりにも企画を生業とする編集者から企画実務のエキスパートたるべく経営者に転職したものとして、個人的にもっとも恐れる言葉がこれ。

分かりやすい企画倒れって「じゃ、近いうちに飲みに行きましょう」というやつだと思ってます。近いうちが1年たっても実現されないことは皆さんも良く経験されてると思いますが、この近いうちにっていうのが象徴するように、企画倒れの根本は実行する日付を設定しないことだと思ってます。

さて、当社でもっとも分かりやすい企画は書籍の企画、そしてハブメディア企画ですが、この2つの仕事の進捗を早めることが目下私自身の経営課題です。昨日はハブメディア会議だったのですが、会議後に河野さんと今後の方針についてミーティングしました。いま文章にするべくまとめています。

と思ったら関連するエントリーをアップされていたので、実行する部分で相当フラストレーションが溜まってらっしゃるのではないかとお見受けしました(笑)

でもその原因は当社にもあって、なんとか実務部隊として見放されないように頑張ります・・・。

企画とかアイデアとか – smashmedia

ということで、社長としては、昨日から社員の企画力アップが課題なのですが、

1.アクションプランとデッドラインの精査
2.勉強と実践の動機付け

という観点から考えています。アクションプランとデッドラインは、もうお伝えしたとおり、やるべきこととその締め切りを約束して守るということです。だいたい企画やアイデア出してと言われてから「考えます」と答える人にこの概念が欠けていることが多いです。不安なのか、自信がないのか、理解できていないのか、理由はそれぞれでしょうが、いずれにしてもその時点で何も実行する気がないのは確かです。まずは「いつまでに提出します」でしょう。

ちなみに、すぐその場で「実はこういう企画(アイデア)が」と答えるのが私の求める最善の人材です。「じゃ、いつまでにそれやるの?」とその場で尋ねて答えてくれればどんどんスピードアップできますよね。

で、2.勉強と実践の動機付けの部分ですが、まず何を勉強するのか?

企画が進まない背景には、そもそも取り組もうとしていることに対して、自分のアイデアに自信がないとか、どうやってまとめて良いのか、もしくは考えていけばいいのか思いつきもしないという遠因があって、それはまぁ有り体にいえば日ごろから言われたことを言われた通りにやる部分にしか頭を使ってないということに起因すると思うのですが、そもそも企画が企画たるべき構成要因である、楽しいことや面白いこと、役立つことについての引き出しがないんだと昨日気づきました。

飲みに行くのだって、どういった面子にするのか、どういう店にするのか、いつ行くのか、どういったきっかけなのか(お祝いなのか慰めなのか)、場面に応じて組み合わせていく必要がありますが、こういうのは引き出しがなければ実現できません。ということは幹事やれない人間には企画は無理ですね。

これに関しては今日、ひろゆきの新著を読んだのですが、なかなか良いこと言ってると思いました。

人が面白いと思うことなんて変わってなくて、その本質をいかに隠蔽して新鮮に感じさせるかですから。それをやっているのがゲーム。ネットサービスもそれを組み込めば良いんです。P.222

この面白いと思うことについての引き出しが圧倒的に社員には足りません。何しろ朝から晩まで作業やってるんですから。映画どころかテレビすら見てないはず。もう全然ダメです。ああ、こりゃ儲からんわと思いました。

で次に実践ですが、映画みたりテレビ見たりを勉強だと思うと「見る」ことを頑張る人間がでてきます。「見た見た?あれ面白かったよね。」って、だから何がだよ。という点が勉強の実践で重要な部分です。どう面白いのか、なぜ面白いのか、もしくは面白くなかったら自分ならどうするのか。そういう考え方に必要なことは「観る」すなわち観察することです。

みんな見てて、観てないんです。この2.これから重点的になんとかします。

で、加えてもう1点。

3.徹底的に考え抜く厳しさをデフォルトにする

これは私に大きな責任があると考えています。これもひろゆきがかなりいいことを書いてます。し、実際私は耳が痛かった。

うーん。映画でもゲームでも、ものすごい予算をかけて、頭のいい人が構成を考えて作るわけです。
でも、ネットのサービスって、思いつきで作ったものがほとんどで、映画やゲームのように考え込まれてから作られていないものが多いんですよ。P.218

「あ、いいんじゃない。やろうよ。やろうよ。」というのを辞めます。基本やらせない(特に自分自身の企画)。ものすごい予算がない会社が生ぬるい企画やったら潰れるに決まってますね。特にメディア事業部は来週からこの路線で行きます。

でも、儲かる会社にしようと企画している社長としては、そもそも、こういったことをいちいち一生懸命教える必要のない優秀な社員がどうやったらどんどん集まるようになるか、という企画を徹底して考え実践していきますけどね。私は校長先生じゃないんで。

企画ってのはそう言うことでしょう。

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54) ひろゆき

扶桑社 2009-05-29
売り上げランキング : 86

おすすめ平均 star
starさすがだねえ
star2ちゃんねる譲渡の背景にある「自由」と「柔軟性」の問題
star■ひろゆきらしいキレ味がありません!

人材サバイバル

いま、猛烈に広告について勉強中。ということでタイミング良く目の前に現れた今週の東洋経済を熟読中です。

日頃いい先生についているお陰で、書いてある内容のほとんどが「本当はこうだな」と読めるので、存外早くいろいろなことを理解できると感じています。

電通の苦闘ということで、「マス不振でプライド捨て小口営業で地べたをはう」とまで見出しに出ていますね。なるほど、そうか、と感じるところ、気付いたところありますが、電通の社長さんが今期の決算説明会において総人件費抑制策を盛り込むことを示唆したとかで、「人材こそ最大の経営資源である広告会社にとって社員報酬の見直しは両刃の剣にもなる」という分析部分に興味を覚えました。

関係ないサラリーマン的には、電通も大変みたいだねーみたいな話で終わるのでしょうけど、もう少しその先も考えてみました。

給料下がったから辞めるというなら、それで辞めるような人間はたいしたことがないだろうし、独立なり転職なり先が読める人間は辞めているだろうし、危機的な状況になって火がついたように才能を発揮する人も出てくるだろうし。

まぁうまくいかない人もいるでしょうけど、こういう転換期、会社が新しいビジョンを提示したり、自分で新しいビジョンを見いだしたりすれば、もともと優秀な方々なんですから、さらに活躍の場を広げることになるんじゃないかと感じます。

人材という観点でいけば、大企業が震撼するような事態というのは、小企業には好機であってかつ驚異でもあります。

ぜひ好機につなげたいと思いますね。

週刊 東洋経済 2009年 6/13号 [雑誌] 週刊 東洋経済 2009年 6/13号 [雑誌]

東洋経済新報社 2009-06-08

ブログの外見だけでなく中身も変えます

メディア事業部の立ち上げに必要な人材がひとまず揃ったので次のフェーズに進むことと、出版事業部のリストラが最終段階に入って、7月V字回復が1ヶ月前倒しで実現できる見通しが立ったということ、など諸々計画通前倒しで、まずはめでたいということでひと区切りをつけてWordPressのThemeを変えてみました。同時にこのブログに書く内容も変えていこうと考えています。

の下にさっそく延々と書き連ねていたのですが削除しました。これまではあまり時間がないことを理由に、かなり勢いに任せて書くことが多かったのですが、読み返してみて直球勝負といいながら単に剛速球なだけでコントロール滅茶苦茶な恥ずかしいエントリー多すぎです。

今日からは1エントリー1テーマを徹底します。

「まだまだ負けてないですよ。」

つい先日、そういう言葉を河野さんにいただきました。励まし半分、叱責半分と思って受け止めて、あえて返事をしていませんでした。

何が「負けてない」かって?

メディア事業の取り組みについて考えている内容が。です。

ここ数日、様々なウェブサービスの撤退や、梅田さんの「残念」発言が話題になっていて、それらを追いかけながらも、ずっとこの「負けてない」という言葉について考えていました。

多くの撤退ニュースに関するブログ記事を読んでいて、ネガティブな反応を割と目にするのですが、私が感じるのは、「失敗と認められるだけ立派だよ」ということ。

どういうことかというと、負けてないっていうことは、私にとっては「報道されるほどの失敗ができる挑戦をしていない」ということであって、なんだ要するに小さな制作会社をやってる”だけ”の話じゃないか。と。

たくさんの本に関わってきました。失敗したなぁ、なかったことにしたい、と思う仕事もありました。でも、そういう失敗にも真正面から向き合ってきたからこそ、次のチャンスを活かせたとも思っています。

そしてウェブメディアについては、やるやると言いつつも、本当の意味でその本作りほど真剣には挑戦していませんでした。

今朝までは。そう今朝までは。

本日、新生メディア事業部の初めての会議を行いました。新生とわざわざまた冠をつけたのは、実はシナモンスパイスの大西さんが、これから取り組むメディア事業部のビジョンに共鳴してくれて当社に合流し、一緒に事業を進めていくことになったためです。

企画の寺内、営業の名和、制作の大西。そして監督は私、コーチは河野さん。スターティングメンバーが揃いました。

まだまだ負けてない。そう、試合もしていないから。

ということで、今日からデジカルメディア事業部は勝ちに行きますよ。

労働による生産性の向上を図るには

会社の経営が上手くいっているかどうかは、1人当たり粗利益高を見れば一目瞭然で、その実質成長を支えるのは労働による生産性の向上に尽きます。

これを向上させるために、いまから何をどうするのか、という手順を明示し、それを達成すると、これだけ素晴らしいことがあるよとあらかじめ示し、あとは社員が飽きずにそれを実行し続けたいと思える仕掛けをつくり、最後に実行ボタンを押す。これで社長の仕事はお終いです。

つまり、優秀なゲームクリエイターたるように会社を設計して活動させていけば、会社は自ずと発展するのだと思います。もちろん結果的には、そのほとんどが社長の思い込みによるクソゲーですけど。

それでもクソゲーがクソゲーかどうかは、やってみないとわからないし、案外そのクソゲーが大好きという人もいたり、そのうちに改造したり世界観を勝手に拡大するようなユーザーも出てきたりして、最初からクソゲーだからダメとは一概には言えないわけですが、やっぱりやるならば面白くて、やってもやっても飽きないよ、というようなゲームを作らないとダメですよね。

そういう点では、仕事は大いなる暇つぶし、という言葉は至極名言で、よしひとつ面白くて感動的で、いやぁ昨日は結局徹夜しちゃったよ的なゲームをつくってやろうじゃないか、などということを、子供たちが飽きもせずにゲームをやってるのを見ながらつらつらと考えました。

が、現代的に大きな問題は、WiiやってDSやって人生ゲームやってと、その興味の対象がコロコロと変わってしまうということ、恐らく何個もミニゲームを作って、飽きがこないようにしておかないとダメっぽいです。

ということは、まず必要なのはそういうミニゲームを作って遊べる人材ですかね。もしくは、ゲーム作りのノウハウを学んで実践してくれる人。

面白いと思うだよねこういう仕事は。もちろん大抵はクソゲーしか作れなくて、ウケなかったときのショックはかなり大きいと思うけど。

社員として会社をゲームとして考えるならば、小さな敵との戦いを繰り返して着実にレベルを上げボスキャラを倒して堅実にクリアし続けるか、攻略本を研究しスマートにステージクリアして次々新しいゲームを試していくか、のどちらかで、あとはそのゲームを楽しんだ体験とかをネットで共有して情報を得たりとかは多少有効かもしれませんが、クソゲー批評をいくら共有しても、ゲームクリアにはほとんど意味がないかと思われます。

優秀なゲームクリエイターになるためには、ゲームを知り尽くさなければならないわけで、当然ゲームに参加したことがない人、1つもクリアしたことがない人には無理な話。面白い仕事をしたい、給料を上げたい、出世したい、独立したい、その全部を達成したい、と思うならまずは目前のゲームに一生懸命取り組んで、1つでもクリアした体験を積む他ないんじゃないかな。

If you go fast, you go alone. If you go farther, go together.

今回も5人で飲んで食べて1万円。信じられない安さ。
今回も5人で飲んで食べて1万円。しかもかなりおいしい。信じられない驚きの価格。次は20代社員の諸君つきあって。

この小さな会社の密かな強みと考えているのは、社長と同年配の社員が3分の1もいるということ。これは大変ありがたく、心強いことです。

日頃は各自それぞれの部門で仕事をしていて力を発揮してもらっているわけで、そのままでは同じ会社で働くということについて意識が希薄なままで、才能の相乗効果も半減です。同じ釜の飯を食うというのにそれではダメですね。

そこで、小さな会社だから目前の業務に必死になってしまいがちですが、なるべく意識して一緒に飯を喰うそういう無駄な時間をつくらなきゃと思ってます。

今日はその会社の中核をなす連中と、アラフォー組でどげんかせんといかん、ということでまたまた隣の焼き肉屋にいってきました。

大抵は自分一人あれこれ勝手にしゃべってて、彼らにはつきあってもらってるってのが実情ですけど、まぁそれはそれでいいかと。

創業時からずっとこんな調子で彼らと一緒にやってきてますが、創業前後は起業に関して読む本すべてに「最初は社員は不要」なんて書かれてて、そうなのかなぁ決してそうとは限らないと思うがなぁと思ってました。

最近になって、新たにメディア事業を興すと決めて動き出してからは、理念を語って同士を募るっていうことが、ああこういうことかと(今更ながら)、なんとなくわかった感じがしているのですが、先日紹介した別所さんの本に、これだよこれ、という言葉があったので引用しておきます。

“If you go fast, you go alone. If you go farther, go together.”
「早く動きたいのなら自分一人で行きなさい。ただより遠くへ行きたいのならみんなで行きなさい」

またまた新たな仲間が増えそうですが、ビジョンを共有できる人はどんどんウェルカムです。

新型プリウス ヘッドアップディスプレイ

はい。アクセス対策エントリーです。

最近でこそ、”紙”や”メディア”系で引っかかってくるようになりましたが、検索サイトからは圧倒的に”プリウス”で検索されています。

で、月曜日に正式発表で、その日に担当のナガイさんが「今朝の10時届いたばかりです!」と12時には持ってきてくれたみたいです。

p1010077

ま、納車が遙か先ですからね。気持ちだけでも一生懸命やっていただきたいところです。

新型プリウスの納期目処のご案内(5/19時点)

で、今週は忙しくてようやくじっくりと目を通しているところですが、ナビのオプションでヘッドアップディスプレイがありますね。このタイプを注文したかどうか定かでないです(いや、ほんとカタログも見ず、試乗もせず買うなんて)。自分の場合は、先進的なものを買うことに意味があるので、これちゃんと確認しておかないと。

新型プリウス ヘッドアップディスプレイ

で、そのアクセス対策ですけど、いちおうこのブログも社長ブログとしての役割も担っているわけでして、いろいろ実験しながらやっています。前のアメブロのときにもいろいろと試してみて、自分の場合はアクセス数だけを稼ぐだけでは何の意味もないことはよく分かりました。

それで今回は、将来の当社のミッションとなるメディアをテーマに語っているわけですが、やはり注目を浴びないと知らない人の目にとまることもないので、このあたりのさじ加減というか、何をどうしたらどうなるのか(どういう意味を持つのか)、ということを研究中です。

編集者のときは、この(原稿の)部分どう思いますか?と相談してくる著者に「はっきり言い切ったほうがいいですよ」「きちんと思いをきちんと伝えるべきだと思います」などとアドバイスしていましたが、いざ自分で書いて自分で編集っていうのは、そういう背中を押してくれるものがないので案配が非常に難しいですね。しかも書いてからの反応がダイレクトだし。

そういうところは、いわばオーナー社長な感じですねブロガーって。だから個人事業者や零細企業の社長さんは、単に宣伝したいという思いもあるとは思いますが、ブログと親和性が高いんじゃないかなーと。

ただ、これからはどんどん世の中が企業(個人事業者や社会起業家も)に対して絶えずオープンであることを求めていくでしょうから、ブログに限らず、ネットで相互につながれる仕組みを求められていくと考えていて、もっと多くの企業がブログをはじめとするネットメディアを必要としてくるんじゃないかと思っています。そのときに単にシステム入れてコンテンツ作って提供するだけでなく、コンテンツのマネージメントやデザインを提供するお手伝いをしたいと考えています。

あ、これ別のエントリーにすればよかった・・・。

という具合になかなか難しいです。

ツイッター?

社長がそんなことをする暇はないととめられてたけど、昨日、企画の打合せをしていて、社長だからこそ、これやっぱりやっとかないと。

http://twitter.com/nobosan

wpのプラグインを入れてみたので、そっちに配信されるかテストもかねて。

ずっと、トゥイッター、って頭の中でささやいていたんだけれど、ツイッター派が多数派ですか。

ついでにテクノラティの登録。
テクノラティプロフィール