企画会議に必要なことは鋭い意見だけではない

今日は、ハブメディア会議に出席しました。いつもは河野さんにお願いしてあって参加していなかったのですが、今日はハブメディアを一緒に取り組みたいというヘッドウォータス社の森さんがいらっしゃるということで出席しました。企画会議に出席する以上、社長といえども企画がなければと1つ企画案を携えての出席です。

平企画員として社内の企画会議に出席するのは何年ぶりでしょうか(社外はいくらもあるけど)。久々に企画をプレゼンしながら、ああもっと準備をしておけばよかったなぁと、そう思いながらプレゼンしていた昔の思い出がよみがえってきました。

ただ社員の態度は残念でした。社長の出来損ないの企画を評価できるんだから、自分ならここぞとばかりに叩くだろうに、出てくるのは微妙な感想ばかり。最後、河野さんに論理的な矛盾点や企画の限界点を指摘してもらって、かろうじて企画会議らしく再考案の方針がわかりました(出席したかいがありました)。

で、会議後、出席した社員に、君らは能力不足や準備不足というよりも、単に無礼だと叱りました。

会議の冒頭で河野さんが、企画内容をよくするための発言をお願いしますと(これってたぶん毎度仰っているんでしょうね。すみません)促しているにもかかわらず、返すものは沈黙か感想か。

何が無礼かって、一生懸命プレゼンしている人は、よほどの自信家か空気のよめないバカじゃない限り、この企画の評価はどうだろうかって不安なもの。それに対してボソボソと探りながらしゃべったり、こうなんですかねみたいな同意か質問なのかわからない単なる感想だったり、沈黙だったり・・・。君らが不安になってどうするの!

まともなことを言おう、こういうことを言っても意味がないんじゃないか、あの人が言ってくれるだろう。全部自分のことばかり。

企画内容がどうなのか以前に、そもそもコミュケーションをとる気があるのかないのかよく分からない態度って、非常に無礼なんです。本来なら、きちんと建設的な意見を述べて、提案者が、ああなるほど、その視点は気づかなかったと同意してくれたり、いやいや、そうではなくってこういうことなんですとさらに熱のこもった補足があったり、対してさらに、でもこういうことも考えるから、やっぱりああした方がいいんじゃないかと返したり、そういった意見交換が望ましいですが、若くて能力が足りないと思うのであれば、せめて熱意ある態度を発言で示そう(なんともレベルの低い話だが)。

企画会議で必要なことは、一言で相手を撃沈するような鋭い発言ではなく、相手のことを思いやって一生懸命一緒に考えるという態度です。とにかく中途半端な態度は、相手の企画を少しでも良くしてあげようという気持ちがこもっていないのが一目瞭然。

なんだろう、自分の場合は、相手が好敵手だと思えば思うほど敵に塩を送るじゃないけど、自分でも最高の意見を述べようと思います。そうすれば攻守ところが変わったら同じように遇されることもあるだろうと思うから。もちろん求めてはいないけど、情けは人のためならずって言うしね。

こういうと和気藹々の茶話会みたいにすればいいのかと勘違いされるのも困るけど、ケチをつけるか沈黙するかの両極端な対応しかとれないのはいずれにしても幼い。ちなみにケチをつけようと思えばいくらでもつけられるのが企画会議。果てしなくそれを実行していいのは社内で唯一資金を管理している社長だけであって、それに対して企画を実現するために予算を獲得すべく覚悟を見せるのが担当者。いっそ、そういうヒリヒリするような会議しないといけないのかな。

彼らはいつも外でこういう中途半端な態度で人と接しているのだろうか。そう思うと、社長として指導監督不行届、不徳の致すところです。

変えます。

新型プリウス 続報

というかもう土曜日に買いました。新車発表は一ヶ月後、パンフレットもないという状態なのに。そして納車は9月。

呆れるほどの売れ行きで、また一週間待ったら次いつになるか分からないといことで(そういうことにしてだろうけど)、いつもの担当だけでなく、その上司の副店長さんまで同行して前倒しで営業にやってこられました。

副店長さん曰く、先週テレビの取材に答えたんですが、ということで、この近辺、いま売上の8割はプリウスで体感では9割ぐらいな感じだそうです。今回から他の系列含めて全ての店舗で販売できるようになったために、割り当てが減って大変ということで、いまお世話になっている高井戸店には月100台しか割り当てがこないそうです。

プリウス以外売れないから、プリウスを買いたい人にものすごい営業攻勢なんでしょうね。その場で前の週に担当の方に出してもらった見積よりも、下取り価格を高く、車検も半額にしてもらいました。今回は税金(重量、取得)は特別減税でゼロだし、下取りもディーラーにしてもらったので手続諸費用もゼロだし、排気量は上がるしグレードもあがってるし(従来のGがSに)はっきりって相当安いと思います。

安くなったので気をよくして、ナビの他にサイドモニターもつけることにしました。新機軸のソーラーエアコンシステムは、そもそも実験的なシステムだし、太陽電池にガンガン日光が当たらないと作動しないそうだし、「そもそも納車のころって夏終わってるよね?」「・・・ですね。あはは・・。」20万もするので見送りました。

今のプリウスにも新機軸で車庫入れアシストシステムという自動運転装置がついてるんですが、結局一回も使ってません。こういう目くらましはいらないってことですよ。皆さん。

あと、気になるインサイトとの比較ですが、あれってずっとエンジンが回っているそうです。モーターだけの走行はないってことで、それじゃ面白みがないですね。

まぁあれこれ書いても結局、手元にくるのは秋。まだ夏も来てない。待ちくたびれそうです。ディーラーにしても今買い取り価格出して、結局その後、半年間乗り回すのだから、走行距離は伸びるしで見積もあったもんじゃないってことで大変ですね。

と、ぐだぐだプリウスネタを書いたのも、検索数がすごいからでした。みんな興味あるんだね。

e38394e382afe38381e383a3-3

しかし、家族が増えてもミニバンとかに買い換えないで、当然の如く自分本位で買い換えてるし、そのうちママ友連から「ええぇえ?、信じられな〜い」とか言われるのは必至だ。わはは。

新型プリウス

来週車検です。

今のプリウスは丸3年、走行距離34,000km、傷だらけ、シート汚されまくりです。週末ディーラーの担当者にきてもらって、たくさんついている傷を車検ついでに直してもらおうと見てもらいました。

そのときに、トヨタ営業社員向けという新型プリウスの説明書を見せてもらったのですが、いやいい感じですねぇ。性能アップ、グレードアップなのに価格が下がるという、いままでは考えられないとんでもない状況だそうで、それもこれもホンダがインサイトをぶつけてきたためだということです。

プリウスは中古車も在庫が店頭に1台もがないぐらい人気があり(出す端から売れるそうで)、いま下取りに出すとまだまだ高値で売れるということ。見積を出してもらいました。そこそこの価格がついたので(サービスもしてくれたので)、じゃあもう傷は治さないでそのまま買い取ってもらおうと、いま予約したらいつ納車なの?と尋ねてみると、先行予約(5/18発表)で今週予約で、納車は8月末だそうです。

いまのプリウスも予約して納車まで3ヶ月待たされたのですが、当時よりさらにものすごい勢いで注文が殺到している模様です。買い取り価格は現時点の価格で据え置きにするというので(当然ですが)、前向きに検討中ですが、パンフレットも見ず、試乗もせずに買うのは少々勇気がいりますね。しかも納車が4ヶ月先。

営業マン曰く、プリウスは売れていても、今まで利益出していたセダン(アリオンとか)が1台も売れないそうで(力説してました「1台も売れない」と)、カローラやヴィッツを買っていた層もみなハイブリッドに切り替えようと思っているらしく、それなのに生産数を増やさないので営業が大変だと言っていました。

クルマにロマンを感じる派ではないので、特段走りにこだわりはないし、エコなんて全く考えてもいないのですが、プリウスの半分電気自動車の先進性は捨てがたいと思ってて、今度もソーラー電池で炎天下の駐車中にエアコン動かしたり、ヘッドアップディスプレイついていたりで、ギミックとして面白そうです。

贅沢かもしれませんが、パソコンとクルマのように毎日使うものに妥協すると毎日後悔することになるので、良いと判断したらすぐに買い換えると思います。

逮捕の瞬間を激撮してみた

夕方、考え事をしようとしても邪魔が多いので、外に出かけました。

何かの情報誌で厚生年金会館前に落ち着いた音楽喫茶があると知って、実は、最近お気に入りです。オーディオマニアじゃないからよく分かりませんが、かなりいい機材でいい音が出ています。

二階にある店で靖国通りが見下ろせるのですが、席について珈琲を頼んで、さてと、とメモ帳を開いたら、眼下にパトカーに制止されてミニバンが止まりました。

何の違反だろうと思って何気なくみていたら、運転手の女性だけでなく助手席の男性にまで免許証を提示させようとしているじゃありませんか。?と思った瞬間に、車道側の後部座席に座っていた男性が現れたかと思うと、様子をうかがうように通りの反対側に歩き出し、脱兎のごとく駆け出しました。

??と思うまもなく、助手席側で尋問していたお巡りさんが追いかけます!

という状況からカメラを手にしました。

p10008111
逃走しました!至急応援を要請!
p10008122
あ、また逃げた!

あっという間に追いついて向こうの横断歩道で信号が変わるのを待っていたのですが、突然逃げ出してバスと接触しそうになって、再びお巡りさんが追いかけます。

p10008131
追いついた!
p10008151
確保!
p1000818
こら!往生際が悪いぞ!
p1000823
3分もしないうちに続々と応援がやってきました。早い。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります
p1000833
そして10分もしないうちに連行!背広を着た年配刑事があれこれ指示します。実にカッコいいです。
p1000835
撤収!のころに救急車がやってきました。どうやらバスの乗客が怪我したようです。
p1000838
交通鑑識みたいな感じの警察官もやってきました。

この間全部で20分ほど。

新宿なので、昼間でもよくパトカーが集合して、それらしい怪しい黒いクルマを囲んでいるような場面には出くわしますが、目の前で一部始終を見たのは初めてです(もちろん撮影したのも)。

夕方の靖国通りなんてすごい渋滞になるわけですが、余計な混乱を引き起こさないようにということなのか警察の迅速かつ無駄のない対応には感心しました。

それにパトロール警官から刑事から救急から交通鑑識からとスムーズな連携みてて、そのプロフェッショナルぶりにも脱帽です。サードウォッチっていう結構好きなアメリカドラマがあるのですが、まるでそんな感じでしたね。

危険を顧みず一人逃走した犯人(というか不法入国者じゃないかな)を追いかけた警察官を見てて、なんだか、自分の仕事がものすごく小さく感じて、せっかくのブログネタを上手く伝えられない文才の無さにも軽く失望中です。

警察の皆さんほんとご苦労様です。

あ、肝心の考え事する暇がなかったよ・・・。

【雑感】東芝REGZA

テレビのことです。

去年東芝のREGZAに変えました。これはもう普通のテレビじゃないですね。だからREGZAとしかいいようがないというか。

録画はもっぱら増設したハードディスクにどんどんためっぱなしです。全部で9台リンクできるようで、最近の外付けHDDにはご丁寧にもREGZA対応って書いてあるので増設も手間がかかりません。

function_img_hdout

去年まで不毛なブルーレイ競争やっていましたが、東芝は撤退して正解じゃないでしょうかね。これからの時代、わざわざディスクに保存して見るなんて面倒なことはしないでしょう。

で、現在このREGZAで契約して見ているのは、

  • WOWOW
  • NHK衛星
  • スカパーes
  • アクトビラ

です。

スターチャンネルは、休日の夜に無料キャンペーンの押し売り電話がかかってきて、その場ですぐ契約できます1ヶ月無料ですっていうので、乗せられてしまって契約したのですが、これってWOWOWと何が違うの?と思ったのですぐやめました(電話ですぐ契約したくせに、解約がすぐにできないという、軽く悪徳商法だと思ったね)。

いったいテレビにいくら支払っているのか?って感じですが、本でもそうだけど、買わないと真贋はわかりません。
それだけじゃなく、個人的にも、もうメディアを「無料」ってのはおしまいにしたいと思ってて(じゃないと自分たちも食べていけないんだから)、DVDも(中古の場合もありますが)音楽にしても(iTunesですが)買うようにしています。

多少金があるからそんなことできるんだ、と言われればそのとおりですが、商売としては、金のある人に対してやらないと儲からないので、これでいいと 思っています。一方でケータイのように解約し忘れて何百円払い続けて儲かるっていうビジネスもありだとは思いますが、本当にそこからいいコンテンツが生ま れるのかどうか、まだ自分自身では納得はいっていません(気付いてないだけかも)。

これからは見た番組のこととか周回遅れでも書いていこうと思います。

【雑感】ちょっとした電話取材だったのにわざわざ謝礼を贈ってくれました。

p1000792

先日、簡単な電話取材に答えただけで、記事にもならなかったのですが、わざわざ謝礼の菓子折を送っていただきました。

受け取るまでは、(週刊誌なんていい加減なことしか書かないしな)なんて思っていましたが、受け取ると気持ちが変わるのがよく分かります。

物品をもらったということよりも、あの程度のことでここまでも、という気配りのほうに心を動かされました。

自分は気配りが行き届いているか?自問自答です。

【雑感】読売新聞という政治力

p10007823

ナベツネが嫌いです。

だいたい嫌いな相手というのは、自分の持っているいやな部分を投射しているものですから、きっと自分にもああいった権力欲が何処かににあって、それを見せられるからいやなんだと思います。

そのナベツネさんの会社の新聞。もちろん購読したことはなく、図書館などでチラッとみたことがあるだけですが、いままでいったい誰が読むんだと、何を持ってあの新聞社の新聞を読むんだと思っていました。発行部数が世界一なんて、本当なのかといつも疑問でした。

このところじっくりと考え事をする暇がないので、朝、通勤途中にある甲州街道沿いのジョナサンに立ち寄っています。ここは駅からも遠いので、早い時間だとガラガラで非常に居心地がよろしいのですが、モーニングセットを注文したら「サービスです。よかったらどうぞ。」ということで読売新聞をもらいました。

先着20名に配っているらしいのですが、ただで配るぐらい売れないのかと、購読申し込んだらドリンクバー無料なんですが、たった300円程度じゃないかと、プレミアにもなってないと、見ていて少々哀しくなってくるサービスだなという感想です。

以前読んでから数年経っていると思うのですが、パッと見、え?小学生新聞?と思うほどの活字のサイズ。やっぱり年寄り新聞になっているんだなぁと思いながら紙面を読み進めて気づいたことですが、掲載広告が普段読んでいる日経や産経と大きく異なるのです。

一言で言うと、おばさん(どちらかというとおばあさんに近い)を対象。いや、そうとしか考えられない健康グッズや通販グッズの広告なのです。なんだ、偉そうにふんぞり返ってるけど、所詮この程度の広告しか集められないしょぼい新聞なんじゃないかと思いました。

思ったのですが、そのあとによく考えてみると、そういう広告で間に合う対象読者しか考えてないのかもしれないけれど、結局、その対象読者となる年齢層が、誰に投票するのか?と考えると、なるほどナベツネがふんぞり返るのは当然かもしれないと気づきました。

つまり、ここで読売新聞の古くささを揶揄することは簡単だけれども、じゃあ逆に我々の世代は、そこに訴求力のある新聞、メディアを作っているのだろうか?それに投票行動も促しているのだろうか?と。

素直に自分の世代が読みたくなるようなメディアを作ろうと決意しました。