「見当たらないもの」を作る

広く電子書籍関連の話です。

新しいものなので、「いままでにないもの」を作ろうとしていたわけですが、いざ作ろうと話を進めると、いったい何を作ろうとしているのかが関係者に上手く伝わりません。もしくは蓋を開けると思惑が違っていることが判明したり。

冷静に考えれば当たり前の話です。分かっているものなら「いままでにあるもの」ですから。しかし「新しいこと」を今までに無いものとして視点を集中させると、ついつい打ち合わせでいろいろ話をしただけで何かを完成させたつもりになってしまい、みんなで「いままでにないもの」を作ろうとしがちです。

そこで考え方を変えることにしました。これからは「見当たらないもの」を作る方針にします。

ということは、「こういう見当で」と枠組みなり範囲なりを絞り込む必要がありますし、作り方としても「こういう感じで」とサンプルのようなものを提供しつつ、ということになるのだろうと思います。

そして「こういうのは無いよね」と。

すでに「本」だと思って企画を考える面と、デジタルコンテンツビジネスとして構造を考える面と、電子書籍に関しては多面的な視点が不可欠と考えていたのですが、さらに作り方の面からも、企画のもつ本質的な価値を見失わないように進めて行きたいと思います。

電子書籍関連事業の取組について

最近は関連エントリーを書いていないので、もしや電子出版には飽きてしまってトーンダウンしているのではないか?と思われないように。

確かに明治の屯田兵とばかり孤軍奮闘していた3年前から比べればエントリーの数も大幅に減っていますが、様々な枠組みで電子出版をサービスとして提供しようと水面下で企画準備していて、その仕込に時間をかけています。

電子出版ということでもちろん「出版」をするつもりですが、その前に考えていることとして、出版物制作サービスのレベルアップと出版そのもののサービス化を目指しています。特にサービス化については、事業経営者として取り組むべき価値の高い仕事だと考えています。

今年で働き始めて20年になりますが、この間にパソコン書とビジネス書の2大ブームを作り手側として接する機会を得て、本が売れることがいかに楽しく素晴らしいかということは経済的にも体感していますが、売れて終わってまた次はゼロスタートというビジネス構造に、正直なところ経営を勉強すればするほど、仕組みとして面白みを感じられないのも事実です。

そこで今はすべてをゼロベースでサービスを考えて、お客さんは誰か、どうすれば喜んで頂けるのか目前の事案に1つずつ集中して年単位で事業をつくる覚悟で進めています。

もう一つ時間がかかっている理由があります。それは「社員の仕事を作ること」を考えてながら取り組んでいるためです。社員が無理なく成果を楽しみながら仕事をした結果として、この電子書籍関連の仕事が進むよう調整しながら事業開発しています。

すでにお客様は神様の時代は終わって、いまはお客さんと仕事を楽しむ時代になっていると考えています。学者ではないのでいちいち立証する必要もなくしませんが、たぶんそうです。

そこで当社の社員は、技術力や対話力を磨いてお客さんに仕事を依頼して楽しかったなと思わせるレベルまで持って行こうと考えています。こうなってくるとデザイン力ある編プロというポジションが俄然将来性あるモデルに思えているところです。

育成にあたっては、技術は枯れたもので十分で、これからも特段新しい技術を必要としないと考えていますが、サービスの方は大問題で、この数年いろいろな現場を回ってみて、出版業界はビジネスの現場としてはかなり低レベルな状況にあるんだということを思い知らされていて(だから自分程度でも独立できるわけで)、まずは自らがサービス提供者として、次にサービス設計者として、しっかりとビジネスに取り組める素地を作るところからスタートだと考えています。

そこから人材育成に取り掛かるわけですから時間がかかりますが、当初は時間がかかっていることについて「電子出版は儲からない」という言葉に反応していたのですが、最近は、だいたい事業経営がどういうものかわかってない上に、新規事業を立ち上げたこともないのによく論評できるなと思うようになりました。

よく考えてみれば、ゼロから事業を立ち上げ、それを持続的に発展させるところまで達成できている人はとても稀少なんですよね。

電子書籍関連のニュースがネットで流れなくなってきて、騒いでいた人たちが静かになってきたところで、これからが本番だと考えています。

迅速なKindleのカスタマーサポート

随分前から一番新しい端末のVoyageが、10ページほど読むとフリーズしてしまう状態で明らかに不良。

メールで問い合わせした上で「今すぐ電話する」をクリックしました。

電話したのは朝の5時半でしたがほんとうに直ぐに電話がかかってきて、応対もスムーズでした。

最初から交換をお願いしますと伝えていたのですが、購入1年以内ということであっさり了解で、連絡するまではカスタマーサポートへの連絡は面倒だなぁと思っていたのですが、想定外に爽やかに完了。

こういうことが日本の電子書店プラットフォームでできるのだろうか。

image

SocialOjisanStyle 第2弾 2冊同時リリース

SocialOjisanStyleシリーズ第2弾、2冊同時リリースしました。毎月出します。頑張りますと宣言してますが結構大変です。

リリース直後にエラーを発見して出し直したりしているうちに告知が遅くなってしまいました。紙の本だったら、シール貼りに刷り直しに回収と、文字にするだけで冷や汗でますが、電子書籍の場合はデータ差し替えです。

もちろん紙より簡単に対応できるとはいえ、購読者と著者の皆様に御迷惑をおかけしたのは間違いありません。この場を借りてお詫び申し上げます。いまは新刊を次々手がけていますが、現場も慣れてきて少し慢心が出てしまったと反省しております。

現在配信されているデータは問題ありません。間違っていたデータも正しいものに置き換わっています(どういう仕組みで更新されているのかまだ仕組みをつかみかねていますが)。安心してご購読頂けます。

今回はソーシャルおじさんの徳本さんが紹介する若者たちの本です。

最近はニッポンのここがスゴイとか、海外のこんなところで活躍してとか当たり前になっていますが、よくよく見てみないとわざわざ話題にしていたり、はたまた参考にならないほどもの凄すぎる人か、もしくは単に国内で通用しないための出稼ぎだったりだとか、どちらにしても普通でない場合があると思います。

かく言う自分自身も大陸雄飛を夢見て大連に行ってみたりもしましたが、それで大失敗したので心情は多少なりともわかるつもりです。

いわゆるグローバル化の流れはオリンピックに向け、さらにその先も留まることは無いだろうと思います。日本人だけが何か特別な存在というようなアイデンティティを保つことは不可能だと思います。またそのこと自体に意味が無くなりつつあると思います。

このような状況を、ある本では戦国時代直前の室町末期の様相だと書いてありましたが、こうなってくると戦後70年というのはもはや誤差の範囲でしかなく、これからの時代が長い世代は、いままでに無いものを作っていく気概で、さらに長いスパンで歴史を振り返って、先を見据えた取り組みをしていくべきなのだろうと思います。

随分話がそれてしまいましたが、今回私が薦めたいと思うのは、肩肘張らずに(もちろん実際に頑張っておられるのは当然として)自然体で海外に通じたビジネスに携わっておられるという点です。

少なからずそういう著者の思いを徳本さんを通じて触発され今回の新刊も企画を進めました。いま普通の本屋では並べられないであろう企画だからこその思いで発刊しています。やはり電子出版は大きな可能性があります。

引き続きSocialOjisanStyleシリーズは発刊を続けます。


既刊、第1弾の2冊はこちらです。

「Social Ojisan Style」シリーズ創刊

ソーシャルおじさんの徳本さんと一緒に、新しい電子書籍シリーズを立ち上げました。

さっそく第1弾の2冊を先週末にリリースしました。

すでに10本近い企画が立ち上がっていますが、これから毎月新刊をリリースしていきます。


本シリーズのコンセプトについては、徳本さんに熱く語って頂きました。その内容をまとめたものを金風舎のサイトにアップしてありますのでご参照ください。logo_sos(300)

【第1回】「ソーシャルおじさん」の誕生!
【第2回】「ソーシャルおじさんズ」へ発展!
【第3回】「SocialOjisanStyle」を立ち上げよう!
【第4回】電子書籍だからできること


このシリーズはImpressQuickBooksで展開したSocialOjisanBooksシリーズのアップグレードです。着想してから実現まで1年近くの時間を要しました。

ソーシャルOjisanブックス

何度も打ち合わせを繰り返してコンセプトを固めましたが、最初の頃に徳本さんが「おじさんの生産性を上げたい」と語っていた言葉に動かされました。日本を真に元気にするためには、女性の活用も大事ですが、おじさんたちの生産性を上げることがさらに大事だと私も思います。

いわゆるビジネス書ブームも落ち着いてきました。集客目的で出版し、購読者を自分のビジネスの踏み台にするようなヨコシマな出版はもはや通用しません。

自分の知見や経験を伝えることを目的とした書籍が求められる流れになってきたと思います。そして電子出版はその流れを後押しをする出版形式になっていくと強く感じています。

いつの時代でも、本当に考えている人か、本当に実践している人しか生き残れないと思いますが、ここ数年の世の中の動きを見ていると、いよいよ誤魔化しが効かない厳しい状況に突入しつつあると思います。

Social Ojisan Styleでは、本当に実践して知見を持っている人のコンテンツを、次々と送り出していこうと考えています。

コンセプト・アトラクティブス

数年前に堺屋太一氏の著書でこの言葉を知ってからずっと頭の片隅にあります。

ラスベガスを作ってしまうアメリカ人と、高速道路を作ればいいと考える日本人 2009年4月27日

5年も前に書いたことなので、読みかえすとかなり恥ずかしいですが、ほぼいまでも同じ考えです。

電子書籍はデジタルコンテンツビジネスのコアの1つと考え、原野を開拓すべく様々取り組んでいますが、やればやるほど、これは果てしない宇宙のような真空空間ではないかと感じています。

実際のところ一生懸命本を作って出してみても、電子書店の数は数えるほどしかないにも関わらず、まるで砂漠に水をまくような手応えの無さであり、いち購読者としても本を探すとなればジャングルで縫い針を探せと言われ途方に暮れるような感覚です。

その広大な空間でコンテンツを送り出すにあたって、ある程度のまとまりを作りそれを一気に作り上げ展開するという方法を考えてやってみたのですが、いくらか上手くいって認知されるものが幾つか出てくるようになってきたところで、これを継続的なビジネスにするためには、さらに根本的なところから設計をしなければならないと実感しています。

というところでのコンセプト・アトラクティブスです。要するに人が集まる「場」を作るための要素を数え上げ、それを開発目標として設定すればいいということだと理解しましたが、この考え方自体は観光誘致が目的ですから、電子書籍を展開するには少しアレンジが必要なようです。

そこで、電子書籍の役割を、人に知られていない知見、見識、経験を広く人に伝えるコンテナと定義して、そのコンテナが集まるようなコンビナートを設計開発することにしました。いよいよ今月からそのコンビナートの建設とコンテナの規格を決める企画に着手しています。地味な仕事ですが地殻変動的にジワッと将来の革新に繋がるような仕事にしたいなと考えています。

そうやって考えると、いま流行っているニュースアプリなどはやっぱり私からみると高速道路開発的な発想ですね。そこが日本らしいというか、確かにすぐに大金が動くので魅力もわからないではないですが。

これからは中身の話をしていこう

コンテンツについて考えていることは沢山あります。秘密で話せないことはありません。だとしたらなぜブログに書かないのか?

考えていても「わからないから」です。

現状のコンテンツビジネスが、いまのままではいけないことはわかってますが、この先どうなっていくのか本当にサッパリわかりません。もはや1年先すら読めないので、いくら考えてもわからないことは考えないことにしました。

電子書籍については創業当時から考えていましたから、もう10年以上考えているんですね。で、どうだったかというと、実際に何かが成ったのはここ数年のことで、何がきっかけだったのかいえば、それは電子書籍元年のお祭りでも、Kindle到来でもなく、電子書籍を本気でやると自分で決めて動き始めたこと、ただそれだけでした。

それまでは考えた振りをしていたのかもしれませんね。何かを見ただけでわかったつもりになっていたかもしれません。要するにやってるつもり、ポーズを取っているだけだったわけですね。

もしかすると、そうやって必要以上に先のことを考えていることで、いま何をやるべきか、それをどうやって実現するのか、という実行に結びつく大事なこと考え決定することを、先延ばしする言い訳にしていたのかもしれません。

関係者もあることなので、やっていること全てを書く訳にはいきませんが、意識的に目先半年ぐらいのことで手がけていることに関する話題を増やしていこうと思います。

「金風舎」の既刊本がAmazon日替わりセールに選ばれた

1月3日のAmazonの日替わりセールで金風舎の既刊「本好きのためのAmazonKindle読書術」が選ばれ目出度く1位となりました。

『AmazonKindle読書術』がKindleランキング1位になりました |
『AmazonKindle読書術』がKindleランキング1位になりました …
昨年6月の発売以来、ジャンルランキングではずっと3位以内で売れ続けていたのですが、セールに選ばれて加速し、本日6日現在もまだ6位です。この調子でランキング上位で踏ん張ってもらいたいところです。

ランキング1位とかセール選出などは、ImpressQuickBooks立ち上げの時にも何度も経験しているのであまり新鮮味はないのですが、今回はKDPでどうやればいいのかが分かったことが最大の収穫ですね。

今年は金風舎の企画案件をしっかりと作って売っていく計画です。

『金融のしくみイッキ読み』シリーズ創刊

ファイナンシャルプランナーの原先生とImpressQuickBooksで金融系の企画を作ったのですが、思いの外堅調な売れ行きなので、さらにボーンデジタル電子書籍らしい金融知識入門シリーズを作ろうと準備を進めていました。

コンセプトは15分でわかる金融知識。キーワードは耳にしたことあるけれど実際にはよくわからないという方に、最初の1冊として手にして貰えるように考えました。


【金融のしくみイッキ読みシリーズ】
「所帯を持つようになったが、保険や年金をどうしたらよいかわからない……」
「老後を考えて資産を増やしたいけれど、なにをしたら良いのかわからない……」

自分の資産を自己管理することが、ますます求められているこのご時世。
それにも関わらず、金融のあれこれって学校でもテレビでも詳しく教えてくれないし、
かといって今さら人に聞けなかったりするものですよね。

そんなあなたのために、あらゆる金融商品の「?」に答えるシリーズ、できました。
誰でも15分で「わからない」から「わかる」へ変わる、金融基礎知識の決定版です。


当初から図版はきちんと入れていこうと考えていたのですが、それでもやっぱり文字ばかりになりがちです。

そこにデザイナーの橋本さんが、相の手のような見出しをいれたらどうでしょうとの提案で、全編にわたってテンポよく一言いれてくれました。

IMG_0134

こういうアイデアをページ数や刷り色などを気にせずに、どんどん取り入れて作っていけるのが電子書籍ならではですね。
個人的にも、大著をゴリゴリ読み進めていくよりは情報をインストールするように読めることの方に快感を感じるので、今後も「読み進められる」工夫は考えていきたいと思います。

まずは初期5アイテムリリースしました。来年も定期的に刊行していきます。

この記事をご覧になった金融関係の仕事をされていらっしゃる方で企画をお持ちの方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
企画検討して金風舎で出版いたします。

【Best of 2014】 kindle本年間ランキング ビジネス・経済部門 第3位

Impress Quick Booksで展開していた「GTD超入門」シリーズから岡野純さんの『マンガでわかる!幼稚園児でもできた!!タスク管理超入門 』が Best of 2014 kindle本年間ランキング ビジネス・経済部門 第3位にランクインしました。

タスク管理超入門

 

 岡野さんの電子書籍はリリース後ずっと売れ続けるロングセラーばかりなのですが、本書は中でも80件を越える好評価のレビューが付いていてダントツの売れ行きでした。

インプレスさんが熱心にプロモーションをしてくれたことが功を奏した形ですが、企画側としては当初のコンセプト通りマイクロコンテンツとして450円の価格で売れてくれたことに密かに満足しています。

そして、その岡野さんが満を持して昨日、本書の続編とも言うべき新刊を金風舎からリリースしました。今回は「ライフハック+」を主催する佐々木正悟さんとの共著で、ライフハック+レーベルとして第1弾となる本です。

マンガでわかる!タスクシュート時間術〈超入門〉

出版年月日:2014-12-04
価格:450円
情報取得日時:2014-12-05 18:02