気働き

また連休でしたね。お上に決められたお休みを唯々諾々と受け入れるだけの連休。もはや何の祝日で休みなのかその意味すら失われていて、こんなバカバカしい制度は即刻廃止して、自由に長期休暇を取れるような社会に変えるべきだと思っていますが、それはそれとして。

この連休はお茶会に行ってきました。お茶会といっても青年部主催のもので、会費も1,000円という破格、スーツ着て気軽な感じでいってきました。この青年部、50歳までが「青年」ということで、どんだけ先が長いのかという話です。まぁ要するにこれに入会しなさいという先生のお達しです。いちおう先生の推薦が必要ということで、推薦されるだけ認められてはいるんだなとは思いましたが、いよいよ休日もあってなきがごとき状況になるわけですよ。

まぁそれもおいといて、気軽な感じで席入しましたが、先生の引率で席入りなのでこれは大変に勉強になります。道具の見立てとか、立ち居振る舞いとか、自分の弟子が水屋仕事をしているということもあって、帰り際に細々と実践的な指導をされているのをみて、確かに青年部に加われば相当に上達するだろうなとは思いました。

で、今回は、その青年部入会の勧誘が目的になっているので、他の社中の先生から、若い人たち向けにということで特にお話があったのが掲題の「気働き」ということ。

わかりやすくいうと気遣いですね。茶道にはいろいろな決まり事があるわけですが、だからといって例えば一緒に知らない方と席入りしたとして、その方が懐紙を忘れていたら(あ、あの人間違ってるわ)なんて思わずに、「どうぞ、お使いください」とさっとさりげなく渡してあげられるかどうか、つまり点前の技術を磨くだけでは何の意味もないわよと仰っていたのですが、これはそのまま仕事の話でも同じだなと考えながら聞いていました。

お点前は複雑なだけに、ともすると手順や道具の配置をなぞることに一生懸命になって、お客様に美味しいお茶を爽やかな場を作ってお出しするという本来の目的を忘れがちです。なので自分のことだけに一生懸命にならないようにという教えだと思うのですが、それはこういった青年部のようなお茶会の実践の場がないと精進できませんよという先生のお話でした。

いままさに「営業」に出て行くように、席を温めないようにと口酸っぱく言っていますが、思いはこの先生と同じです。当社も作る会社ではありますが、自分の作る作業に没頭するあまり、何のために何を作っているのか、本来の目的を忘れないようにしなければなりません。

複雑に頭と手を動かす必要のある仕事だからこそ、社員の皆さんには実際にお客様にお会いしてこの気働きを実践して欲しいと思います。技術がないと話になりませんが、技術があるからって仕事ができるとは限らないってことです。

もちろん社員同士の職場での気働きは当然のこと。あえて言うまでもありません。

ノートを作りなさい

久しぶりにお茶のお話。

稽古に励んでいるおかげで、早くも唐物という点前を教えて頂けることになりました。読んで字のごとく、中国の茶入れを使ったお点前で道具の格が高いわけですが、日本と中国ではろくろの回転方向が逆なんですね。それで扱いも異なります。

かなり難易度が上がってきたわけですが、何がブログに書くほどのことかというとこのお点前教本がないんです。

いままでの点前は、淡交会などの出版社から手引書が出ているのですが、この点前にはないそうで、教えて頂いたことをその場で頭にたたき込み、あとで手順と位置をまとめておかないといけません。

ようやく何か伝授されているという感じになってきました。それと基本的なミスをしたら「もう初心者じゃない」と叱られたのも非常に嬉しいですね。

首が飛ぶ

貴人点という、貴人さんにお茶を差し上げるお点前があります。貴人とは、官位のある高貴なお方、すなわち貴族の方々のことです。天目茶碗を貴人台に乗せて点前をするのですが、安定が悪いというか、平行に置くには気をつけないとならない茶碗。ふとしたはずみで茶筅がコロコロと落ちてしまいました。

(ありえない痛恨のミス!)

と思ったら、すかさず「貴人さんの前で落としたりしたら首が飛ぶわよ」と先生。

確かに。実際、利休の高弟、山上宗二なんて、秀吉にちょっと気にくわないからと耳鼻そがれて簡単に打ち首になってるし。貴人さんが信長だったりした日にはもうねえ。やばいよね。

今では日常生活で、そういった生死をかけた緊張感って、よほどのことがない限りありえないわけだけど、もしかすると強烈なプレッシャーを跳ね返す、いや受け流すか、まだ自分にはよくわからないけれど、そういった強靱な精神力が現代の日本では損なわれてしまったものなんじゃないかなぁ、なんてふと思いました。

ほんの一瞬、精神修養の厳しさの向こうにある面白さというかそういうものがチラッと見えた気がします(いや、まだ全然修行中なんだけど)。ダイエットや健康を極めだしたら楽しくてやめられないみたいな感じか。よくわからないけど、この先、かなり役立ちそうな気がしてます。

直心是道場

許状をいただきました

p1000872

昨年申請していた許状をいただきました。

これは免許のような資格認定証ではなくって、ここまでの点前を先生から学ぶことを許しますよというものです。

修道のご案内 −修道課程(許状種目)と取得できる資格−

これでいくと、中級の和巾点までの許状をいただきました。まぁ、それなりの額を投資してあります。この先、どれぐらいかかるかわかりませんが、茶名を頂くまでは続けるつもりです。

もちろん許状がなくても稽古はつけていただけるので、ちょっと嗜む程度であればカルチャーセンターなどでも十分だと思いますが、一度社中にはいったらその先生が亡くなるまでは師匠を変えないというのがお約束なので、本格的にやってみたいと思うなら最初にしっかりと良い先生を探しておかないと後悔すると思います。まぁそんな本気モードの人はそういないでしょうけど。

先生も本気でやっている人には大変厳しいです。もう何十年もやっておられて茶名はもちろん准教だったりするような方でも、途中から入ってこられれば私の後輩。そういう方には、新しい社中では後輩だということで気を配り、しかしお手前では大先輩なのだから、周囲に気兼ねして簡単な稽古ばかりでは意味がない、その当たりよく考えるように、とか。先日も先生と大先輩でこういうやりとりがありました。

「どうしてそうするの?違いますよ。」
「はい、さきほど、誰それさんが、このようにしているのを見ておりまして、それでどうも間違ってしまったようです。」
「ちょっと。でも、あなたのお手前は間違っているのでしょ?」
「はい・・・。」
「先生が間違っているといっているのだから、『はい』だけでいいのです。前の方がどうなど、関係ありません。」
「はい・・・。」
「そもそも前の方が間違っている点前をしているのを見ていて、それを何も考えず真似ているのが悪いのです。」
「はい・・・。」

あとは、会話。話題の振り方。どうして人が叱られているときに、あえてそういう話をするのか、とか。とにかく、気配りについては、とても厳しいです。厳しいですが、叱られないということは、まだまだ弟子としてまったく相手にもされていないということで、「あなたも早く叱られるようになりなさい」という入門3年目です。

昨日は、予定していた仕事がなくなってしまったので、ちょっと日本橋まで出かけてお宝をみてきました。

三井記念美術館 三井家伝来 茶の湯の名品

まだまだ所作に必至で、先生の貴重なお道具を味わう余裕もなければ知識も足りませんが、ものを見ないことには始まらないので、今年は時間を見つけてお宝見物に出かけようと思っています。

あれですね。教書に出てくるような、名だたる武将や将軍が所有していた道具が伝来して、いま眼前にあるというのは迫力がありますね(って、本当のところ、まだ言われなかったら普通の茶碗にしか見えないんだけど)。