読まれる本を作る出版社

金風舎という出版社を立ち上げて丸5年になります。

今年は新たな取り組みを考えているのでまとめておきます。

電子書籍出版社としてスタート

始めたころは電子書籍だけで、そのことを「ボーンデジタル」出版社などと言っていましたが、そのうち初版1,000部からの単行本の直販書籍の出版を始め、3年ほど前からはAmazonPOD(プリントオンデマンド)を電子出版と同時に出版できるようになりました。

単行本も出版していてAmazonで販売はしていますが、いわゆる書店流通の取引はありません。ただ書店からの直接の注文には対応していますし、特定の書店に一定期間販売をお願いすることもあります。

いずれ書店流通に対応できるようにしたいと考えていますが、品切れなく全国どこでもすぐ入手できることを考えると、当面はAmazonで電子書籍とPODを併売する方が現実的だと考えています。

どうして「読まれる本」なのか

「読まれる本」という表現は、出版の大先輩があるパーティーで語っていた言葉を頂きました。それまでは社内で「売れる本」という表現を使っていたのですが、読まれるということは売れるということだし、そもそも世に出ない原稿の方が断然多いので、まずは読まれるようにすることがこの金風舎の役割だと考えています。

基本的に私が面白いと感じて売りたいと考えた企画を出版してきましたが、「読まれる本」を作るという意味で、依頼を受け単行本や電子書籍を制作販売することもあります。

これから取り組むこと

今後ですが、今年は2つのことを考えています。1つは出版に至る過程を情報発信と捉えた出版サービスの展開、もう一つはテーマウェブサイトをメディアとして運営してそこから電子書籍を出版する仕組みの開発です。

最後に、金風舎の「金風」とは、秋風のことです。秋の高い空に爽やかに吹く風のように…、などと後付けで命名理由を考えていましたが、当時熱心に通っていた茶道教室で茶道具の銘として季語を覚えていて、金風舎の設立日近くのお稽古日に覚えたものをそのまま付けました。

コンテンツとしては「和風」を強く意識して、日本発の情報発信出版社として、多言語で展開できるようにしたいとも考えています。

なぜ「編集とデザインで情報発信を支援する」という分かりにくい説明になってしまったのか

EMD Editorial Media Designという概念でサービスを提供しています。具体的には、本を出版するようにウェブサイトやメルマガに連載をして、まとまったら出版するという仕組みを作っています。

このEMD、作り手発想で分かりづらくて伝わらないだろうなと思いつつも、まずは共感してくれる方と一緒に仕事をしたいとの思いで掲げていましたが、本腰入れて事業化するため考えを整理しておきます。

もっと簡単に実現できると考えていた

このEMDの構想自体は10年ぐらい前から持っていて、コンピューターとネットワークがあれば簡単にできると思っていましたので、スマホが登場してSNSが普及し始めたときは好機と思ったのですが誤算がありました。

確かに書籍の制作作業はすでにデジタル化されていて、コンピュータ1つあれば良いのですが、実際に本を作って読者に届ける仕事には、当たり前ですが人が介在する必要があって、その部分を見極めるのに時間がかかりました。

また出版するためには原稿を書いてまとめたり、それを読みやすい体裁に整えたり、電子書籍や単行本に仕上げたりと、いくつかの作業を組み合わせて実現させる必要がありますが、その一つずつの作業が定形で再生産できないことに加え、この数年で流通が激変していて標準的な仕組みを見出すことに難航しました。これらはいまも大きな課題です。

そして最大の誤算は、スマホとSNSの普及で既存の本がさらに短時間で製造され拡販されるようになったことです。またSNSにのめり込むうちに、私自身がそもそも本にする必要が無いんじゃないかと、出版に疑念を抱いてしまって考えがブレてしまいました。

身に染み付いている物作り発想

「既存の書籍が短時間に沢山作られること」については、書籍のデザイン制作事業者の側面では大変有難いことなのですが、それによって人材不足など新たな経営課題を抱えるこにもなって、結果的にEMDの立ち上げが遅れる要因ともなってしまいました。

また、「ソーシャルメディア」が席巻し始めたころには、出版相談に関して「ブログで良いんじゃ無いでしょうか」などと無責任な回答をしていて、いまとなっては反省しきりですが、完全に出版の本質的な目的の見極めを怠っていました。

これらの誤算の要因は、間違いなく私が旧来の出版ビジネス、つまり本作りという物作りとして出版ビジネスを捉えられていたためで、電子出版を手がけ始めてからも紙の書籍は残ると考え実際にそうなっていると思いますが、何故に紙の単行本が残るのか、一方で本作りや出版のサービス化とはどういったものなのか、多面的な実践が不足していたと考えています。

編集とデザインで情報発信を支援する。ビジネスとして実現していきます。

今期のデザイナー募集は終了しました

ISSHIKI通信16号を発行しました。

「ISSHIKI通信16」発行しました | 株式会社デジカル

ISSHIKIは、デジカルの書籍デザイン制作チームの名称です。書籍の装丁デザインとレイアウト・デザイン及び組版制作を一式提供するところから命名しました。イラストレーションや編集も一式に含めて請け負っています。

昨年秋口から実施していたこのISSHIKIのデザイナー採用活動ですが、30代の経験者に加え、長らく募集を続けていた40代の業務管理と品質管理を担当できる人材に目処が立ちましたので終了することにいたします。

このISSHIKIを初めて3年ほどになりますが、ようやく当初構想していたチームに仕上がってきました。

次回の採用は、来期期首、秋口に告知いたします。

社員研修で印刷工場を見学しました

ISSHIKIでは、制作環境を整え、社員同士でデザイン制作技術の研鑽を積み「お客様の『企画』を最高品質の書籍・冊子に」をモットーに、デザイン制作技術を最適な制作工程・費用で提供できるようにと取り組んでいます。

今回、創業当時より印刷製本でお世話になっている昭和情報プロセス社様のご厚意で、実際の印刷現場にて、当社デザイナーが直接ご担当者の皆様からデータ制作上の注意や技法を教授頂く機会を頂きました。

今回は主にカバーの印刷加工を見学させて頂くために本社工場にお邪魔いたしましたが、色設定や加工で実際の印刷過程を想像するほかなかった社員は大満足で帰ってきました。お忙しい中、二班に分かれての説明に丁寧にご対応いただきありがとうございました。

昭和情報プロセス株式会社|東京都港区の印刷会社

ステップアップします

ただいま成長中 | katsukinoboru.jp

半年経ちましたが、おかげさまで次男の受験は無事終わりました。何度も書きますが、小学校入学時には4年生から先は勉強についていけないだろうと言われていたので、進学出来るだけで上出来です。

それで「俺も頑張るからお前も頑張れ」で頑張った息子に対し、俺の方はどうかというと残念ながらいま一歩の状況です。ただ目前に次のステップが見えており、ここは受験生を見守るような辛抱が必要と考えています。何事も結果が出るまで時間が必要ですね。

ところで、この正月にいろいろ振り返っているときに気づいたのですが、このブログは次女が生まれた数日後に始めていました。2009年の4月のことです。

あれから10年。

まさこの区切りがそうなるとは思いもよらなかったですが、子育ても一段落となり、いよいよ働き方改革法案で残業ゼロにしなければならず、平成も終わります。

数年先を見越した先々の展望はすでに持っていますが、後顧の憂いが無くなったので、あとは計画を実行に移すのみです。4月末までに私自身が抱えていて残っている仕事の混乱を完全解消し、事業を次のステップに引き上げます。

ビハンドを背負う

スポーツ解説者ならば許されると思いますが、経営者がこんな物言いをしていたらその会社はかなりヤバイですね。しかし、そうぼやかしてごまかしたくなる気持ちはまだ私にも若干残っています。

今上半期も前期同様にその「ビハンドを背負って」の折返しとなりました。要するに負け越し、赤字で折り返し、ということで経営者として現時点では「負け」ですね。

銀行対策を考えると、何が何でも白星にしたいところで、実際できなくもなかったのですが(その程度の負けですが)、前期に引き続き今期も10年先を見据えた盤石な事業基盤を築くため、あえて今「も」厳格に判定して、先に負けを受け入れると決めています。

受け入れますが、最終的には勝ちにいきますし、その結果を出せる算段を本日の会議でつけました。15年も経営者をやってると、それなりに腹が据わるものだなと最近とみにそのことを実感しています。

この1年半、守勢の後手でしたが、明日からは先手必勝で心底笑顔な結果出します。

同僚や顧客との対話ツールを設計する意味

ISSHIKI通信vol.15を配信しました。

ISSHIKI通信 Vol.15

ISSHIKIは、デジカルの書籍デザイン制作チームの名称です。

書籍のカバーデザイン、レイアウト・デザイン制作及び組版制作を一式提供するところから命名しました。最近ではイラストレーションや編集支援も一式として請け負っています。

多様なデザイン業務と効率的な制作業務を一貫したサービスとして提供するため、複数のデザイナーやディレクターによって、案件ごとに制作チームを組んで業務にあたっていますが、複数の制作案件を同時並行で進めているため、同じ社内でも誰が何をやっているのかよくわかりません。

仕事の振り返りや知見の共有は人材育成に不可欠な要素ですが、押し寄せる業務処理に流されるままでは、その機会を損失することになります。

そういったことから、まずはこのISSHIKI通信の編集業務を社員が当番制で担当することで、社内対話促進ツールとなるよう企画しました。

月に一度ですが、原稿の素材整理や制作作業やランチ取材をする機会を通じて、誰がどういった案件を担当したのかを話し合うことで、また同じ業務を定期的に全員で実施することで、一体感を醸成することを意図しています。

当初は組版でリーフレット版のみでしたが、最近はサイトの実績更新と連動したオンライン版も同時に制作することができるようになりました。この点については、これまで紙媒体だけにとどまっていた社内をネット媒体に近づけ融合させる意図もあります。

今後は企画内容の更新とともに、オンライン版を社外への定期報告ツールとして活用できるように設計し、顧客との対話ツールへと発展させていく考えです。

また、私自身は、このような読み物系の定期刊行物を社内で制作するノウハウを多くの中小企業に提供していきたい考えです。

ウェブサイトの管理はその会社に任せて大丈夫なのか

先週「あなたのサイトがハッキングされています」という衝撃的なタイトルのお知らせメールがGoogleサーチコンソールからやってきました。いそぎ調べてみてみると、そのサイトの検索結果に、まったく見に覚えのないアフィリエイトリンクが大量に生成されるという、クローキング(検索エンジンに異なるページやコンテンツを出し分けて検索エンジンの評価を高めようとすること)でした。

つい最近、身近なところでも不正アクセスの大きな被害目の当たりにして、対策強化していかなければなと思っていたところだったので、いよいよきたかと思いました。

VPSで立ち上げたばかりのサーバーでもあっという間に気づかれて、わずか数時間のうちにこんなにもやってくるのかといつも驚く。

このお知らせを出張で大阪に向かう新幹線の中で受け取り、急ぎ相談の結果、原因が判明し、慌てることなく翌日帰りの新幹線での作業中に復旧させることができました(かなり消耗しました)。

WordPressは手軽な故にとても危険

このブログや自社ウェブサイトも含め、複数のWordpressサイトを運営しています。

創業当初より、ブログツールを書籍コンテンツとウェブサイトの連携に活かせると考え、当初はMovableTypeを、次にWordpressへと、アドバイスを得ながらも、この10年ほぼ独力でブログを運営してきました。

一昨年あたりから他社サイトも含め管理するウェブサイトが増えてきて、またサーバーの管理も自力対応が間に合わなくなってきたので、法務や税務と同じように専門家に管理協力を仰いでいますが、10年もいじっていればそれなりのことができてしまうので、今回のサイトも自力で作ったままにしていました。適当にやっていたわけではないですが、何かその取り組み姿勢の甘さを突かれた思いです。

これから企画と人を増やして新たなウェブサイトを増やそうと考えていましたが、その開発スピードを落とすことにしました。

長期的な信用を担保するために

当社でウェブサイトを運営しようと考えているのは、原稿コンテンツを積み上げていく形式で出版事業を考えているためです。コンテンツホルダーの原稿執筆を年単位で並走支援することを想定していて、実際にいくつかの案件でそれを実践的に取り組んでいます。

この長期契約に応えることができる制作組織を構築することを目指していますが、今回の事件で、同時にウェブサイトの安全についても担保していく必要があると実感しました。

そういった部分も細やかにサポートしてくれるサービスがあると思うので、すべてを自社で賄う必要はないと考えていますが、現状ではいろいろなウェブサイトを開発をしながら、また運用管理を引き受けながら、走りながら考える必要もあるので、きちんと自社ででできるようにしようと考えています。

今回の一件で、何をどのように管理すればよいのかがはっきりとわかりました。技術的に不足する部分は、アドバイザーに相談すれば良いので、あとは社内に組織を構築する計画です。

コンテンツの管理と同時にウェブサイトの管理も任せて安心な会社を目指します。

成熟社会で持続性あるサービスを提供したい

新年あけましておめでとうございます。

今年も年賀状は出していないのでブログでご挨拶です。ISSHIKIは、本日より営業開始しております。本年もよろしくお願いします。

昨年書いたとおり、3が日は仕事をせずと決めていましたが、昨年、一昨年と長男長女の大学受験に続き、今年は次男が高校受験で臨戦態勢(にしないとやばい)ということもあり、小学生の娘だけ連れて福岡に帰省しました。短い日程でしたが、父も母も元気なので慌ただしくもゆったりと正月を過ごせました。

昨年、そのまだまだ元気な父が、車検が切れるのを期に潔く車を手放すと決めたため、はじめて空港でレンタカーを借りてみました。いつもなら迎えに来た父の車で空港から郊外にある実家に直行ですが、せっかくなのでと、迎えにきていた両親とともに久々に福岡市内を車で巡ってみました。ちなみに私自身の帰省の思い出といえば、両親とも市内に実家があったため、休みになったら車で福岡市内に向かうというものです。

久々に市内を巡って実家に戻ってみて

といっても福岡を出たのが平成元年。東京に出てきてからも四半世紀は経っていて、またここ数年は全国各地回っていますが、右肩上がりを感じる数少ない街の様子に考えるところも多い帰省となりました。

いまの実家は高度経済成長期の末期に、福岡と北九州の中間点に作られた「ベッドタウン」にあります。当時、公団に勤めていた祖父が開発に携わったという経緯もあって、ここに住むことになったようなのですが、今回母から改めて当時の祖父が「ここに2万人の街ができるんだ」と語っていたという話を聞きました。

いまや2万人どころか半分の1万人ちょっとの人口で、東京でいう多摩ニュータウンのような様相になっている地元と、さらに発展している福岡市内やその近郊の様子を同時にみて、30年で変わったなぁと感慨深く、一方で社会変革の先行きに、どう対応していけばよいのか、そのヒントを得られたように思います。

社会変革に対応していくこと

数年前に地元の駅前から書店が無くなったときには、かなりがっかりしましたが、ここ数年、全国各地を回って書店が無い街が当たり前になってきている状況みて、日頃はiPadなどで情報を得たり孫とコミュニケーションとったりで十分忙しく、たまに天神に出たら大型書店にいく、それでちょうどよさそうな両親をみていると、求められていることは、30年前の状況を維持したり戻したりすることではなく、この社会変化に対応するサービスの開発だなと実感しました。

確かに、地元も子供がたくさんいて賑わっていたころから比べれば寂れた感じもあり、これから高齢化もさらに進むのでしょうが、着実に平穏で豊かな状況になっているとも思いました。それこそ今回連れて返った次女は、これを当たり前の風景としてみているわけですから、ことさら成長期の勢いを感じられないことを嘆く必要もないなと。

今年も良い年にしていきます

今回の帰省では、こういったことをつらつらと考え、平穏無事に仕事に向き合える機会を得られている環境に感謝しなければなと実感しつつも、天啓を得て何か結論めいたものを得られたわけでもないので、これから年単位でしっかりサービス開発に取り組もうと決意を新たにしました。

今年は、改元に、選挙に、働き方改革に、増税と、変革の真っ只中に突入で、全般的に大調整の年になるのかなと感じています。加えて不況の足音も聞こえるようですが、こういった点に関しては織り込み済みでやってきているので、慌てることなく着実に駒を進めて行こうと考えています。

新校舎になって初めて、たぶん20年ぶりぐらいに母校に行ってみました。様変わり。
博覧会のときに祖父と登って以来なので30年ぶりか。
もはや以前がどうだったか思い出せない。
LMC(http://lmcom.co.jp)のメインビジュアルの写真を探すのに「地方都市」で素材集検索したらこの風景写真が出てきたので使ったけど、これだけ見るとどこかわからない。
寒すぎて誰もいない。
初詣は地元の宗像大社ではなく、隣町にある宮地嶽神社に行きました。何年か前に車で行って大渋滞だったので電車で。無料のシャトルバスがあって行きは良かったものの、帰りは目の前で最終便が出てしまい歩いて駅まで。
おとなの神社旅でも紹介しました(http://jinjyatabi.com/jinjya/miyajidakejinjya/)。人手が足りず更新ペンディングしていますが、サイト企画はコツコツ進めています。春には再開します。

PIONNIER選書 第1弾「仙台発ローカルメディア最前線」を金風舎から再リリースしました

昨年の4月にPIONNIERレーベルとしてリリースした「仙台発ローカルメディア最前線」を新装丁で金風舎からPIONNIER選書として再リリースいたしました。

PIONNIER ピオニエ

PIONNIERは、ローカルメディアに取り組む方々に焦点をあてた出版プロジェクトとして、元河北新報社の佐藤さんの企画を皮切りに、次々と発刊していく計画でしたが、第2弾の執筆難航に加え、弊社の編集リソースも欠如といった事情もあり、プロジェクトの進捗を一時ペンディングしていました。

今回「先進的な活動、芽生えたばかりの新しい技術、眠っている先人たちの知恵をデジタルコンテンツとしていち早く発信する」というコンセプトはそのままに、テーマをメディアに絞らず、広く地域で活動に取り組んむ方々を対象に、金風舎のシリーズ企画として展開し直すことにしました。

第2弾、3弾と執筆が進んでおり、いずれもAmazonKindle+POD(プリントオンデマンド)で出版していく計画です。全国の書店減少状況を考えると、デジタル出版の方が確実に読者の手元に届くと考えています。

レーベル変更と同時に改訂差し替えは初めてで、途中思わぬところで難航しました。PODの差し替えもまだ途中で不完全ですが、新しい取り組みで完璧はありえないと思い出来たところから淡々と進めています。第2弾がなかなか難産ですが、そうこうするうちに第3弾がほぼ脱稿とのご連絡を頂きました。

出版事業を儲かるようにしていくのが至難のときに、最初から儲かる儲からないでは何も進みません。まずはシリーズの企画を積み上げて、きちんと読まれるようにします。そのためにも「地域の情報を全国に発信・配信する」といった自分自身が取り組みたいコンセプトを明確に取り組んでいきます。

なお旧版を購読済みの方は以下の手順でアップデートできます。

「コンテンツと端末の管理」ページ (www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/manage) で「アップデートがあります」をクリックすることで、本のコンテンツを更新できます。

※ 「コンテンツと端末の管理」の「設定」タブで、「自動書籍更新」の設定が「オン」になっている購入者には、新しいバージョンが自動で送信されます。
※現時点では、Kindle オーナー ライブラリーから電子書籍をダウンロードした読者には改訂版コンテンツが提供されません。Amazon の技術チームがプロセスの改善に取り組んでいるとのことです。

○書誌情報

仙台発ローカルメディア最前線:元地方紙記者が伝えるインターネットの未来 著者名:佐藤 和文(さとう・かずふみ)

○販売書店