「おいあくま」の真意

 怒らない
 威張らない
 焦らない
 腐るな
 負けるな

昨日、会食の席でご一緒したお茶の先生は、65年もやっておられる先生でした。一見して60前後かなぁと思っていたら70をとっくに過ぎていて母親よりも年上でビックリでした。

65年もやっているということは、戦後間もないころからずっと続けておられるということで、終戦直後の混乱期にお稽古をどうやって続けていたのか、今の若い世代に何が欠けているのか、その一言一言が胸に刺さりました。

その席で、先代お家元の千玄室大宗匠の挨拶を聞く機会を得たのですが、大宗匠が90歳でカクシャクとされ世界中を飛び回っている様子をみるに、高齢化日本のマイナス面ばかりが強調される昨今、焦点を合わせるべきところに戻せば、本当に大事にすべきことが何かに気づかされます。

「それにしても、どうして先生そんなに若々しくていらっしゃるのですか?」と尋ねると、わざわざ手帳を開いて冒頭の言葉を教えてくださいました。この「おいあくま」は聞いたことがありました。しかし、その真意まではわかっていませんでした。

先生は「私にはいろいろとやりたいことがたくさんあって、この先時間があまり残っていないから、いちいち怒っている時間がもったいないので、いつも平常心でいることを心がけている」そのためにいつも”おいあくま”の気持ちを忘れずにいると仰っていました。

とにかく平常心。毎日平常心。確かに先生の話をお聞きしているだけなのに、私の方が穏やかな気持ちになるのがわかりました。また裏返して、いかに自分の腰が高く浮ついているのか、その落差を実感しました。

「怒らない」「威張らない」は決意して相当減ったと思います。家でも暴君の称号は返上しつつあります(まだか)。「焦らない」は今年からの課題。「腐るな」はTwitterに愚痴書かなくなってかなり減ったかな。

あとは「負けるな」 。

新しいことをスタートしました。これを「勝ちに行く」と勘違いしないようにしなければと考えています。平常心で。

2 Replies to “「おいあくま」の真意”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください