あるかしら書店

何しろ子供4人に対して、絵本の読み聞かせの記憶が片手に満たない程度です。この分野には縁遠くて、というのは言い訳ですね。

業界人としては今更のレビューでかなり出遅れなんでしょうけど、先日、著者に教えてもらって購読しました。

面白いです。

『本のその後』のところは思わず笑ってしまいました。そして出版する身としては、終わりの方は、かなりシミジミきます。

Kindle版もありますが、やっぱりこれは本で買うものですね。マルチプロダクトの思いはさらに深まってきました。

25万部突破。夏休み限定カバー。売れるっていいですね。