新年度にあたって

8月期首の当社、業界的にも「年度末進行」は過去の話となり、しかも今月で平成も終わりのいま、あえてこのタイトルで書いておこうと思います。たぶん最初で最後。

新元号「令和」が発表されました。ネットで緊張しながら見守ってましたが、一瞬、ヘイワ?と聞こえて、え?と思いました。

「平成」のときは朝からビデオを撮ってました。テープはどこかに残っていると思いますがカビだらけだろうな。そもそもデッキ(という響きも昭和だ)もどこいったやら。

新しい感じの響きがあるなと思いましたが、国書からとったと知り、いろいろよく考えてあるなと納得いくとともに、新しい時代がくる感覚を持ちました。

ということで、昨年末から、社内体制変換や子供の受験で公私共に年末年始返上の働き詰めですが、残り一月、古いものはすべて平成に置き残して、令和元年から取り組み刷新していきます。

やることは3つに絞ります。

1.書籍のデザインサービス「ISSHIKI」の経営(リニューアル作業中)
2.読まれる本をつくる出版社「金風舎」の企画営業(面白い本の出版と情報発信企画)
3.ローカルメディアコミュニケーションズLLCの企画営業(出版・情報発信)

今年度は、畑耕して種まきして芽がでるまで。

西口でもらった号外、タバコ臭い喫茶店で見る新聞紙面の「令和」。昭和な近未来SF感(ということは終わってるなと)。