運び屋

ツイッターで「仕事人間」は観るべきとの映画評を見て、昼休みに観てきました。

アクションもサスペンスもほぼ無いのですが、それがかえってリアルで、共演者も豪華だったのでのんびり楽しめました。

それで仕事人間としては、働き詰めで家族を顧みずの人生、90歳でもやり直せるんだなと前向きに捉えました。

クリント・イーストウッドが、麻薬カルテルの監視役に、そんなに生き急がず俺のように楽しみながら仕事をしろと語っていて、あぁそういう境地を目指さないとなぁと一瞬思いましたが、若い奴から「じいさん凄えな」と言われるようなかっこいい爺さん目指すには、もっと働き詰めで一度は仕事で突き抜けるような経験が必要だなと決意も新た。