社長ブログはnoteに書くことにしました。

香月登|note

ほんとに書きやすいですね。

このWordpressのブログはどうしていくか未定ですが、うまく使い分けたいと考えています。

WordPressへの執着を断ち切る

なにそれ。大げさな。
そしてほぼ私以外にどうでもいい話です。

駄目社長の「作る」こと、技術への執着を断ち切るという話です。

「次はWeblogというものがやってくるんですよ。今度の企画はこれどうですか。」という話を聞いてブログを知ったのは創業する直前のことでした。

すぐにMovableTypeをよく知っている方に手伝ってもらいウェブメディアを試し、いつの間にか入れ替わるようにWordpressに切り替え、もう何年経ったかかわかりません。

2年前にコンテンツ東京に出展して、このCMSを使った情報発信の仕組みを出版と組み合わせて活かせないかと模索しました。そしてそこでわかったことは、目指している商品のクリエイティブが高すぎるということ。

あー、また新規事業失敗した駄目社長やってしまったなという思いを抱えながらも、まだ諦めずなんとかなるのではないかと思いながら、春先にハッキングされたWordpressのサーバー引っ越しを黙々とこなし、無駄なスキルを増やしてしているうちにこのブログも10年経ってしまいました。

実のところ、あれほど熱かった電子書籍も同じような位置づけになってきています。

どちらも、こうすればできる、というのがわかってくればわかるほど、やっぱりコンテンツ・イズ・キングだということ。そしてマルチプロダクトからオムニチャネル、そしてその先のサービス設計。

どうやって作るかはよくわかったので、あとは、誰に頼むかを決めれば済みます。今回それを決めました。

できれば技術は社内に確保したいところです。本を作る技術は伝統芸能的に残ると考えていて、この先もしっかり磨いていこうと思っていますが、ウェブを作る技術、積極的には要らないのかなぁ。

いまデザイン会社の社長としてサービスを構築していますが、次はマルチプロダクトの「創って、作って、売る」サイクルの構築。

創るは、どうすればいいのか見えています。肝心なところは「売る」です。これは超難問で、社長がひとり命かけてやらないと駄目だ、と、尊崇する大先生の大著に書いてあり、正直なところずっとビビってました。

やります。準備開始。

vol.1 多くのマーケティング企業が「コンテンツ」の作り方を教えてくれないワケ|金風舎|note

北米書店調査2019(NY&Toronto)

夏季休暇にカナダに住む妹夫婦を訪ね、その足でニューヨークへ弾丸視察旅行にいってきました。

主な目的はエンタメとレストランですが、書店も巡ってきました。海外の書店調査は2年前の台北以来です。

ニューヨークの書店事情については、ネットを見れば優れたレポートが転がっているので、本当に興味がある方はそちらを検索してみてください。

instagramに複数枚写真をアップできるようになったので、 出向いた先で即日投稿していて、これならレポートはかんたんと思っていたら、案の定後回しにしてしまって、すっかり遅くなってしまいました。

カナダ最大の書店 !ndigo

https://www.chapters.indigo.ca/en-ca/

妹の結婚式以来のトロント。「半分は仕事で」と義弟に伝えていので、さっそくカナダで本屋といったらここしかないと、買い物のついでに連れて行ってくれました。

カナダは書店事情もさることながら、ライフスタイル全般に学ぶべきところがたくさんです。

ただ、広大な自然に人がほとんどいないカナダと、猫の額のような平野に人がひしめき合っている日本で、同じようなライフスタイルにするのは土台無理な話で、いかに取り入れるかを考えてます。

アメリカの老舗書店 Barnes&Noble

紀伊國屋書店新宿本店だなと思いました。以上です。

インディーズ出版社 Melville House Publishing and Bookstore

ブルックリンのおしゃれカフェで朝食と連れて行ってもらったらそのカフェの奥にありました。

まったく事前情報無しでしたが、実際の店舗で本を触ってみて、なるほどこういったデザイン展開はいいなとヒントもらいました。

AmazonBooks

説明不要ですね。私たちのやってることに間違いないなと思って帰ってきましたが、そうとう考え抜いて、徹底してやらないと、そこそこ出版やってるじゃ話にならないと思いました。

次に来たら、ざっと見て向かいにあったエンパイア・ステートに行きたいと思います。

ニューヨーク公共図書館

おまけ。書店ではないですが、本ということでぜひ見てみてくださいと連れて行ってもらいました。

機能や規模などは日本の図書館も負けてないと思うのですが、そういう話ではないなと。箱物批判したり、予算考えたらデジタルでいいじゃないかといった安易な発想の甘さを痛感しました。

View this post on Instagram

ここは観光地としても素晴らしい。

A post shared by 香月登 (@nobosan) on

実際、多分そうだろうなと思っていた通りで、新しい発見は少なかったのですが、実際に本を手にして確認できたことに、たくさんの気づきがありました。

やはり視察旅行は定期的にいかなければ!と思い直したので、次は欧州2021で。

HUWAWEI P30 lite

先日の北米旅行中、北米SIMでiPhopneを普通に使えて便利と書きましたが、それは取りも直さず、あちこちで盛大に「バシャ!」「バシャ!」「バシャ!」とシャッター音を鳴らしまくっていたということです。

日本はすっかり後進国になっていると思いました。このシャッター音がどうにかならない限り、もう次のiPhoneは買わないかな。 本当に恥ずかしいと思いました。

旅行中からやっぱりAndroidかなと物色していて、HUWAEIのカメラがいいという話で触手が伸びてましたが、昨日ビックロにいくと専門店ができていて、最初は冷やかし程度でみていたら、店員のお姉さんが自分の端末で「こうするとYoutube見ながらLineできるんですよ~」と目の前でサッと操作され陥落しました。

iPhoneなかったらMateにしたところですが、サブ機なのでliteにしました。決めては広角レンズがついているということです。これ本当にいいです。もうiPhoneから乗り換え決定。

NYで泊まったホテルが良かった話:citizenM New York Bowery hotel

橋場さんに早々にアレンジしてもらい、しかもバーゲン価格で宿泊できました。最初にサイトを見たとき、ここホテル?と目を疑いましたが、想像以上でした。

citizenM New York Bowery Hotel | Lower East Side | citizenM
  • 自動チェックインだがカードキーも自分で作成の徹底ぶり
  • ラウンジがおしゃれなカフェどころではない仕上がり
  • 部屋は狭いが巨大ははめ殺しの窓からの絶景でまったく狭く感じない
  • ベッドの下の収納が巨大で機能的
  • 部屋にあるアイテムの全てがデザインされている(アメニティグッズもすべて)
  • 部屋の機能すべてが備え付けのiPadで操作可能(しかもサクサク動く!)
  • 照明はムード設定でブラインド、シャワールームの照明、BGMが変化
  • テレビのチャンネルもiPadチャンネルで快適(自宅にも欲しいぐらい)
  • ルーフトップバーは絶景(写真取り忘れた)
  • トイレの大小の流しボタンが今まで見たことのない仕様(写真撮ったはずが見当たらない!)

ざっと思い出しただけでもこれだけありますが、あれこれ説明するよりは写真を観てもらった方が早いと思います。

デザイン会社の社長としては、ニューヨークの街に出て勉強するだけでなく、宿泊するだけでさらに勉強になりました。素晴らしいデザインもシステムがサクサク動いてこそですね。

アメリカ カナダ SIMカード インターネット 10日間 4G高速データ通信無制限使い放題

無事に帰国しております。濃密な10日間でした。

北米旅行に出かけます | katsukinoboru.jp

今回は通信事情。一昨年台湾に行ったとき現地でSIMを買って便利だったので、出国前に空港でWi-Fiを借りることはなかったのですが、今回はカナダ、アメリカと移動するので面倒だなと思っていたら便利なものがありました。

私が使っているのはもともとSIMフリーのiPhoneXsなので問題ありませんが、家族のスマホは家内がSIMフリーにしたお古のiPhone7、子どもたちはそれぞれ国内キャリアや家電量販店で買ったSONYやASUS、HUWAWEI製のAndoridで、本当に使えるのか確約のないまま出発しました。

素っ気ないパッケージでほんとうに大丈夫かと思いながらも現地につくまで開けずに出かけたため最初アタフタしました。
いろいろなサイズのSIMに対応してます。専用フォルダとピンもついてます。

私は乗り継ぎのカルガリーで開封してSIMを差し替えたらすぐに認識して使えるようになりましたが、長男の端末がSIMフリーになってないことに気づかず認識しなかったり、なぜか次男のSIMが通信できなかったりで、完璧にスムーズにいきませんでしたが、オンラインでSIMフリー解除したり、SIMを交換して入れ替えたりで最終的には無事接続できました。

ただ「ローミングをオンにしてください」とのメッセージがでて「え?」と最初は焦りましたが、そもそも日本のSIMではないので問題ないよなと気づき、よくよく説明書きみると「オン」にするように書いてありました。

今回はレンタカーで長距離移動したり、途中で子供だけ先に帰国させりしたので、その間LINEやFacebookのメッセージや通話で普通に連絡がとれ旅行中は非常に快適でした。

またトロントからニューヨークに移動して、空港到着後、機内モードをオフにした瞬間、すぐに現地の4Gを認識。結局、出国してから帰国するまでSIMを入れ替えただけで旅行中ずっといつものようにiPhoneを使うことができました。

当然、メールやSlackもバンバン飛んできてましたが、 日本にいるときとまったく同じ感覚でinstagramにアップできたので、この SNSの更新に忙しくて仕事は後回しで、これはこれでよかったなと。

今後この海外SIMは必須のツールですね。

NYでUberに乗りまくってみました

無事に帰国しております。濃密な10日間でした。気づいたことを少しずつまとめておきたいと思います。

北米旅行に出かけます | katsukinoboru.jp

2日間でNYを満喫しようという、ものすごいプロジェクトをガイドの橋場さんがバス、地下鉄、Uberを駆使して実現してくれました。

地下鉄、バスは映像で見飽きるほど見ているのでまぁそんなものかというものでしたが、Uberは素晴らしいですね。

呼ぶとものの2,3分でやってきて、来なかったのは最後の日にレストランの入り口が分かりづらくてキャンセルされた1度きり、あまりに移動が快適すぎてイエローキャブと乗り比べするのを忘れました。

そして、今度行くときはナイスガイなドライバーたちとあれこれ話がしたいと、生まれて始めて、本気で英語を使えるようになりたい!と思いました。

トロントからニューヨーク入りしたので到着はラガーディア空港でした。空港にタクシー乗り場ならぬUber(Grab)乗り場があるのに驚きました。
運転手はみんなナイスガイでした。
コツは乗ったらすぐに「いいクルマだね」と褒めることですね。実際みんないいクルマでした。
そして英語が使いこなせないことをこれほど後悔したことはありません。あれもこれも色々聞きたかった。

もちろんそれなりにお金がないと乗りまくれません。請求がすごいことになりました。

今年上半期は同窓生に感謝です

過去の振り返り記事読むと、辛気臭いものが多いなと反省していて、今半期もまぁ大変でしたが、良かったこともたくさんありました。特に年代的にそういう時期かなというまとめ。

こんどの金風舎の新刊は、なんと著者が高校の同窓生です。しかも年初に会って半年で発刊のスピード出版。

このときに初めて会ったのですが(在学中は廊下ですれ違ってたと思いますが)、卒業して今までどうしてた?という話になり、お互いにものすごく近いところで仕事をしていたことがわかってまさに意気投合です。一気に発売まで話が進みました。

8月5日発売予定です。電子版も発売します。

【予約注文スタート】[デジタル+オフライン] BtoB企業のための マーケティングコンテンツ制作ガイド

この出版企画の前から準備していた「本格POD出版」ですが、本書を進めているうちに、テーマを「次代を担う若手企業経営者のための出版と出版サービス」に特化しようと決めました。ということで、本書をその第1弾とします。もちろん第2弾も進めてます。

やはり自分自身が真剣に取り組めて、かつ世の中を少しでも良くすることができることに取り組みたいですね。頑張りたいと思います。

次は大学の同窓です。正確には家内の友人ですが、この十数年のいろいろを折に触れて聞いていて、それでついに伊勢丹にも商品を出すということで見に行きました。

そして、つい先日ついに再会。実に30年ぶり。彼女たちは同じ学生寮で「その前の駐車場で会ったよね!」という全く同じシーンで記憶が一致。それだけでなんだか嬉しいですね。

そして何よりも良い商品を作るクリエイターとしてリスペクト。ほんとまだまだ自分も半端モノです。気合い入れて頑張ります。

よい商品を作ること。まずはそこです。

予定と計画の違いを教えること

計画を出してというと予定表が出てきて、毎度天を仰ぐ日々。これを教えるのは至難の業だと思っていましたが、ようやく指導育成ポイントがみえてきました。

予定と計画が違うこと教え、実際に計画を立てさせ何回か実践させること、やることはこの2つだけです。自転車と同じように何度か失敗して体で覚える必要があるんだろうなと思います。

以前は、この人に計画の立て方を教えるのは難しそうだなと思ったら、予定を淡々と処理すればよい作業を切り出して渡していましたが、そんな悠長なことをやっていられない時代になってきていると感じてます。

デジタル化で誰もが短時間で成果物を仕上げられるようになってきて、従来パーツを作るだけでこと足りていたものが、それを複数のスタッフと連携して組み立てる仕事まで求められるようになっています。

正確にいうと、そういうことができる能力高い方々がアシスタント業務の求人に応募してくるようになってきています。

計画を立てることができる人は、計画を変更することができるので、自ら柔軟性をもって他のスタッフと連携して作業をすることができますが、予定を立てることしかできないと、計画通りにいかなくなったとたんにその部分が団子状態になってしまいます。

少子化で若者が減ってきて、この先、新卒一括採用、アシスタントからキャリアアップという手法も取れなくなってくると思いますので、ちょうど良いのかもしれません。

そんなことを考えながら、大学生の長女に予定と計画の違いを質問したらスラスラ答えて驚いたので、誰に教えてもらったのかと尋ねると、受験勉強の仕方を通じて学校で教わったとのこと。

なるほど、確かに世の中うまく調整がとれていると思います。

『コンピュータサイエンス図鑑」を読んで元気がでた話

学校の勉強はあれだけどサイエンティスト基質のある次男向けにと買ったのですが、渡す前にパラパラ読み始めたら面白くてあっという間に読了。

正確に理解できていなかったのは4%ほどで、まんざらでもないなと元気でました。

同世代の方には多いと思いますが、私も高校生のころにNECのマイコン BASICからスタートしてデジタルの世界に入って、Windows95のβ版で散々動作検証させてもらえるところからパソコン解説書編集者としてスタートという運の良さで、ネット平成史も全部見てきてここまでやってこれました。

途中、ビジネス書の世界も楽しませてもらいましたが、そのコンテンツの多くは、生産性追求するコンピューティング思考を前提にするライフハックで、そういった面でもここまでの流れに無駄はなかったなと振り返ってます。

いまは柱となっているエディトリアルデザインの世界からコンテンツの世界を見ていますが、引き続きデジタルとオフラインを同時に見渡せるような場所で、もう少しオンライン側にシフトした仕事に取り組みたいと考えています。

そういう意味では、いろいろ大変だとはいえ、好きな仕事をさせてもらえる幸せはあるなと思います。

ただ、現場を見ながらマネジメントをするのは限界もあり、かつビジネスよりの仕事に集中もしたいので、デジタルコンテンツ制作面でミドルマネジメントを担ってもらえる方を探しています。

ネット平成史を体感していて、構造化マークアップがピンとくるデザイナーで、そろそろ現場から足を洗って、次のフェーズの仕事をしたいな、などと思っている40代の方。

超ピンポイント。

追記:

アイキャッチにネットに転がっていた誌面画像を使わせてもらってます。デザイナー増強して営業強化してますが、この仕事こそ当社でやりたかったなと。