あるかしら書店

何しろ子供4人に対して、絵本の読み聞かせの記憶が片手に満たない程度です。この分野には縁遠くて、というのは言い訳ですね。

業界人としては今更のレビューでかなり出遅れなんでしょうけど、先日、著者に教えてもらって購読しました。

面白いです。

『本のその後』のところは思わず笑ってしまいました。そして出版する身としては、終わりの方は、かなりシミジミきます。

Kindle版もありますが、やっぱりこれは本で買うものですね。マルチプロダクトの思いはさらに深まってきました。

25万部突破。夏休み限定カバー。売れるっていいですね。

『コンピュータサイエンス図鑑」を読んで元気がでた話

学校の勉強はあれだけどサイエンティスト基質のある次男向けにと買ったのですが、渡す前にパラパラ読み始めたら面白くてあっという間に読了。

正確に理解できていなかったのは4%ほどで、まんざらでもないなと元気でました。

同世代の方には多いと思いますが、私も高校生のころにNECのマイコン BASICからスタートしてデジタルの世界に入って、Windows95のβ版で散々動作検証させてもらえるところからパソコン解説書編集者としてスタートという運の良さで、ネット平成史も全部見てきてここまでやってこれました。

途中、ビジネス書の世界も楽しませてもらいましたが、そのコンテンツの多くは、生産性追求するコンピューティング思考を前提にするライフハックで、そういった面でもここまでの流れに無駄はなかったなと振り返ってます。

いまは柱となっているエディトリアルデザインの世界からコンテンツの世界を見ていますが、引き続きデジタルとオフラインを同時に見渡せるような場所で、もう少しオンライン側にシフトした仕事に取り組みたいと考えています。

そういう意味では、いろいろ大変だとはいえ、好きな仕事をさせてもらえる幸せはあるなと思います。

ただ、現場を見ながらマネジメントをするのは限界もあり、かつビジネスよりの仕事に集中もしたいので、デジタルコンテンツ制作面でミドルマネジメントを担ってもらえる方を探しています。

ネット平成史を体感していて、構造化マークアップがピンとくるデザイナーで、そろそろ現場から足を洗って、次のフェーズの仕事をしたいな、などと思っている40代の方。

超ピンポイント。

追記:

アイキャッチにネットに転がっていた誌面画像を使わせてもらってます。デザイナー増強して営業強化してますが、この仕事こそ当社でやりたかったなと。

起業するという原点に立ち戻る

出会うべきときに必要な本に出会うものですね。コンビニでパラパラとめくっていた雑誌の書籍紹介記事で発見しました。

少し古い、といっても2年前の本ですが、自分の中でビジネス書ブームが完全に去っていたころなので店頭では目に止まらなかったようです。

Amazonでは帯が抜けていますが「49歳で大企業を離れ、ベンチャー2社を創業・上場!」とあります。49歳で。

なぜ50前後なのだろうか

デジカルを創業したのは32のときで、もう遅いと人から言われ自分でも思っていましたが、40過ぎたころ早すぎたと実感しました。もっと組織で営業の現場を体験しておきたかったと心残りがあったためです。

それから日増しにやり直したい思いが強まり、いろいろ調べると50前後に創業して、事業を軌道に乗せて拡大させている起業家も少なくないことに気づきました。

なぜそうなのかを研究すると面白いと思うのですが、ベンチャーを成功させるためには、商品、サービスの良さ以上に、組織化が重要な課題で、それには人間について学ぶ時間が必要なためだと思います。

転身を決意しました

有り難いことに、デジカルの経営者として仕事の奥深さを痛感する毎日で、第二創業や新規事業に業態開発など、藻掻くようにして新たな取組をしてますが、15年も経つと同じような光景を繰り返してるのは事実です。これがあと何年も続くのかと思うと。

そういうことで、サラリーマン編集者から編プロ・デザイン会社社長に転身したように、制作会社社長から事業会社創業経営者に転身しようと思います。

そのためには、事業を任せられる状態を作らなければ不可能と理解したので、急がば回れでデジカルの経営者仕事に専念しています。

15年前を思い出して

ちなみに初めて紹介しますが、10年ぐらい前まで何度も読み返していて、なかなか人に紹介できなかった起業家本があります。

著者はあの神田さんです。なぜ、紹介しなかったかというと、この本に書かれていることほぼすべてが、自分の身にも起こったためです。主人公と同年代で社名も物凄く似ていて読んでて恐ろしいほどに。

そういうことで30代は公私共にシッチャカメッチャカでしたが、それでも乗り切れたのは、いろいろな人の助けとともに、この本を読んでいたことも理由の1つです。

長々書きながら、最初に紹介した本の内容をまったく書いていませんが、「起業で本当に成功するために大切なこと」は、これから暫く定期的に読み返す本になると思います。

女性購読者を意識したデザインのために

「本と、本にまつわるもの一式をデザインする」ISSHIKI(一式)は、
カッコいい、かわいい、真面目、シンプル、にぎやか…
的確なデザインで、みなさまの思いを一冊に詰め込むのが得意です。

ISSHIKIは、装丁(カバー)や本文フォーマットを担当するデザインチームと、誌面作成を担当する本文校正チームとの2つのチームで構成しています。

ほぼ女性スタッフで、デザイナーは全員が女性です。

書店店頭で本を実際に買っている人の様子をみていると、女性の割合が増えているように感じるので、うまく適合できていると考えていて、営業では女性デザイナーチームであることをアピールしています。

カバーは、各自の持ち味を活かしたデザインのご提案のほか、社内コンペ方式でデザインラフをお出ししています。

私たちの強みはデザインと本文校正とを一式でお引き受けできることですが、いま本文校正部門を強化中で、来月には体制が整います。

編集者の皆様が「楽に楽しく」仕事ができるように、きめ細やかなサービスを目指しています。

「ISSHIKI通信20」発行しました | 株式会社デジカル

原点に立ち戻って取り組む仕事

出版のデジタル化の潮流を捉え、電子書籍の企画を制作販売し、プリント・オン・デマンドの出版スキームを整えてきました。

どうやら先端、末端に到達した感じです。

行き着くところまで行ったので、枯れた技術の水平思考で、自社技術の洗い直しで潜在需要層を捉え、サービスと商品の2つの視点からアプローチを考えています。

書店は減りネットによる情報発信が当たり前になって、動画で知識を習得する世代も増えている状況ですが、少子高齢化の現実は、紙の本の社会的需要を高めていると考えています。

あと数年するとデジタルとオフラインの共存は確立すると思いますが、それまではオンラインからオフラインに軸足を戻した仕事に取り組む考えです。

また、ここ数年のデジタルコンテンツ企画で、改めてコンテンツファーストを痛感していますが、忘れかけていた「本は人」を思い出し、深く対面した仕事も戻して増やそうと考えています。

ということで、本日時点での結論。

すっかり趣味になっていたSNS。仕事に取り組むためにも見直します。

プリント・オン・デマンド出版サービスを始めたいくつかの理由

金風舎で本格POD出版サービスを始めました。

POD出版サービスは、無料のものを含め他社で複数提供されていますが、当社では、次の3つのポイントから「本格」と銘打ちました。

  • 表紙をプロの装丁デザイナーが担当
  • 電子書籍の同時展開とネットプロモーション
  • オプションで書店販売も可能な「単行本」を制作可能

原稿がすでに完成している場合は、25万円〜 提供いたします。詳しい内容は、サービスサイトを用意したのでご覧ください。

本格POD(プリント・オン・デマンド)出版サービス

金風舎は、電子書籍を中心に据えた出版社として、プリント・オン・デマンドは、自費出版の裏メニューとして展開してきましたが、ここ最近の状況を踏まえて正式にサービスとして展開することにしました。

理由1:地方には書店が少ないもしくは無い

地方新聞社の電子書籍を作るプロジェクトで全国各地を訪問しました。行く先々で書店を探すのですが、最近は探すこと自体を諦めました。私自身、毎日紀伊國屋書店の新宿本店に通いつつも、本を買うのはネット書店という流れです。

理由2:電子書籍だけでは行き届かない

金風舎を立ち上げた理由も、書店が減っても電子書籍なら大丈夫という考えでした。確かに若年層には普及してきていますが、年配の方にはそれでは届きません。

理由3:PODは在庫切れが無い

紙の本はないのか?という問い合わせに、初期は単行本の少部数出版で対応しました。ネット書店でも販売をしています。ただし、常に在庫切れ、在庫保管の問題がつきまといます。

理由4:低予算の自費出版で良いものを作りたい

一番の理由といっても良いかもしれません。たくさんの自費出版の制作にも携わっていますが、予算が足りなくて実現できない。安くできたとしても仕上がりに不安がある、といった声なき声を感じています。

私自身、いくつも事例を手掛けてみて、PODを中心に電子書籍やネットプロモーションの組み合わせには、大きな可能性があると感じています。

こういったことは出来ないか?といった相談がありましたら、お気軽にお寄せください。

[募集]書籍のDTPオペレーター

【終了しました】

書籍のDTPオペーレーター/新宿の求人情報 | 採用情報 | 株式会社デジカル 採用サイト

デザイナーが制作した本文デザインを、indesignによる組版作業で誌面に仕上げて頂きます。書籍組版のセンスが必要です。

現在、デザイナーは全員30代女性です。ほぼ書店販売の書籍の制作ですが、これから書籍制作出版サービスを拡大していく計画で、プリントオンデマンド対応の書籍制作も増やしていく考えです。

迅速さと正確さに加えて、顧客との対話も大切に考えてくれる方を優先いたします。

本と、本にまつわるもの一式をデザインします。

ISSHIKI 本のデザイン一式 | 株式会社デジカル

デザイン会社の社長」を目指す件、決意しておよそ半年、今回の新元号スタートの心づもりで、少しずつ舵を切り替えながら準備を進めてきましたが目処が立ちました。

この半年間に、1.「カバー・本文」デザイナーの増強、2.業務管理責任者(ベテラン編集・デザイナーの参画)による業務システムの改革、3.デザイン戦略の見直し、4.営業制作体制の再構築、そして5.本文組版の増強と実行してきました。

といっても、やっていることに大きな変化はありません。これまで通り装丁デザインに比重を置いた上で、これまで「組版」や「制作」と呼称していた(お叱りを頂くことの多かった)作業内容を見直して品質向上に取り組み、これを「本文校正」と統一して、「デザイン(カバー・本文)」と「本文校正」の組み合わせ一式でご提供できるようにいたしました。

書店で多く見かけるようになった女性のお客様に、手にとっていただきやすいデザインを作ることを全社的なテーマとし、7名のデザイナー(うち6名女性)を中心に、約20名の外部スタッフの方々の協力を得ながら、書店やネットでの販売促進の面でもデザインで力添えできるよう取り組んでいく考えです。

DTPオペレーターは現在も採用面接中です。

書籍のDTPオペーレーター/新宿の求人情報 | 採用情報 | 株式会社デジカル 採用サイト

最新の事例はISSHIKI通信にてご案内しています。

「ISSHIKI通信18」発行しました | 株式会社デジカル

デジタルとオフライン

金風舎の新刊として、BtoBマーケティング本を準備中です。

その打ち合わせ中に著者の方から出た言葉で、一般的には「デジタルとアナログ」、「オンラインとオフライン」として語られるところですが、これを「共存」といった観点で理解すると成立するなと腹落ちしました。

言い換えると「平成」と「昭和」のミックス。それぞれのいいとこ取りという考え方ですね(余計にわからないか)。

とにかく平成は昭和との対比で、アナログに対するデジタル、そしてネットが強調されすぎたと感じています。一昨年辺りからそれに違和感を(そして飽きも)感じていて、これは紙の単行本から電子書籍を作るようになったからこそのポジショントークとも言えますが、令和初期はこれらが共存していくところからスタートと考えています。

「どちらか」ではなく「どちらも」。そして実現するためのスキームはコンテンツファースト。

令和デザイン

平成もまだ2週間ありますから、それがどんなものなのかはわからないわけですが、変貌する最近の都心の様子をみていて兆しを感じるところがあります。

平成4年に沖縄から直行して上京しましたが、失われた20年そのままに、つい最近まで街の風景も代わり映えなく、3.11直後は寂れた感じもあって残念に感じていたのですが、ここに来て街に突如として現れる新しい建物をみていて楽しみになってきました。

この同じ期間を創業と子育てとの両輪で遮二無二やってきていたので実感が薄いのですが、バブルの残滓と反動からの息詰まる閉塞感との両方を実感していま思うのは、なんだかんだといいながらも、着実に豊かに安全になっているということでしょうか。

先日亡くなられた堺屋太一さんが、これからは楽しい日本がキーワードと仰っていてなるほどと思っているのですが、ただしそれはお祭り騒ぎのことではないんだろうと感じています。

当たり前だと思っていたものが急速に色褪せて見えていて、時代の空気みたいなものはガラリと変わるものなのだなと感じています。心機一転、ひと目見て、新しくていいなとわかるようなものを作っていきたいなと考えています。