SEIHA第1弾「攻城団」を7月1日リリースします。

大西くんがブログに書きました。いや、実際のところ書かせました。だけでなく、延期しようとしていた期日を前倒しにさせました。

SEIHAプロジェクト第一弾「攻城団」を2010年7月1日にリリースします

実はすでに第2弾も決めていて、こちらは予定スポンサー様もいらっしゃいますが、こちらこそ時期的な問題があり、第1弾とほぼ平行してのリリースを予定しています。

もうずっとブログで作るぞ作るぞと言いながらいつまでたっても、いつやる!と明言しないので宣言させました。期待いただいている方面もあるので、きちんとコミットメントしていかないと駄目です。

彼らは会社の資金繰りを心配して慎重にと思ってやっていたようなのですが、そんな心配は無用でこの事業をいち早く収益化すれば解決する問題だし、そもそもあれこれ悩んでお尻を決めて動かないこと自体が資金の垂れ流しに他なりません。

覚悟としては、プロジェクトに失敗したら2度目はない。そういう思いで取り組む必要があります。ネットにごまんとあるサービス、当社でも他にいろいろ取り組んでいますが、安全地帯からちょっとずつ打ち込むようなそういったぬるい腰の引けた取り組みでは、目の覚めるようなサービスは作れないと思います。

これは2年ぐらい小さくチャレンジしてきた結果感じていることですし、上場して大金つぎ込んで(資金の心配がなく)開発しているサービスが今ひとつ心に刺さらないというところをみていても感じることです。

小さく産んで大きく育てることは間違いありませんが、取り組む姿勢が小さいままだと、全国規模、世界規模でのユーザー数の拡大を企図するものなど作れようもありません。

彼も読んでいるであろう、あの本にも書いてありましたが、こと事業に関する限り、失敗は成功のものとではありません。2本目のチャレンジに成功する確率は、1本目を成功している人がほぼ間違いなく成功できるのに対し、1本目を失敗している人は圧倒的に確率が下がります。

またあの本には、中途半端なものはだめだが、きちんとしたものの小さなものはいい、とも書いてありました。今日からの取り組みは毎日が納品日だと思って仕事をすべきです。毎日何かを完成させること。その積み重ねが大きな仕事の結果をもたらすと思います。

来週はSEIHAチームとドライブに、また今月中にはオフショア先の大連に、それぞれ出かけようと思っています。ただでさえ時間が足りないところですが、机の前に座っていてもやれることなどたかがしれているので、脳みそは最強のモバイルマシンと自覚できるまで徹底的に頭を絞らせようと思っています。

これから3ヶ月、SEIHAチームは休日なしで働きたいと思います。え?労働基準監督署?来たらいいでしょう。我々は君たちがふんぞり返って仕事している給料分も、ゼロから立ち上げて、日本のために稼いで納税してやろうという考えですよ。なにか文句ある?

企画する会社にすること

どうしてこれからの日本は、モノ作り大国ニッポン戦略では駄目なのか?

その答えは、モノが余っているから。

ではないでしょうか。年末に大量に本を捨てて、またぞろ増えてきましたが、読み切れないのも含めて無駄にモノを増やしている気がしててますますそう感じています。

話がそますが、最近映画のDVDを全く買ってません。なぜって、映画館行ってwowowとスカパー契約してたら、ほとんどの映画コンテンツにアクセスできるようになってしまって、TVのHDDに録画したものを消費するのすらおぼつかない状態なんです。ますますモノが入りません。

出版もそう考えたら構造的な問題がより明確に浮かび上がってくるように感じます。議論が活発な電子出版にしても、データファイルを作ることが目的になっていたら同じ過ちを繰り返すだけだと感じています。それも縮小大量生産で。ジリ貧になりそう。

一方で、モノと同じく安価で大量に入手できるようになった情報に、これからの商機があるのは誰もが考えていることだと思いますが、特にモノやコトに連動した情報をどう活かすのか、そこがキモだと思います。見ていて上手くいっているところは全部そうです。SEIHAもそこの一分野を制覇したいと思ってます。

そうなってくると、どういうふうにモノを作ったり、どういうふうに流通させたり、ということを考えることがますます重要になってきて、そこに大きな価値が生まれるわけですから、そうなるとこれから伸びる会社は事業会社ではなく、企画会社だと、結論は自ずから導き出されると思います。

と、ここまで、今日買った本を読んでいてウンウンと首肯していました。未来を見据えたとてもすばらしい事業家の本です。いつもならオススメしてリンク貼るのですが、もったいないのでヒミツ(笑)

これから20年ぐらい会社やって伸ばしていこうと思っているので、絶対に伸びる分野にしか手を出したくありませんし、今朝も朝礼でそういう話をしたばっかりだったのでまさに我が意を得たりでした。

でも、大問題が残っていて、それはお金の問題。人件費と家賃といった固定費をまかなえるだけの安定的な収益がないと、会社はいつまでも「御用聞き」のマーケット・インで、いつまでたってもプロダクト・アウトな企画はおぼつかないということです。

これは切実な問題。さらに労働集約型ビジネスからも脱却しようともがいているところですが、そのためには今やっているプロジェクトは何が何でも成功させねばなりません。

努力とか工夫とか、情熱とか、そういう簡単な言葉じゃ足りないものすごいナニカが必要です。そして何よりも稼ぐ力が圧倒的に足りないです。

企画会議は楽しい

どうして独立しようと思ったときに編集者としてフリーランスを目指さず、わざわざ会社を立ち上げたのか。間違いなく、この企画会議をやりたかったというのが根っこにありますね。

もちろん都度プロジェクトチームを組んで成功したら解散!みたいなのもスマートでいいのですが、「バカそんなの儲からないだろ」、「何だコンチクショーこの石頭」的な会議は、同じ釜の飯を食う仲間で会社なればこそと思っているので、河野さんにお願いしていることも、この企画会議ができる社員をそろえたい(育てたい)という思いが背景にあります。

“企画会議は楽しい” の続きを読む

失敗していいは嘘

なんだか、不況も行き詰まってきて、日本が元気になるために、学生は起業すればいいみたいな話が聞こえてきます。きっと嘘ですよ。

だいたいそういうことを言っている人はコンサルタントとか評論家気取った会計士とか税理士とか、世の中に社長が増えたら儲かる人だったりしませんかね。そういうことを言ってるお偉い先生方を見ると、なんだか、安全な後方で特攻隊を指揮していた高級軍官僚みたいに見えますね。

“失敗していいは嘘” の続きを読む

「君、ちょっとこの会社の社長やってくれないか」

今晩は、SEIHAチーム今どうなってるの会、をやってみました。

大西くん、玉造くん、それぞれまじめに頑張っているのですが、面白くてためになるものを作ろう!というプロジェクトなのに、それを頭に二文字つくぐらいの真面目さでやっていて、ちょっとそれってつまんないんじゃないの?と少し心配になったので発破かけてみました。

どうせ今は技術も実績も、なにより知名度が全くないんだから、もっと激しく夢や野望を語っておいたほうがいいんじゃないのと。だいたい誰も見てやしないから、器用にやろうなんて思わないことですよ。

こういった”夢や野望しかない”ような話をするのは場末の居酒屋が最適だけど、ちょっと彼らの草食系的なノリも改善しようと、事務所の隣の激安焼肉屋にしてみました。3人で腹一杯食べて飲んで、いつも会食しているところの一人分に満たない価格っていう安さ。ま、君たちご馳走食べたいならもっと稼げば?的な感じです(笑)

いや、これってとても大事なメンタリティだと思うんですよね。iPhoneを持つか持たないかとかで悩んでたりしてたみたいですが、仕事の性質上、絶対にユーザーになっておいたほうがいいんだから迷わず買うべきで、だいたいその数千円の利用料を気にならないぐらいの収入にすればいいだけの話、それに見合うほどの売上にすればいいいんですよ。自分たちのプロジェクトで。

儲かったらiPhone買うなんて言ってて、最初から逃げがあるような状態で絶対成功するはずがなくて(絶対買えないよ)。そうやってあれこれ悩んでいる間に、さっさとiPhone買って、携帯2台持ちでもなんてことないぐらいの収入になるように稼げばいいんですよ。

ということでSEIHAの1年後、2年後どうなってるの?ということをイメージしてもらいましたが、私も彼らに先回りして将来こうしようと思っていることを話してみました。

デジカルをでっかくしようと思ってますけど、単に社員を増やそうなんてこれっぽっちも思っていなくて、経営人材をたくさん増やして刺激ある会社にしようと思ってますが、経営者思考のできる社員なんてまどろっこしいこと言わないで、本当の社長をたくさん作ろうと思ってるので、いずれじいさんになったころにこうこと言ってみたいなというような台詞を前倒しで話してみました。だいたい大西くん。去年までやってたんだからさ。

「君、ちょっとこの会社の社長やってくれないか」

関東厄除三大師SEIHA。

先週末、川崎大師に行ってきて、早々と三大師SEIHAです(前回の記事はコチラです)。近いからととりあえず行けば何とかなると思って出かけましたが、結構な人出で駐車場の空きを見つけるのが大変でした。こういうのは事前の情報があると嬉しいですね。完璧に正確でなくてもいいと思います。

ようやく民家の庭先でやっている臨時駐車場に止めることができましたが、近所の方はいい商売ですね。1台1000円というおばちゃんの家に止めさせて貰いました。今回はデジカメ(といってもフツーの機種だけど)忘れたのでiPhoneの写真です。

なかなか味わい深い山門です。
境内も結構華やかな感じで観光気分
と思ったら、裏口から入ったみたいでこちらが正門ですね。入り直しました。
今回のおみくじは吉。

厄除大師を回りましたが、まだ肝心の厄払いはしていません。実際のところ厄除けは単なるきっかけで、SEIHAのためにランドマークを指定してドライブで回ってみる体験をしてみました。

このときに感じたことですが、こういう規模の大きな(距離のある)スタンプラリー的なものって、ものすごく楽だし結構楽しめるなってことですね。

ドライブの目的地を探すために、日帰りとか温泉とかのムックや、るるぶなんかを読んだりするんですが、情報量が多すぎて、もしくは毎度「目的」を変えないといけないのが面倒くさいのとで、結局新しいところを探して行くっていうのはなかなか無いんですよね。

この点、目的をもって潰していくっていうのは精神的に楽な上に、意外にミステリーツアーっぽくて楽しいなと思いました(指示されないと行かないところもあるしね)。

そういう観点から、今はそういったツアーって、どうすればわかりやすく提示できるんだろうか?ってことを考えています。いわゆる点と線ですね。

あとはやっぱりiPhoneは活躍するってことでしょうか。iPhoneっていうかGoogleマップだから携帯でもいいと思います。付近の地図は重要で、ここにパッと近辺の見所、駐車場、コンビニ情報が出るといいなと。もちろん検索を駆使すれば見つかるのでしょうが、いまこのランドマークを起点にすぐ知りたいという要望に応える地図があったらなと思いました。

もちろんナビにも情報ありますが、歩きながらとか食事しながらだと携帯端末のほうがありがたいですし、その他のこともついでに検索できますしね。今ふと思いましたが、ツアーの部分は紙のほうがいいかもなと思いました。サイトからマップをダウンロードできたらもっと便利かも。

それから今回は初めて厄除け大師なるものに出会ったので、いろいろと調べて(といってもネットだけどね)みる体験もありました。へぇと思うことが多々あって、SEIHAはやっぱり教養や蘊蓄と相性がいいと思うのでムック向きの企画だと実感しています。

また違うSEIHAネタ探して、今度は公共交通機関でやってみようかと思ってます。

大事なことを考えたので、あえて無題。

「編集というのはテキスト(や図表や装丁)をより良くすること」と考えていると「iPhoneアプリを作る」のが出版社の仕事という発想は出て来ないと思います。

新聞社も出版社も、おそらく現在、主として「電子出版というのはテキスト(や図版)を電子化することである」という方向から考えていて、「ネット上での自社のキャッシュフローを最大化する」という観点からはあまり考えていないんじゃないかと思います。

ライトノベルについての考察(仮説)と電子出版への示唆 | isologue

まさに今自分で考えていることを言葉にしてもらえた感じがしました。また、どうして最近の電子出版の議論に興味が持てないかもよくわかりました。それは「電子出版というのはテキスト(や図版)を電子化することである」ことにもう新しさを感じないためです。すでに去年の夏に自分でそういうことを書いてました。まー、偉そうに語ってます(笑)でもこの想いは全く変わりません。

ということで、iPhoneでネットの情報を読むのはもう自分の中では読書です。出版業界では電子書籍の対応やネットの対応などを考えるのに必死ですが、もはやコンテンツのデジタル化を議論する時代は終わったと思います。

読書をするのに本や雑誌のカタチはもう必要ない

あくまでもこれは自分の体験的な発想なので、これを基準に議論をするつもりは毛頭ないので、それは違うと言われたら、あそうですか。としか思いません。

一方でこのところ体験的な読書についていろいろと考えています。磯崎さんのブログを真似て書いてみると、うちの次男6歳がディアゴスティーニの「週刊そーなんだ 歴史編」にものすごい勢いではまっていて書店に行くたびに買って上げてます。最初は、ちょっと言葉が遅かったので本に興味を持ってくれて嬉しいなと思って買い続けていたのですが、様子をみていると買うたびに一生懸命丁寧にファイリングして、ひらがなしか読めないのに毎日取り出しては嬉しそうに一生懸命眺めています。

これだけだとファイリングしたりまんがだから一生懸命になっているだけだろうと思われるかもしれませんが、つられて買った同じくディアゴスティーニの「週刊江戸」を見てちょっと唸りました。唯物史観の歴史教育で学んだ江戸時代なんて百姓一揆の暗黒時代、そういう学校教育を受けた世代にこれは新しく感じるだろうなぁと思いました。いや、そんな堅苦しいことではなく、単純にムックとして構成や誌面が面白いと感じたわけですが、と同時に正直いまの自分には「そーなんだ」や「江戸」は作れないと思いました。

いわゆる識者からはこの程度(という言い方はふさわしくないかもしれませんが)の情報量でも一般読者には十分に満足できるものが作れるんだなということを感じました。これってもう本じゃないけど、普通に売っている本以上に、もしくはネットで流れている情報以上に、いいものだと感じています(だから買ったわけだ)。

ということで、この点において磯崎さんが記事でライトノベルのことを取り上げているのも、今何を作るべきなのかを考えたときに非常に示唆に富むと感じました。そして「ネット上での自社のキャッシュフローを最大化する」という点を考えると、ますます今の電子出版の議論に流されないようにという想いが強まっています。

「体験」「楽しい」「簡単」「視覚的」「教養」といったところがキーワードとして頭を巡っていますが、この辺りはハブメディアSEIHAで実現したいと思っています。もちろんネット上で自社のキャッシュフローを最大化するために。

誰をバスに乗せるのか

ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか
ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか 小西 未来

おすすめ平均
starsやはり違うことをしていたピクサー
starsマネジメントのゴールの最高潮
stars共感できる部分がいっぱいありました

Amazonで詳しく見る by G-Tools

悩んでいるときに書店に行くと、まさに福音ともいえる本に出会えるときがありますね。

ピクサーの四原則
1.真の才能を持った人は非常にまれである。
2.管理職の仕事はリスク回避ではなく、危機が発生したときに素早く回避させることである。
3.どんなときでも本音で話し合えなくてはならない。
4.思い込みを常に見つめ直し、ピクサーの素晴らしい文化を壊しかねない欠点を探し続けなくてはならない。

はっきり言って語っている人自身が「真の才能を持った人は非常にまれである」その人そのものだと思うので、この本に書いてあることを単純に真似てもピクサーのようにはならないだろうなとある程度冷静に読みました。

それでも、2.と3.については非常に示唆に富むものでした。特に2.についてはガツンときましたね。スタッフには失敗を恐れるなと言いながら、私自身が失敗しないように失敗しないように、とやっていたかもしれません。

独創的なものを生み出したければ、たとえ困難な状況に直面しているときであっても、”不確実性”を受け入れなくてはいきません。その結果、もしも多大なリスクを冒し、失敗してしまったときは、急いで回復させればいいのです。

クリエイティブな仕事は、成功するように取り組んで危機が発生したら速攻で対応回復するというようにマネジメントをする。これは肝に銘じたいと思います。

それで、成功するようにやるためには徹底的な議論や半端な計画を叩きつぶす勢いでやりますが、一旦動き出したら黙って見守るようにしたいと思います。

あと最近、社内を見ていて気になっているのは3.ですね。

今日も萩原とつらつら話をしていましたが、紙スタッフとネットスタッフの壁がまだまだ厚い。彼は、もう会議を何度もするより一緒に飲んだり飯食ったりとか、もっと根源的なコミュニケーションが必要なんじゃないの?と言っていましたが、そう思いました。彼ら企画スタッフとメディア制作スタッフのやりとりをみてると、技術的な整合性について議論ばかりしてて一向に儲かる匂いがしてこない(笑)

それがウェブ技術的にできるできない、正しい正しくないの話の前に、一体我々は何をするのか?ということをもっと本音で話し合ったらいいんじゃないのかな。企画する側もネットだからわからないってことないと思うんだよね。ユーザーやクライアントの立場にたって考えることができるか否かの問題だから。

さて、このピクサーの経営哲学は、

●社員がお互いを信頼し、尊敬し合う関係を育み、全員が創造性を発揮できる労働環境を構築すること。

ということで、なるほどこれはそのまま真似してみようと思いました。具体的にどうやればいいのか現時点でノーアイデアですが、こうなるようにしようと思います。

この他にも、素晴らしい作品を生み出す鍵は、優秀な共同体を作ることにあって、それが映画業界のフリー・エージェント的な慣行とは正反対だと自認している、という点にはなるほどと思ったと同時に私個人についても自信が持てました。

というのもこのところネットで目立たないとビジネスできないみたいな風潮を感じていて、腰据えて地道にチームで戦ってちゃ負けなのかなぁと少々弱気だったので。twitterなんてそれをものすごく助長してると思ってますが、それはそれで個人で戦う人がいるというだけのことなのだから、今後も私自身はクリエイティブチームを作るようにやっていこうと思います。というか、さらに強化する施策を実施したいと考えています。

まぁいろいろと書きましたが、

優れた人材はそう簡単には見つからない。たまたま見つけられたとしても、才能ある人材を強調させ、効率的に仕事をさせることは容易ではない。

これがすべてなんですよね。やっぱり誰をバスに乗せるのか?これに尽きると思っています。と、なんでこんな話を書いているのかというと、新しいバスを発車させようと思ってるからです。今度は同じ過ちを犯さないよ。

関東厄除三大師をSEIHA中

先週は勢いで出かけましたが、今週末はかなり気合いを入れて回ってきました。その前にそもそも行くべきところはどこなのかを整理しておくと、関東厄除け三大師とは、弘法大師(空海)を祀る寺院のうち、次の3つの寺院。

先週行った佐野厄除け大師は、関東三大師といって、元三大師(良源)を祀る寺院のうち次の3つの寺院で、関東厄除け三大師とは全く別な物。

へえ。

ということで、さっそく西新井大師から行ってきました。

短い参道ですが、なかなか風情があります。
短い参道ですが、なかなか風情がありますね
立派な本堂です

開運招福お守り入りのおみくじがあるということで、気合いを入れて引いてみたら大吉で「おもうがままになる運です」と。さらにお守りは商売繁盛の招き猫。我ながら引きが強いなと(笑)

春も近いです

そして、翌日曜日にはさらに気合いを入れて、千葉県香取市の観福寺に行ってきました。

もうちょっときれいにしたほうが。
看板は汚かったが荘厳な感じのする山門
参拝者はほとんどいなかったけど本堂は立派
目的の大師堂です。

今回、行ってみて初めて知りましたが、香取市佐原というところは、伊能忠敬の出生地で、昔の町並みが残っているところで知られているところだそうです。せっかくなので、ちょっと観光して帰りました。

伊能忠敬先生は、記念館の裏、駐車上の横にひっそりと
時代劇のセットみたい
ジャージャー橋というそうです

街の中心に古い商店が残っていてミニ川越みたいなところです。ぶらぶらと歩くにはちょうど良いですが、あっという間に回りきってしまったので、さらに足を伸ばして香取神宮にも行ってきました。

立派な楼門
麓の参道から本殿まで随分歩きます。官弊大社だったんですね。

結構、駆け足で回っていますが、目的が明確なのと御利益もありそうということで割と疲れませんね。土日の高速割引が定着したのか、東関東道だからなのか、(そもそも寒いからか)まったく渋滞もなく快適でした。ただ神社仏閣などに面白みを感じられるはずもない子供たちの不満は募る一方で、ついに娘は友だちと遊びにいくと付き合ってくれなくなりました(笑)

さて、こういうスタンプラリー的なことやっている人って他にいないかと探していたら、厄除け大師回ったよというブログは予想通りたくさん発見しましたが、そういったスタンプラリーシステムを提供しているサイトを発見しました。

関東厄除三大師を巡る | イッテミアラリー

おぉっ、と思って登録してみようと思ったら、その場所に行ってそこでGPS携帯からしかアップできないみたいですね。よくよく調べてみたら、2007年に日立が開発したサービスだそうです。

ケータイGPSだからできること–日立のスタンプラリーサービス「ittemia」| C-NET JAPAN