【メモ】電子出版が盛り上がりに欠ける理由

Kindleが来たのに思ったようには盛り上がりませんね。1年前までは私もこれが黒船で世の中が変わると思っていましたが、夏頃には無理かもと危惧し始めて、リリース直後にはやっぱりなと思いました。実際、電子出版フリークの皆さんも最近はなんだか尻すぼみですよね。

思ったように盛り上がらない理由はただ1つ。売れる本が無いからです。もっと正確には売る本が無いからですね。

プロダクションは企画制作が仕事なのでそこに集中して取り組んでいますが、そういう視点から見渡すと、制作や販売の関係者から補給線が途絶えそうで不安な空気がひしひしと伝わってきます。

実はいまロジスティックが大事と設計に取り組んでいるのは、回りくどいかもしれないけれども、そういった土台から作らないとこの状態は変わらないと思ったためです。前線に送る物資を資源発掘から精錬、加工、組み立て生産してスムーズに搬出するための仕組みを作ろうとしています。なので制作関係者、販売関係者は強力なパートナーとして今後もしっかりと連携していきたいと思います。

ただ、そのときに1点感じることがあります。それは1冊、あえて1アイテムと言い換えさせてもらいますが、それを大事に考えているのだろうかということです。確かに巨大システムを維持するためには、大量の販売アイテムが必要です。私もいずれそういう状況にとは思っています。

しかしシステムを維持するためにアイテムが必要というのは本末転倒ではないでしょうか。電子出版の関係者には自分の食い扶持を確保するために、著者の大事な原稿を単なるダウンロードデータとして利用しようとしているところはないかということです。

いや、大きさの問題ではないですね。小規模で低コストだから良いわけではないですね。個人でやっているところも含めて、低料金だからとサービスの姿勢が崩れているところもあると思います。

私は編集プロダクションを経営していますが、書籍営業の偉い人が、わざわざ一介のプロダクションに企画を作ってくれるのは販売の自分にはお客様だとして足を運んでいる現場を見ているのでつくづく感じます。電子出版関係者は、まだまだお客様軽視の状態なのではないでしょうか。

電子化してコスト削減はどんどんと図るべきと思っていますが、それがそのままお客様軽視になっていないか。そもそもお客様は誰なのかわかっていないのではないか、私自身も自問し続けています。

【メモ】楽しくやりましょう

青年部のお役目、まだ始まってないのにすでに大変になっています。大変になっていますが、すでに考え方を180度変えて、トコトン楽しんでやろうモードにしています。

みんな仕事が忙しい家事や育児が忙しいっていうんですよ。それでなかなか全員集合ともいきません。確かにそうだと思います。否定しません。でも社長の仕事も結構忙しいんですけどね(笑)

実際時間の調整をしやすいのは確かなので、面倒なことはいろいろと引き受けていますが、いつまでも調整役だけだと面白くもなんともないので、半歩先回りして楽しく巻き込んでいこうと思っています。楽しくやっていたら、そのうち気になってみんなやってくるだろうなと思って。

そもそも、まったく見ず知らずのメンバーが集められて組織を作れって号令がかかっているのでみんな様子見なんだと思います。でもちょっとずつお会いするようになって、それぞれ推薦されて集まった人たちなので皆さんのポテンシャルがとても高いことに気がつきました。ならばと、いち早くこの距離をつめて、小さな仕事から対話を積み上げていこうと企画して動いています。こういうことは日頃から泥臭くやっているので得意です。

先日、2年間のお役目をおえた方々と忘年会だったのですが、皆さんやって良かった、楽しかったって言うんですよね。そうだと思います。また現役時代が半世紀近く前の人生の大先輩方からは「とにかく楽しくやるのが一番ですよ」と言葉を頂いていたのですが、最近なるほどと思っています。

何事も楽しんでやらないと楽しくならないんですよね。最近、毎週末宴会になっていて休日が全くないのですが、人の繋がりがもの凄い勢いで厚みを増しているのを実感します。

それとこれからは女性の時代と思っていろいろと準備していたのですが、まさに女性が力強く活動している組織での運営なので、そういった面でもダイレクトに自分の仕事にフィードバックが効いていて、これまたとても楽しくなってきました。

今年から来年にかけて、動いた人に勝ち(価値)があると思ってひたすら実績作りに励んでいたのですが、来年に向けて今度は楽しくやるのが勝ちだと思っています。

【メモ】電子書籍だから

「紙は・・・だから」「電子は・・・だから」と、前置きがつくと、最近はまたかやれやれと、思います。出版不況だから、本が売れないからも似たようなものです。

だからなんですか。

紙だから売れない、電子だから売れない、不況だから売れない、本が売れないから売れない。結局行き着くところはそこですよね。結論が分かってることをしたり顔で小難しく言うからまったく困ったものです。

もちろんわたしも「紙だから」「電子だから」と言いますが、その次に「こそ」をつけていくことを常に強く意識しています。

それに改めて気付いたのも「紙だからこそ」の企画を考えているスゴ編に会ったためです。

来春に向けて電子書籍の総合出版社を創るべく活動開始していますが、昨日新編集部のキックオフミーティングを開催しました。来週、初回の企画会議を行い企画を決めていきます。

それにしても、これも最近つくづく思いますが、売れない人って検討ばかりしているんですよね。あとは他人の検証ばかり。

自分の検証が大事ですよ。

電子だからこその企画ではやく結果を出して検証に移ります。

【メモ】スゴ編に会って電子出版の企画について話をしてきた

編集者.JPというブログメディアを運営しています。多忙で休載していましたが、今月から再開する予定です。

http://www.henshusha.jp

たまたまこの連載に協力してくださったスゴ編二人に立て続けてお会いする機会があって、孤軍奮闘中の電子出版事業の展開について相談しました。

二人とも現在は経営者やプロデューサーとして新規の出版事業立ち上げに取り組んでおられ多忙な中、それぞれ2時間、3時間と話し込んで、ほんとうに有意義な時間を頂きました。お互い売上を背負っているので相当真剣なブレストになったことは言うまでもありません。

どういった企画をどうやって提供していけば「売れる」のかという話。

ちなみに二人とも現時点で電子出版の事業収益化に懐疑的です。かくいう私も現時点で満足行く収益は上げられないと思っています。その上で、新しい取り組みを始めているわけですが、今回提案した内容については、双方ともに継続して検討を快諾してくださいました。

本当によく考えているなぁ。そして動いているなぁ。負けられない。

【メモ】出版社を創る その2

すでに取りかかっているので創るではないですが、ほぼ立ち上げから携わっているQuickBooksです。1年半も前にプロジェクトリーダーが予言していた現在の未来像に賛同し、かつ実現に向けて今なお骨を折ってくれているカウンターパートのためにも、ボーンデジタル総合出版社として成功に導きたいと思います。

先行き不透明な世の中、誰もがババを引きたくないと一歩引いて「ああすればいい」「こうやればいい」と美辞麗句が踊っているわけですが、自ら泥まみれになって動くというところを見て一緒に仕事をすることを決めました。相手も本気なので、私も本気の証拠に名刺を作ってもらって自社の名前ではなくて営業します。

大仕事ですが上場企業の看板と実績経験豊富な制作会社に豊富な情報。これだけの素材を与えられて面白くないわけがないですね。しかも誰もやったことがないという。とにかく大事なので本当に本気でやるという意味では、まずは自分が身一つになって背水の陣でやらないとダメだ!と思いました。

そのため以前も書きましたが、まず当社の事業再編を行い現場を任せられる体制を作りました。すでに取引先にはご挨拶をしてまわっておりますが、マネジメント専門のスタッフをあて稼働しています。この構想は6月に端緒をつけ7月に採用、9月からの実働3ヶ月で収益が上がるようになってきているのでほぼ予定通りです。

経営者としてはチームのメンテは必要なので完全に目を離すわけにはいきませんが、方針計画はズバッと確定させているので、後の工夫は現場に任せています。そういうわけで、先週からは電子出版事業部を一人で稼働させ本気も本気、何もかもゼロスタートにしたかったので朝も事務所には出社せず、現状はオフィスがない状態からスタートです。社員もゼロです。当然秘書もなし。全部自分でやっています。

正直かなりシンドイですが、だからこそ未来に向かって仲間を集めて任せられる体制を作ろうと発憤もできるわけですよ。それまでは自分でやるほかないです。またプロジェクトで全部の部分を自分一人で担当できるわけではないですが、より良く早く結果を出していくためにも、パートナーとして言うべきことは言うということで、じゃんじゃん提案してより良いものにしていくつもりです。

今までと違うものを創るわけですから、器自体も新しく創ろうという考えでいます。何度も書いていますが「編集者」という職業は不要にしました。企画の仕事、制作の仕事、販売の仕事、それぞれ誰が何をどう連携するのか、いま仕分けしてエスカレーションフローをまとめるところです。

プロとしては1冊出版できて「やったー!」と喜んでいるアマチュアと同じ土俵に立つわけにはいかないので、継続した商品開発ができるロジスティックを組み立てることが目標です。販売収益を上げて事業として回るように。なにより永続的な事業展開ができるようにする。そこに尽きます。

今回、企画、制作、販売の3つの部分にそれぞれ課題を設定して、かつチームを作ることにしました。散々このブログでも人集めを書いてきましたが、賛同頂いている人々とすでに稼働を始めています。これらの方々とは長く仕事ができるようにしていきたいと考えています。

ともかく、10年ぶりぐらいに一人っきりで仕事をしています。一人で本の企画を考えていたころの状態に戻りました。当時は売れる本作らないと会社にいられないと思ってやっててそれだけでプレッシャーでしたが、今度の仕事は、関係者を巻き込んでそれで売れる結果を出すという。

これは相当なやりがいですね。チャンスを貰えたことを感謝しています。ともかくも、この仕事は楽しみながらやりたいと思います。

【メモ】今日は20年近く前のことを思い出した

研究者を目指していたころ、教官の先生方のうち名誉教授の方々には、戦地に行った方や海軍兵学校卒業の方がいらっしゃいました。もう20年近く前のことですが、先生方は当時70歳前後だったと思います。兵学校卒業直前に終戦になって戦後苦労して40を過ぎてから研究者の道に進んだといった先生がおられました。

指導教官ではないのですが、当時他の先生方が全く見向きもしないパソコンを熱心に導入されていて、私がパソコン(当時はDOS)を教えるかわりに雑誌寄稿論文の指導をしてもらうという取引でお付き合いさせて頂いていました。

実はずっと烏山近辺に住んでいるのも先生のお宅がそこにあって通っていたためで、パソコン書の出版社に就職したのも先生とのお付き合いでコンピューターの方が面白くなってきたためでした。

辞めるときは指導教官の先生とは随分ぶつかりましたが、名誉教授の先生方からは「研究はいつでもできる、食べられる仕事につけるならそちらを優先しなさい。僕も研究を始めたのはね・・・」といった言葉を頂いきました。今になってそれらの先生方の言葉の有り難さがわかります。お陰で今の仕事がありますし、本当に40過ぎてまだまだこれからスタートだと思うことばかり。

また水上戦闘機のパイロットとして南太平洋の戦地で活躍された、まさに戦地帰りという言葉が似合う、本当に厳しい名誉教授もおられました。今でも忘れられないのは、研究者として大成したいなら戦乱の世を選べという話。戦国時代、幕末、近代は研究者の数も多くて競争も激しい時代です。恐らく細々とニッチなテーマを選んで、ちまちまやっている学生に発破をかける意味での言葉だったとは思いますが、今まさに先生方が苦労された戦後の混乱期のような時代となって、これからどういった道を選択すればよいのか、何か指針のようなものを、当時すでにもらっていたような気がしています。

そんな昔話を思い出したのも、今日のプロジェクトミーティングでカウンターパートの方が、前例なし制約だらけ、その上妨害や混乱を巻き起こされている状況をものともせずに、トップ中のトップを目指し戦場を絞っていきましょう!という超前向きな話となったためでした。制約上等、正面頂上突破です。頑張りますよ。

最近はランチェスター戦略で編プロ事業も完全復活させたので、そう言った意味でも次の作戦も自信があります。

【メモ】社長はお客様のところに行け

ブログに限らずですが書いたことは実現します。お陰様で毎週のようにご紹介を頂いて、電子出版を考えているという方々のご相談に乗っています。本日もお二人お見えになり、来週お一人予約となりました。

いまは一人でも多くの方にお会いして、一つでも多くの仕事を作ることを考えています。私が持っている知識は殆どすべて提供しています。また電子出版の将来についてディスカッションさせて頂いています。お世話になっている方々からのご紹介の場合は無料です。

その方が何を求めていらっしゃるのか素直な心で話をお伺いして、我々ができる最善の計画をご提案しています。もちろんその場合は、役務を提供する以上は無料だと姿勢が崩れるのでしかるべき費用は頂くことにしています。

当然ですが満足頂く仕上がりするべく妥協を許さない仕事を1番に考えています。今週は新刊のデザインをご提案させて頂きましたが、大変に喜んで頂き一発OKでした。新しい仕事で新しい結果を出してお代まで頂けて、これほどやりがいのあることはないと感じています。

当社は一体何をしたらよいのか?

それが分からないときはお客様のところに行け。これほど有り難い教えはありません。さらにお客様のところに伺います。

【メモ】身を削らないと人の話は聞けない

大事に取り組むとき小事をおろそかにしないのは至難の業です。逆に日々の仕事の仕上げに追われ、本当にやるべきことが疎かにならないように注意していますが、いずれにしても、身の回りのこと、それに細々とした雑事をきちんと誰かにやってもらう体制を作り、余裕を作らないといけません。

実はそういう半径1メートル以内の体制立て直しをしていて、なかなか仕事の進捗が進んでいないのには、そういった隠れた問題があったためでした。

自分が変わらないと相手は変わらない。相手の話をしっかり聞いて、その上でやって欲しいことをお願いする。書けばひと言ですが、相手の話を聞くというのは往々にしてそれは双方ともに不満や不安を抱えている状態であったりするわけですが、身近にいればいるほどそれぞれ思いも強く、また素直になれないところもあったりして、マネジメントで一番難しい局面だと思います。

やって欲しいこととは違うことを考えていたり、やって欲しいことを勝手に解釈していたり、などなど、そうじゃないんだよ!、というズレを正すために、何が問題で何を考えているのかを素直に聞いて、それから何のためにどうするのかを改めて丁寧に解説し、それからようやく本当に今やって欲しいことを思いを込めて説明して、任せたあとやっぱり出来るまで待つ。

対話は大切と、これまた言うのは簡単ですが、そこにかける時間や精神力は、生半可な情熱では補えないと痛感しています。

大変難しく書きましたが要するに奥様や秘書のことです。1に我慢、2に辛抱、3、4が無くて5に忍耐。無事解決し体制も新しくなりました。ありがとうございます。お陰様で日々鍛えられていると思います。

歩々是道場。

【メモ】最初に適切な仕事をすること

短期間にスパッと仕込んで、サクサク作っていくために、未来像とともに枠組みと方針もきちんと決めて関係者としっかり共有しておく必要があります。

今回は、新しく出版を始めるにあたって、制作するコンテンツが購読者に認知されたあと、どういった行動を促すのかということから考えています。

作るべき本は、「今すぐこっそり買いたくなる本」と「いつでも読み返せるように手元に置いておきたい本」に絞ります。これとは別に、「著者が作りたい本」も作っていますが、これは少しストーリーが違うので別に考えています。

仕事の枠組みとして作業工程は、

1.企画
2.制作
3.販売

の大きく3つの部分に分けて、それぞれさらに2つの作業区分に分けて設計しています。

このうち2.の部分の工程の詳細を最初に詰めています。次に1.の部分を現在パートナーの協力を得て準備しています。3.については、管理の部分と促進の部分に分けて設計をしていて、本日は具体的にウェブサイトの開発にも着手しました。

未来像を考えるのは割と簡単です。ただしそれを大ボラとして吹くのはちょっと大変な仕事です。そしてそれを緻密な文章にするところで多くの人は燃え尽きがちで、その文章を説明して人々にお願いして、それを実行周知徹底するまでには、筆舌に尽くしがたいほどの、いや血のにじむような努力が必要です。

それで最近なかなか進んでいないように見えると思うのですが、それはあんまり張り切りすぎて燃え尽きないよう注意してセーブしているところがあるためでした。

経営者はやっぱり何年もできる仕事じゃないとつくづく感じますが、せっかくなので、それを楽しくやれるようにいろいろと工夫しようと思っています。

【メモ】Kindleは買わなかった。

皆さんのTLを見ていると予約していた人たちにはkindleが届いているようですね。私は注文しませんでした。

買わなかった理由は、そこ(e-ink端末)にお客様を作ろうと思っていないからです。

1年半前に読書端末としてe-ink端末をUSから購入して手にしたときには本当に素晴らしいと思いました。koboも買いました。そして、あちこちでいろんな人に見せました。その結果わかったことは、この器に入れるもの、入れるのに相応しいものはあくまでも”紙の本”だなということ。実際、ヘビーユーザーの方々からも話を聞く機会を持ちましたが、皆さん「読書」が趣味の方々でした。

このような方々を満足させる電子書籍をボーンデジタルで作るのはなかなか大変な仕事だなと思いました。弊社では紙の本を作る仕事もやっているので、ここを考えるのは後回しにしようと思いました。

そしてやってきたAmazonオープンですが、kindleについては身近にいる人たちは誰も買ってもいませんし、買おうともしていませんでした。家族、友人、知人、誰もいません。だけどスマホは持っているし、タブレットは買おうとしています。だったらそこに投入すべき商品を開発すべきだろうと考えました。

スマホやタブレットを持っている人に、アプリや動画や音楽などの競合に対抗して読書体験を購入してもらえる商品の開発。何が敵で何がライバルか。

いま考えていることは2つ。1つは今すぐこっそり買いたくなる本、もう1つは、いつも手元に持って何度も読み返したいと思える本です。前者についてはスピード感ある発刊システムを作って対応しようと思っていますが、ここ最近、強く後者について考え始めています。

選挙戦の様子をみていて益々世の中混迷の度合いを深めていると実感します。来年はさらに多くの人が原点回帰を求めていくだろうと感じます。そういうときに求められる言葉は何か、ほんの少しだけ答えは見えました。

kindleもちろん仕事で買います。しかし、個人的に使うタブレット端末はnexsus7が最高だと思います。