ハローワークに行って生産性向上を考えた

ここのところ労基署、法務局、税務署と立て続けに、お役所に呼び出されたり、調査にこられたりで出かける用事が増えました。

日頃こういったお役所手続きは一切任せていますので、久しぶりに実際に窓口に出向くといろいろなことがわかります。基本的に手続き多すぎ、紙が多すぎ、人も多すぎだと思いますので、改善すべき点は山のようにあると思いますが、いわゆるお役所仕事というのは、もう昔話だなというほどに進歩はしていると思います。

今朝はハローワークに育休申請と延長と離職者の手続きがあるとのこと。退職者がいない限りほぼ用のないハローワークですが、育休社員がいるため2ヶ月に一度古屋さんが手続きに出向いて、以前から書類提出するだけなのに、なぜわざわざ出かける必要があるのか?と疑問に思っていたので、今日は代わりに出かけて実際どうなのかこの目で確認してみることにしました。

離職者は事前に聞いていたとおり、スピードボックスなる処理手続きがあって素早い手続きでしたが、育休手続きの方は、案の定、銀行窓口以上に待たされました。この間30分以上。

こんなところに社長がわざわざ出向いてと思われるかもしれませんが、私自身はスマホがあれば大抵の仕事が片付くので、待っている間もポチポチ処理してて何の問題もありません。

しかし、こうやってこちらは寸暇を惜しんで必死に稼ぎ生産性はどんどん高まりつつも、真横では不毛な手続き処理で時間と予算を浪費されているのかと思えば、気持ちは盛り上がりようもありません。

ただ最近は、世の中そう簡単に変わるものではないな、とも思うので、昔のようにそういう様子をみていても「なにっ!」と思うこともなく是非もなしです。

ようやく呼ばれて受け付けてもらいました。用件は2つ。1つは質問だったのでどうすればいいのか担当者に不足内容を鉛筆書きしてもらい、もう1件は処理しますとのことで再び待合席に。

そこで、はじめは別の場所で待っていたので気付きませんでしたが、大型モニタに目をやると電子申告の文字。

こんなお役所スライド誰が読むのかってネット民はくさすだろうけど、じゃあそういうお前が作ってみろよと最近は思う。

(古屋さん電子申告が無いようなこといっていたけど、これそうじゃないのか?)と、思って見ているうちに再び呼ばれて席につくと書類不備。まさかのためにと実印ももってきていましたが、それだけでは不足とのこと。

「これ、またやってきて並ばないとならないんですね」「はい。そうです」まさに天を仰ぐとはこのことですね。「ちなみにこの手続って電子申告できるんですか?」と尋ねると「できます。あそこのブースで相談乗っています」とのこと。ふとみるとフロアの隅に小さな看板が。

え?ここにいるの?と、囲われたブースを覗いてみるとスーパーの占いコーナーのような小さなブースにお姉さんが占い師のように一人座っていました。いつからやってるんですかというともう10年近くになりますとのこと。

初心者だと思われて懇切丁寧に説明を始められたので、Java?わかります。API?いまいらないです。要するに電子認証をとればいいんですね。と山ほどある書類をもらって短く切り上げて帰ってきました。

「皆さんご存じないんですよね。これこそ”働き方”改革だと思うんですけどね」

そうですね。こちらは1万5千円ほど払わないといけませんけどね。ただ、わざわざこのためだけに半日近く潰すことを考えたら安いものです。

もしかすると、たまに古屋さんがのんびりここまで散歩がてら手続きに出かける楽しみもあったのかもしれませんが、我が社の生産性向上のため、この既得権益を剥奪することにしました。

ガンダムスタンプラリーに参戦、完全攻略しました

はじめに

Facebookではダラダラと報告していましたが、スタンプをコンプリートして景品ももらいましたのでブログにまとめました。

スタンプラリー自体の説明は面倒なのでこちらを参照してください。あれを1日で終わらせるとか、この記事ネタ自体が完全ダイジェストですね。

【激闘レポ】JR東日本ガンダムスタンプラリー1日制覇の旅! 全65駅を始発で一気に回りまーーす!! 14時間半の死闘の結果……

なぜ始めようと思ったのか

何も知らず打ち合わせで新橋駅に出向いた時に、スタンプ帳のラックがすでに空になっているのをみて、「これは乗り遅れているのかもしれない!」と、わざわざ駅員さんに在庫をもらって始めました。

とりあえず7個集めたらいいんだろ。あっという間だよと軽い気持ちで開始。

日頃は車で通勤している上に、そもそも私鉄沿線で、JRもたまに打ち合わせで出かけるときに山手線に乗る程度です。

上京当初こそ、電車網が楽しくてほとんど乗りつぶしていましたが、最近はいろいろな電車が増えて、特に新宿駅から関東近郊へいく長距離路線は、いまだにどれに乗ればいいのかさっぱりで、遠出するときももっぱら車と、さらに乗らなくなりました。

久しくJRにも乗っていないし、いろいろ変わっているであろう街の様子も実際にみてみようと、加えてこのところ自宅の引越し先を探そうとも考えていたので、このスタンプラリーを利用して、あえて普段行かないようなところにいくのは、いい勉強の機会だと思い、やれるところまでやってみることにしました。

攻略開始

フリーパスを使うと安く回れるとスタンプ帳に書いてあったので、最初は遠いところから攻めていこうと決めました。ただ行って帰ってくるだけでもなぁと逡巡していると、珍しく家内が迎えにいってもいいよというので、昼前にフリーパス東側圏外の松戸までクルマで移動し、そこから松戸→南流山→新松戸→柏→我孫子→取手と回って常磐線フリーパス圏外を順調に攻略しました。

おじさんばかりだろうとおもいきや、意外に女性も参戦してて驚きましたが、一人1冊というのに何冊も押してるのは男女問わず同年輩で、後ろに待っている人が並んでるのにもかかわらずボードの写真撮って、それからおもむろに何冊もスタンプを押していたりして、なんだか見てる方が恥ずかしい光景も多かったですね。

でも降りたことない駅、久しぶり行く駅あって、電車内や駅ナカ駅前調査が一度に出来てこれはいいかも。65駅全部行ってしまうかも。と思いました。

実際あっという間に7つ集まったので楽勝だと思ってました。このときは。
甘やかして子育て失敗しかけている次女が半日だけつきあってくれました。が、お腹が空いた、喉が渇いた、まだ終わらないのかと、降りるたびに気が散ってほとんど進まず。
自宅から1番遠い常磐線を制覇。本日の奇跡の一枚。ここからも富士山見えるんだ@亀有駅
女性が結構参加していたのは意外でした。

苦戦

翌週末は、西荻窪から神田まで総武中央線乗り潰しました。初めて東中野駅に降りたのですが、新宿の近くなので路線図でもいつも目にしてるはずなのに、今まで街として全く認知していませんでした。今回のスタンプラリーでの最大の収穫は、日頃から意識していない駅で降りてみたという体験ですね。

ただ、このときになって多くの人が山手線から先に潰しているという情報をネットで得て、そちらは空いている時間や打ち合わせのついでに、ちょっと回ればいいだろうという考えが、甘い見通しだったと後々苦戦することに。

東中野ほんとうにこの時までまったく認識のなかった駅でした。
四ツ谷駅で張り出されていたこのセリフ。このときあと2週間なのにまだ半分以上残っていて苦戦していたので思わず笑ってしまいました。駅員さんもノリノリなところとそっけないところとありましたね。

大苦戦

さらに翌週末は、埼京線、京浜東北線北側からスタート。電車がどんどん来るのはいいのですが、ひたすら長いホーム歩いて階段登って降りて、終了間近で人も少なく、日頃から閑散としてるであろう改札前で地味なメカのスタンプ押してると何の苦行かと思えてきました。

でもこの時点でまだ残り二十数駅。この日にあらかた潰してないとゴールが厳しいので、ほんとうは疲れて帰りたかったのですが、なんとか京浜東北線の南側まで行くことにしました。

改札前にも人がまばらでスタンプ台には誰もおらずガンペリーという地味メカでしんみりきました。

しかし、行ったことがないところだからこそ、思い切って行って見るものですね。右往左往しながら最後についた高崎線の尾久駅で、ここから僅か20分で品川に一本でいけることがわかりました。このおかげで京浜東北線の南側も完了。ほんとうにこのワープ路線が無かったら完全に心折れこの日は帰ってスタンプコンプリートも不可能だったと思います。

尾久駅は今までずっと「おぐ」だと思ってました。そして、なんとここから品川まで一本で行けることをいま初めて知った。スタンプラリーの終わりが一気に見えてきた。

品川駅についたら人が溢れスタンプもメインキャラで元気取り戻しましたが、そろそろこのセリフが使えるほどに若くは無いことを、認めたくないものだな。と。まだあと2年ほどは40代。

もう若くはない。

終戦

最後に残した山手線の南側を、仕事に忙しいサラリーマンの白い目を気にしつつもコツコツと潰して、最後にたどり着いた駅は総武本線の新日本橋駅。ここも初めて降りました。そして寂しい地下通路で誰に祝福されるでもなく心静かに65個目。わざわざ一度行った東京駅から乗り換えて来たのですが、改めてGoogleMap見ると、ここは神田駅から徒歩5分。最後まで学びが多いスタンプラリーとなりました。

それにしても生まれて初めてスタンプをコンプリートしました。初日だけ物珍しく付き合ってくれた家内に、半日嫌々付き合ってくれた次女を除けば、この一月ひたすら孤独な消化試合。ラストスパートでひとり盛り上がったのもつかの間で、やはり最後はひとり寂しくゴール。まるで人生の縮図のようだなと。大げさですね。

帰ってから写真見て気づいたのですが、何気に感動のラストシーンだったんだな。

戦利品

7駅制覇したらもえるステッカー。これが簡単にもらえたために全駅制覇の野望がふつふつと。
7駅制覇したあと、各地にあるJRの駅ナカ店舗にてSUICAで買い物をするともらえるカード。セイラさんのカードは次女と一緒にいったときに最初にもらって「あっ!」というまに開封されてしまった。。。
カードの裏面。揃えると1つの絵になるのがわかって結局全部揃えることに。これだけで3,000円近くつかってることになるな。。。
39駅制覇したらもらえるイラストボード。最初にもらえるステッカーを貼るためのものらしい。全部終わって一気にもらったので感動は薄い。
最後はこの65駅制覇でもらえるJR特製ガンプラをなんとしても手にすることだけを考えて踏破ました。作るとはまりそうだし、作ってもそのうち次女に破壊されるだろうと思われるので、蓋を開けてはそっと閉じるを繰り返してる。

全スタンプ

よく頑張りました。

「Amazon Kindle 読書術」が3月の月替わりセールで選ばれました

こういうお知らせは何度あっても喜びは減らないものですね。本書が発刊してから何度目かの、新版となって2度めのKindleセールでのエントリーです。

先日POD版をリリースしたので、その販売価格に対して73%引きという表記になってますね。

先月までKindleUnlimitedのお薦めアイテムにも掲載されていましたが、そちらでも随分と読んで頂いています。

「読まれる本」をつくることを標榜して金風舎を始めましたので、これほど喜ばしいことはありません。

しかも「ベストセラー」の評価でさらに嬉しい。

「ISSHIKI通信04」発行しました

今月送付の請求書に同封してお届けしています。

PDF版のダウンロードはこちらから →

ISSHIKIサービスは、編集者の皆さまが企画編集作業に集中できるよう「本作りをラクに楽しく」をモットーに、エディトリアルデザイン、装丁デザインの技術力とともに接客力の強化も図っています。

掲載実績は「主な」ものです。すべての実績はウェブサイトで更新しています。 ISSHIKI | 一式製作所 | 株式会社デジカル

上半期決算

第15期上期が終了しました。前期の驚異的な伸びには及びませんが、一昨年レベルでは堅調に推移させています。

ISSHIKI2.0

ちょうど1年前にスタートさせたISSHIKI2.0ですが、そこで予言的に書いていたとおり、今まさに3.0の企画を現場で検討しています。日々制作業務に邁進していて社員も実感が薄いと思いますが、着実に成長していると考えています。

ほんとうに小さなことですが、例えば工程管理で悩んでいる社員が使っている手書きのカレンダー手帳を見て、もっとマス目を大きなものにしたらどうか?というレベルから社内で対話をして改善しています。そんなことで?と思うかもしれませんが、効果は絶大です。

残業ゼロ

上期の必達項目としていた残業ゼロ。もちろん受託事業の都合上、時間軸を顧客に合わせなければならないところもあるため皆無にはなっていませんが、無計画な残業はゼロにしました。

「一流」化計画

昨年のコンテンツ東京の出展後にHONTENTSを解散してEMDという事業概念にアップグレートさせました。ただし、これまでのようにただひたすら勢いに乗って、また社長の思いひとつで先鋭化させ進出拡大するのではなく、将来的にこの分野を確実に伸ばすことを前提に、商材、資金、環境、人材の全てのロジを、全社で統一調整して組み立てることに集中しています。これを「一流」化として定義しています。

RAIZAP

なにより今期上半期の特筆すべきトピックはRAIZAPです。結局1月いっぱいまで定期的に通って、現在はコンテンツ東京終了まで一時中断していますが5月には再開する予定です。結構な額をつぎ込みましたが、未だにリバウント無し、超健康になって風邪どころか今半期は体調不良ゼロで、費用対効果は非常に高かったと報告したいと思います。

専属トレーナーさんには食事のことと筋トレ手法について様々レクチャーしてもらうと同時に「ここに通ってもらうことで健康になってもらいたいんですよね」という言葉をもらって開眼したのですが、健康は知識と習慣に尽きることを実感しています。

この当たり前の気付きはかなり大きなものがあって、いまは常に健康的な経営とは?という命題を掲げ、自身の業務と事業計画の改善にあたっています。

まとめ

個人的な体質改善で劇的な変化を自覚していますが、変化、変革は混乱を生じることなので、そういう意味では大変な半期でした。ただ常に展望を失うことがなかったという点で、昨年どこかで書いた転換点を通過している実感があります。

今回転換して進もうと考えている行き先の未来像は8年後のものです。そこでどうなっていたいのか、社員はどうなっているのか、というところから逆算して、今から何をしないといけないのか、といった課題設定をしています。

昨年までは下半期はどうするか、といった短期的な見通しを立てることに精一杯でしたが、そういった計画立案の時間軸設定も、自然に変化していることを実感しています。

KindleUnlimitedのおすすめタイトルに選ばれました

コンピューター・ITおすすめタイトルに『インスタグラム・マーケティング入門』、ビジネスおすすめタイトルに『《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!』が、それぞれ金風舎既刊からピックアップされています。

『Kindle読書術』は昨年改訂しましたが、『インスタグラム・マーケティング入門』は、2015年刊で表紙のインスタグラムのアイコンも変更されて久しいのですが、初版のままでも好評頂いているようで大変嬉しい限りです。

どちらも当初はKindle版のみの発刊で、後日ペーパーバック(POD)版をリリースし、インスタグラム本の方は、PODもかなり売れコンビニ配本までして頂きました。

インスタグラム・マーケティング入門

《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

以下、この機会に、この件に関連して考えていることをまとめておきたいと思います。

実は、昨年後半から意図的に金風舎の新刊発刊スピードを落としています。企画立案も積極的に進めていません。

まず単純にディレクター人材不足が理由で、ただ、こちらは人材採用と同時に育成の必要があるとはいえ、課題としてはそれほど大きくなく、いずれ解決できる課題と考えています。

発刊スピードを落としている大きな理由は、電子出版を実践してきて、従来の出版にはない部分で提供できる価値が「複数」あると判明し、これを上記のような「商品」としてだけでなく「サービス」として提供することを模索し、その開発を優先しているためです。

特に今回ピックアップされた商品は、いわゆる読み放題サービスに提供されており、印刷物としても提供されています。そして街にある書店には流通させていません。

このような出版の形態を電子的出版もしくはデジタル出版と位置付け、消費者としての購読者側と同時に、執筆者としてのクリエイター、または組織でコンテンツを保有している方々に対し、出版サービスを提供していきたいと考えています。

さらに、このしくみを土台にネットでの情報発信のしくみを加えることで、自費出版や同人出版などの範疇に留まらない、様々な企画を立ち上げることも可能と考えています。が、夢広げるのはよいのですが、実現には資金よりも時間が必要だと最近は痛感していて、1つずつ着実に駒を進めていこうと考えています。

出版不況で考えていること

定点観測記事です。自分の振り返りと展望の確認の意味で書いています。過去記事もありますが、読んでも役立たないのでリンクは貼りません。

出版不況、雑誌販売の不振が深刻…初の10%減|BIGLOBEニュース

もはや感想としては「承知しました」以上です。

さすがにこの状況で絶好調という会社はごく少数と思いますが、いまどき「不況だから業績が悪いんだ」という経営者の方はいらっしゃらないのではないでしょうか。そういった意味でも、こういう記事にどんな価値があるのかと思いますが、そもそもその新聞も読まれてないよねと思ったり。

少子化、人口減と同じで、生産性を高めていけばよい話と考えています。逆に減少した分、必要な仕事も減るので、自ずと業界での深夜残業もなくなって労働環境も健全になっていくのではないかと思っています。

この先、生きた化石として生き残るか、環境変化に適応して進化していくか、2つに一つだと思いますが、当社としては書店流通の版元ではないので選択の余地なく後者で、2つの側面でこの状況を捉えています。

第1は現場「編集者の皆さまの企画編集業務を楽に楽しく」をモットーに、ISSHIKIサービスの強化に努めること。

もう1つは、全国に潜在的に眠る出版需要に対して、ネットでの情報発信を組み合わせたデジタル出版サービスを開発展開することです。

後者については、この数年、あれもこれもやりたいばかり先行してきました。実際、まだまだいろいろなことができると考えていますが、松下幸之助翁の不況心得ではないですが、いまは人材育成と組織づくりが先と考えています。

焦らず着実に駒を進めたいと、最近はそのように考えています。

■不況克服の心得十カ条

第一条 「不況またよし」と考える
第二条 原点に返って、志を堅持する
第三条 再点検して、自らの力を正しくつかむ
第四条 不退転の覚悟で取り組む
第五条 旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る
第六条 時には一服して待つ
第七条 人材育成に力を注ぐ
第八条 「責任は我にあり」の自覚を
第九条 打てば響く組織づくりを進める
第十条 日頃からなすべきをなしておく

「将軍」の本

ソフトカバーのビジネス書もまだ少しは読んでいますが、最近は手に取ることが少なくなりました。ほとんどが読んだことある(実践している)内容になってきているためですね。

そこで最近見つけた新しいジャンルは「将軍の本」。ロジスティクス、リーダーシップ、戦略について最近読んでいる3冊を紹介します。

上2つは湾岸戦争時のアメリカ陸軍の将軍の本でかなり古い本です。たまたま見つけました。

ロジスティクスは、この先経営者として仕事を続ける以上、恐らくもっとも考え続けなければならない分野の1つと考えています。兵站が大事などということは、それこそ中学生のころから知ってましたが、それが具体的にどういう仕事をすることなのかは、最近になってようやく体感で理解できるようになってきたところです。

リーダーシップについては、日本のビジネス書は畳の上の水練教科書のようにしか思えず、せいぜい書店でパラパラする程度なのですが、一軍の将たる方が、若き小隊長のころからどのように考え行動し、将となったときにどのような心の置き方で振る舞ったのか、よくここまで記録や記憶が鮮明に残っているものだなと驚くとともに、いまの自分にはあまりに吸収濃度の高い内容で、なかなか読み進めません。

戦記物は腐るほど読みすっかり飽きましたが、なぜこの分野の本をこれまで手に取らなかったのか後悔するほどです。もっとも、これまでの自分の仕事が、せいぜい下士官レベルのものだったということなのだろうと思います。

最後の1冊は自衛隊の将軍ですが、日本のビジネスパーソンの生産性向上には、戦力回復の観点が抜けているとか、目から鱗が落ちる内容です。

山・動く―湾岸戦争に学ぶ経営戦略

リーダーを目指す人の心得

自衛隊元最高幹部が教える 経営学では学べない戦略の本質

「ISSHIKI通信03」発行しました

今月送付の請求書に同封してお届けしています。

PDF版のダウンロードはこちらから →

ISSHIKIサービスは、編集者の皆さまが企画編集作業に集中できるよう「本作りをラクに楽しく」をモットーに、エディトリアルデザイン、装丁デザインの技術力とともに接客力の強化も図っています。 掲載実績は「主な」ものです。すべての実績はウェブサイトで更新しています。 ISSHIKI | 一式製作所 | 株式会社デジカル

両面印刷して三つ折りにします。

「コンテンツ東京2018」に出展します

昨年に引き続きコンテンツ東京に出展することにしました。すでに昨年の開催時にその会場で契約をしていたのですが、今回メインスタッフとなる社員に、昨日開催された出展社向けのセミナーに参加してもらい、それを社内プロジェクトとしての正式なキックオフとしました。

前回は第1回グラフィックデザインEXPOで出展しましたが、今回はコンテンツマーケティングEXPOに出展します。

2018年4月4日(水)~6日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン(株)

昨年は勢いに任せて出展しました。出展によって大きな売上に直結したわけではありませんが、参加しなかったら営業することすら叶わなかったような企業から仕事の機会を頂いたり、自社で提供できる技術が何かを整理することができたり、社員の思わぬ力に驚いたりと、獲得できたもののほうが大きかったと振り返っています。

一方で、大急ぎでまとめた要素技術だけでは売ることは難しく、一般に伝わるような価値に落とし込めてなかったことを現在も課題として抱えています。この気付きにより昨年よりデジカルの「一流」化のプロジェクトを進めていますが、これからの出展準備を、この当社の提供価値の部分を1つにまとめる過程と同期させていきます。

前回は私一人で進めましたが、今回は社員とともに考え、準備を進めていくことにしています。この他、考えていることはいろいろありますが、今回はあれこれブログに書く時間を作るよりは、実際のサービスの作り込みに注力したいと考えています。

開催が迫りましたら改めてご案内いたします。