ただいま成長中

デジカル創業した2003年10月に生まれた次男ももうすぐ15歳です。ということは高校受験生です。

何度か「育て直し」で記事書きましたが、彼は生まれてすぐに病気にしてしまい2週間ほど入院することになって、危うく死ぬかもしれないところでした。原因は私自身で、あまりの激務のため免疫力が低下していたところに感染症の病原菌を生まれたばかりの彼に持ち込んでしまったためです。

小児科の専門大病院に入院したのですが、夜面会にいったときに、薄暗い病棟、それも真新しい小児科らしいデザインの大規模病棟でしたが、その薄暗い病棟のあちこちから小さな子どもの鳴き声が聞こえてくる光景が今も強烈に目に焼き付いてます。

それから数年して元気になってよかったと安心していたら、今度は「あれ、この子はしゃべるのが遅くないか?」と気づいて、気づいたときには重度の中耳炎で片耳が聞こえない状態になっていました。これまた仕事に忙しくて、しかも上の二人の対応にも忙しくて気づくのが遅くなりました。

そしてまたあの病院に入院。手術して無事耳は元通りになりましたが、暫く耳が聞こえなかった後遺症で上手くしゃべれない期間が長く、小学校に入学しても勉強がついていけるかどうか、高学年を越えられるかどうかと言われたのを覚えています。

それからの6年間、毎週月曜に家内が言葉の教室に連れていき、先生方の指導のお陰でいまはまったく何の問題もありません。多少遅れた勉強のキャッチアップに苦労はしていますが、そもそも偏差値だけ高い高校、大学に進めばすむ時代でもないので、彼の素養を活かせる学校に進学できればと考えていて、今回将来性ある行き先も見つかったのでそこに向けて頑張っているところです。

この次男のことについては、遅れているということで、いろいろな人がいろいろなことを心配して言ってきましたが(それを家内から間接的に聞いてましたが)、そのたびに、この子にはこの子の成長があると、だから何だと思って聞いていましたが、今となってはそれで間違いなかったなと思っています。

と、長々と振り返って書いているのは、私の中で、この子とデジカルの成長とが完全にオーバーラップしているためです。そして会社もいろいろありますが、私自身が諦めず、芯の部分で社員の成長が続いている限り、なんとかなるし、またいくらでも成長変化していくものだな、と最近も実感しています。

今年は俺も頑張るからお前も頑張れ、と次男に言っていますが、これから彼の受験勉強が本格化する(はず)のに合わせて、デジカルの方もこの育成問題については引き続き真正面から取り組むとともに、そろそろ現場も独り立ちでいいんじゃないかとも感じているので、私は次のステージに向けて行動開始しています。

ニューズブック新刊「昭和のカケラ」販売開始しました。

ニューズブックの最新刊です。

「昭和のカケラ」電子書籍で販売開始(佐賀新聞)|dメニューニュース

プレスリリースの最後にも説明がありますが、ニューズブックプロジェクトはこの11月で丸3年となります。参加新聞社は11社となりました。

この3年の間に発刊できた新刊はそれほど多くはありませんが、地方新聞社のコンテンツを電子書籍として集約販売する仕組みをゼロから構築し、実際に各社の企画を検討、電子書籍を販売するとなると想定以上に多くの時間が必要となりました。

プロジェクトを開始した当初は、「電子書籍元年」から数年経った段階で、電子書籍は売れないのでは、という逆風も若干ありましたが、趣旨を理解して頂き、将来を見据えた取り組みに協力頂くことができました。

そのようなご協力を頂くことで、短期間で売上を伸ばしたもの、ロングテールで堅実に売れるものと、どういったコンテンツがどのように売れるのかを検証することができました。また、電子書籍にとどまらずAmazonPODとして紙版の出版を実現することもできました。

さて、これからのニューズブックですが、プロジェクトの当初より構想していて実践できていなかった2つの企画を実施します。

1つは販促キャンペーンです。電子書籍コンテンツの販売促進手法としては単品の半額セールが定番ですが、これをコンテンツ群を形成することでさらなる波及効果が期待できると考えています。

もう1つは新聞社のネット版と連携できる特設販売モールの開発です。こちらは電子書籍の読み放題や自社コンテンツ販売のプラットフォームとなるもので、こちらは新たなデジタルコンテンツビジネスの基盤ともなるものと考えています。

いずれも学研プラス社の皆様のご協力で実現に向けて作業を進めていますが、3周年となるこの秋の実現に向け、追い込みに入ります。

任せる勇気

もう10数年前のことです。取締役として入社希望の版元編集者の方がいました。後日、進む道が違うということで短い期間で退任されましたが、とても優秀な方だったので、今振り返っても彼がいなかったらあれもこれもできてなかったなと思い返すような存在でした。

その彼からあるとき「香月さん、意外に小心者ですね」とズバリ言われたことがありました。当時から小心なぐらいが会社を潰さなくていいぐらいに思っていたのと、切れ者の彼に気持ちよく切り捨てられて悪い気はまったくせず、以来ずっと自分は小心者と自覚してやってきました。もっとも最近になって小心というよりも心配性で、これが父親譲りだということに気づきましたが。

そんな小心で心配性だからこそ、うまくやってこれた点はあると思いますが、それによって踏み込めずに突き進めなかったことも多々ありました(あったはず)。そして、いま現場を任せ、社員の育成に取り組むということを真剣に実践しはじめて、再びこの小心と心配性の克服という課題に直面しています。

小心で心配性なので、事態がスムーズに進まない様子をみていると、早くこうしないと!それ違う!と、口を挟みたくなるんですね。ほんとうはそこで壁にぶち当たったところで手助けしてあげなければいけないのですが、事前にスムーズにことが運ばないことに堪えられないわけです。

実際にこれまではそのような取り組みで、結果的に成長の芽を摘み取ることになっていたと思います。確かにそのプロジェクトはそれでうまくいったとしても、任されていた方は面白くありませんよね。これじゃあ会社も大きく成長しません。

カウンセラーに相談したところ、任せ方が下手だと指摘されました。これも以前からいろんな人に指摘されていていることですが、高い目標をスムーズな計画実行で進めないと気が済まない完璧主義と現場の現状力量の見極め不足です。そして、このことによって勝手に一人焦っているとも指摘されました。

戦略と実行を頭で追求し過ぎている頭でっかちなのだと思います。見事なほどに策士策に溺れる状態です。「任せる勇気を持たないとね」としみじみ言われましたが、今度という今度はこの小心と心配性を捨て、しっかりと人に仕事を任せていくと決意しています。

「ISSHIKI通信10」発行しました

来月デザイナーの募集を開始します。詳細はこのブログでお伝えします。

PDF版のダウンロードはこちらから →

ISSHIKIは、デジカルの書籍デザイン制作チームの名称です。書籍の装丁デザインとレイアウト・デザイン及び組版制作を一式提供するところから命名しました。最近はイラストレーションや編集作業の一部も一式に含めて請け負っています。

ISSHIKIでは、編集者の皆さまが企画編集作業に集中できるよう「本作りをラクに楽しく」をモットーに、エディトリアルデザイン、装丁デザインの技術力とともに接客力の強化を図っています。

企画編集に多忙な編集者の皆様に、ISSHKIで頼んでよかったなと思って頂けるよう、スタッフ一同サービス品質向上に努め、書籍デザイン制作事業で随一のチームを目指しています。

書籍のデザイン制作にあたっては、装丁デザイン、本文デザイン、本文組版、本文図解/イラスト作成の作業工程が必要です。ISSHIKIでは、多様なデザイン業務と効率的な制作業務を一貫したサービスとして提供するため、複数のデザイナーで案件ごとに制作チームを組んで業務にあたっています。

ISSHIKI | 一式製作所 | 株式会社デジカル

夏休みを終了します

先日、本格的に秋になるまで夏休みを延長すると書きましたが、よく考えてみると今年は例年にない長い酷暑だったりで、いつ本格的な秋が来るのかもわからないなと思い直しました。

それにやはり永遠に夏休みのような仕事の進め方も一つの考え方だなとも考えています。休み中もずっと仕事をしていたわけですが、休みながら遊びながら仕事をしていくという今回の長い夏休み状況を経て、今までは相当無駄も多かったなと振り返っています。

今年は「焦り」の年か

年初からほんとうに人の動きが激しいですね。多くの人達に何か火が付いたんだろうと思います。私自身も昨年から今年は転機と考え働き方を大きく変えていますが、それ以上に周囲の転換が激しくて地味にみえるほどです。

自分も変革に対する嗅覚はある方だと思いますが、それによって蛮勇で突っ込んだり、惑わされてブレたり、逆に引き下がりすぎたりと、なかなか上手く対応できずにここまでやってきた思いがあるので、今回は決めたらブレずに行こうと決意してやってきました。

いまの状況では動かないよりは動いた方がいいだろうとは思いますが、冷静に周囲をみていると、自分も含め多くの人に整理のつかない「焦り」があるんじゃないかなと感じます。また、それが私自身の生産性の低い原因だろうとわかってきました。

2つの焦り

私の場合は2種類ありそうです。1つは、このままでは生き残れないという時間切れを感じる焦り、もう1つは早くここで手を打たないと乗りそこねるという機会損失への焦りです。

前者に関していえば、すでに何度か書いているとおり、業界の軛を自ら解けば済む話だと考えています。成熟社会で変革が難しいのは、暫く食べ続けることができる資産があるためで、本来であればいま切り捨てなければならないことが捨てられず延命されてしまうことだと考えています。

当社は事業構造の切り替えを決意してはや2年、核となる部分は磨きがかかってきましたし、社員の育成という点でも自分自身の見方が変わりました。もともと困難があればあるほど成長の機会も多いと考えていましたが、これまでは私一人成長を目指していたところがあったと思い、これからは社員と一緒に成長できる会社を目指そうと考えています。

この半年を振り返っても、レームダック状態な組織や人をみてきて、来年は大変なことになりそうだなと、いまのうちに転換できててよかったなと感じてます。

見極めと多面性の再確認

もう一つの焦りは新しい取り組みについての焦りです。こちらは長年挑戦しては失敗積み重ねていることに加え、年齢的に失敗から取り返すのもこれが最後だろうと感じていることに加え、景気動向的に「オリンピックまでに」という追い込み意識が、いつの間にか根拠のない時間制限認識となっていて、焦燥感を倍増させていました。

まず焦るのをやめようと決めたところで見えてきたことは、何をしなければならないのか見極めがついてないということです。目前にあまりに広大な新分野の荒野が広がっていて、いち早く縄張りしてやろうと決意してここまでやってきたものの、さてどこからどう手を付けていったものかと多少途方にくれるところがあり、そうこうしているうちにあちこちで縄張り始めているところがチラホラと見え始めて、急がなきゃという焦りですね。

よく考えてみるとずいぶんと欲張った贅沢な悩みですが、そこに時間が必要なのか質が必要なのか、求めるい仕上がりが2割でいいのか5割でいいのか、そもそも満点を追求してばかりでは駄目だと振り返りをしていましたが、取り組む仕事のゴールをはっきりさせられていないことにも気づきました。

それとともに、多面性に欠けていたと振り返っています。マスメディアの時代ではないということを頭ではわかっていながらも、新しいメディアの仕事を作るのに方法論が1つきりと思い込んでいました。まず目前の一山を登りきらないと次の山は見えませんが、その登山ルートは1つではないということです。

これから取組むこと

目下、当社の固有事業としてのISSHIKIの強化に取り組んでいます。こちらを書籍のデザイン制作チームとして業界随一というレベルまで持っていく決意で、今期はデザイン面では昨年萩原さんが立ち上げた合同会社256との連携を強化させます。

次に私自身が陣頭に立って出版コンテンツの企画制作に取組むチームを構築し、デジタル出版サービスの企画提案を実践していきます。こちらはローカルメディアコミュニケーションズ合同会社という別会社を通じ引き続き全国展開を目指します。

最後に、上記の目的を達成するために必要な人材採用をします。

夏休みを延長します

例年ブログやFacebookページなどで夏季休暇を頂きますなどと事前告知していたのですが今年は止めました。

もともと店舗や個人向けサービスではないことが大きな理由ですが、現場は現場の判断で任せると決めたことと、そもそもいうほどの大事業をやってるわけではないしなと思い直しました。

加えて、個人的に告知調整したところで完璧に調整がつかないし、業務連絡はオンラインなので、そうならば休暇中もスマホ片手に吸収した方が手間が少ないだろうと考えです。

結論からいくとかなりよい具合で休め、父親・夫業の残債を解消できた上に、ずっと先送りとなっていた自分自身の仕事も進めることができました。

そう考えてみると、ここしばらくは非常に生産性の低い状態だったなと振り返っています。どういうことかというと、動き回り走り回っているほどの成果が得られていなかったということです。

今年は2年ぶりに妹夫婦が帰国して2ヶ月丸々夏休みの義弟からその実情を聞く機会がありました。教師ということもありますが、どうしてそんなに休めるのかと以前から不思議に思っていたので今回はかなりつっこんで話を聞きました。

話をきいているうちに、私自身がいわゆる「働き方改革」に惑わされていることに気づきました。もともと経営者は24時間365日無休が前提なのに、なぜ従業員と同じような働き方に合わせようとしているのかということです。

何がそうさせているのだろうと考えてみたのですが、自分自身で大満足と感じる点と、その時の合格点が同じでなければならないという思い込みがあって、常に満点を目指さなければならない、という考え方が根底あることに気づきました。

これは経営者としてのみならず、ビジネスパーソンとしても父親としても夫としても、はたまた長男としても常にパーフェクトを目指すという、ある意味傲慢な考え方ですね。

そのため、この考え方が何事も常にハードルを高くしなければという考えに繋がり、一方でその思いはあれど、実情としてはそのハードルの高さ(設定)が現実的にどれだけであればいいかまで見極めができておらず、いきなり高いハードルを超えられるわけもないのに(わかっているのに)、超えなければいけない、という思いだけがどんどんといわば焦りとして先行していました。

裏返すと常に何事にも「不足」と感じているわけですが、このときに不足しているからそれは全部自分でやるしかないとの思い込みに繋がって、こういうことをやっているのを周囲からみれば、「あれもこれも香月がやってくれるのだろう」と思うわけですね。

となるとまた休めないという思いが募るのに、休まなければならないと自分で自分を追い込むという。いやはや、任せ下手は自認していましたが、見事に自分一人で茶番をやっていました。

ということで、しばらくこの夏休みのペースを継続してみようと考えています。永遠の夏休みとはいいませんが(それはそれで面白いかも)、本格的に秋になるまで夏休みは延長します。

夏休みの宿題は、知足安分の「知足」の精度を高める、といったところです。

 

サイボウズLiveの後継ツールはSlackにします

【続】ITリテラシー暴君だったと思う。 | katsukinoboru.jp

サイボウズLiveのおかけで今日のデジカルがあったといっても過言ではありません。ほんとうに感謝に耐えません。

終了まで残すところあと僅かです。「このあとどうするのですか?」とあちこちで尋ねられるようになって半年ほど経ちますが即断できずにいました。それは切替えにともなう7年前の変革の大変さを思い起こして腰が引けていたためです。

流れを変えるのは難しい

まず、サイボウズLive導入後、DropboxやFacebookグループをはじめとするあらゆる情報ファイル共有ツールを試した結果、落ち着いたのがChatwork+Evernote(と社内ファイルサーバー)の体制です。切り替えて数年経っており社内ではすっかり定着しています。

当社の場合、電子書籍やPODに関してはすでにメッセンジャーやチャットを使うことが主流となっていてサイボウズは社外のクライアントとのやり取りに限っていますが、単行本の場合は、社外スタッフとの情報共有にサイボウズLiveがすっかり定着してしまっていて、さらに案件が単発依頼となることが多く、ほぼすべてのクライアントとはまだメールでの情報共有が主流です。

そういった状況下、現場で日々業務に追われている社員の負担を考えると、7年前に導入してついぞ使いこなせずに終わった人たちもいましたし、未だにChatworkを使いこなせない人もいますので、いかに業務を止めずに主幹ツールとなっているサイボウズLiveから新しいツールへ移行ができるのか躊躇してしまいました。

サイボウズLive&ChatworkからSlackへ

そこでまず考えたことはサイボウズLiveと極力似たツールを探すことでした。同じように手軽にグループが作れてスレッドが自由に作ることができること。可能な限り掲示板形式でタイムラインが加速しないものを希望していました。ZOHOというツールを見つけて良さそうだったのですが、とにかく使っている人が周りにいないことがわかり、この選択は消えました。

そうこうしているうちに世間一般の流れとしてもSlack一択だな、となってきたのですが、今度はChatworkを導入していたことが仇となってしまいました。つまり社内で上手く動いているツールをどう切り替えるのか、もはや私自身が移行を面倒臭いと感じる状況に陥り始め、併存でいいかなと弱気になりつつも、いまここで新しい構造を建設しておかなければ、いずれツケを払わされるのは間違いないと思い直し、社内の情報共有ツールもサイボウズLiveからの移行とともにChatworkからSlackに集約することにしました。

ツールをどう活用するか考え方の問題

この情報共有ツールの課題ですが、あくまでも社内外での大きな情報の流れがあるところに限っての話です。個別の窓口は引き続きメール、FBメッセンジャー、Chatworkを併用していきますし、情報のアーカイブ先としてEvernoteは欠かせません。そういった点では、当社の場合、情報処理の能力が問われる職場といえるかもしれません。

また今後の課題として、手軽なSlackをベースにするとなると、今度は再び誰しもがITリテラシー暴君になってしまうと感じています。今後この部分に意識を向けることができる人にマネジメントスタッフとして加わってもらいたいと考えています。

大切なお知らせ

ライザップ1年になります。

今月から再びトレーナーさんと次のフェーズを目指したトレーニングを開始しました。何を考えていて、どうしようとしているのかを簡単にまとめます。

重要なお知らせ | katsukinoboru.jp

前期第14期決算は創業来の大幅増収増益でしたが、これを好機と判断して抜本的な事業再構築を敢行することにしました。旧来の事業戦略で仕事を増やすことはできるが、目に見えない無理や無駄の累積によっていずれ立ち行かなくなるだろうとの判断でした。

計画としては3年ほど前から模索していました。まず美しいBSを作るを目標に2年かけて資本を積み上げ、さらに銀行取引を一気に拡大して万全の体制を整えました。次に新たな事業を立ち上げ、展示会に出展し、社員研修に旅行も海外へとハードルを一気にあげました。

もちろんどれも成功させる前提で進めましたが上手くいかないものもありました。撤収下手で以前に大失敗した経験から、撤退、転進、停止の判断を即断即決かつ、何が本質なのかの見極めに集中です。

この結果わかったことは、会社自体がメタボ体質になっていたということでした。経営顧問の指導もあって、この体質では成熟社会といわれる20年代は生き残れないなと考え、この際改革断行という第15期の目標でした。

そして、そういった会社のシェイプアップを目指すのに、自らがメタボ体型のままでどうするのかと、隗より始めよですね。これが重要なお知らせの本意だったということです。

さて、1年経ってみてどうなったか。先日、健康診断を受けて晴れてメタボ判定は取れて、以前はFで治療検討まで迫っていた悪玉コレステロール値が、Cの3ヶ月後再検診の様子見に改善され、医師にも健康的に減量できてますとのお墨付きも頂きました(ちなみにあと視力、体重がBで残りはA判定)。

当社の状況もまさに同じような状態です。

10月に再検診をクリアするため、トレーナーさんとは筋肉量を落とさずに脂肪だけをさらに落とす集中トレーニングで仕上げを目指していますが、デジカル自体もそこまでを目標に総仕上げを行っています。

ライザップはダイエットのためではなく、健康かつ多少美しくの部分まで踏み込んだところまで目指していますが、会社としても健康体を作った上で、10年は成長続けられる体制にします。この新体制のデジカルとしての社員採用を再開します。

金風舎:一部の電子書籍を販売停止といたしました


既刊電子書籍の販売停止について – 金風舎

金風舎もあっという間に5周年です。

この金風舎の前の2年間で取り組んだImpressQuickBooksと、その他にも表に出していない他社レーベルとして企画制作したアイテムやニューズブックなどを含めると、数える暇がないので正確にはわかりませんが、すでに200冊は電子書籍の企画制作に携わっていると思います。

すでに販売管理を移管して直接管理していないものもありますが、いくらロングテールとはいえ動きが鈍いままに棚晒しにしている状況を心苦しく感じておりました。また販売管理システムを整備してありますが、増加するアイテム数と販売収益に対して管理コストが多少負担になってまいりました。

さらに、新たなシリーズ企画を検討しているのですが、この企画の進め方をこれまでとは違う手法で取り組もうと考えており、そういったことから発刊から一定の既刊を経た既刊本の著者の皆様にお願いして配信停止のお願いをいたしました。

ご了承いただきました著者の皆様には、改めてこの場をお借りして、弊社での発刊の御礼を申し上げますとともに、今回力及ばず停止となりましたこと大変遺憾に感じております。

この5年で得た経験を今後に活かしていきたいと思います。

金風舎は引き続き継続してまります。この他、次の電子書籍企画も順次取り組みを変えて進めて参ります。

ニューズブック | 地域の良質なコンテンツを全国に届ける。 | Newsbook

PIONNIER ピオニエ

「ISSHIKI通信09」発行しました

今月の請求書に同封してお届けします。

PDF版のダウンロードはこちらから →

ISSHIKIは、デジカルの書籍デザイン制作チームの名称です。書籍の装丁デザインとレイアウト・デザイン及び組版制作を一式提供するところから命名しました。最近はイラストレーションや編集作業の一部も一式に含めて請け負っています。

ISSHIKIでは、編集者の皆さまが企画編集作業に集中できるよう「本作りをラクに楽しく」をモットーに、エディトリアルデザイン、装丁デザインの技術力とともに接客力の強化を図っています。

企画編集に多忙な編集者の皆様に、ISSHKIで頼んでよかったなと思って頂けるよう、スタッフ一同サービス品質向上に努め、書籍デザイン制作事業で随一のチームを目指しています。

書籍のデザイン制作にあたっては、装丁デザイン、本文デザイン、本文組版、本文図解/イラスト作成の作業工程が必要です。ISSHIKIでは、多様なデザイン業務と効率的な制作業務を一貫したサービスとして提供するため、複数のデザイナーで案件ごとに制作チームを組んで業務にあたっています。

ISSHIKIのデザイナーは、書籍デザインのアートディレクションや制作技術に加え、制作工程予算の管理や社外スタッフへの業務発注管理など業務も担当しています。

これからの編集者やデザイナーは、マルチタスク対応が求められると考えていますが、さすがにこのままでは案件増に対応が間に合わなくなるため、必要な人材像を整理してチームのアップグレードを計画しています。

ISSHIKI | 一式製作所 | 株式会社デジカル