事例報告:「ISSHIKI通信」を配信開始しました

「書籍の編集・制作まるごと一緒に」

書籍の新刊企画と制作に日夜奔走されている編集者様に特化したサービスとして提供しているデザイン制作サービス「ISSHIKI」を刷新して1ヶ月が経ちました。

出版業界自体は相変わらず厳しい状況が続いておりますが、ISSHIKIはお陰様を持ちまして、多くの編集者の皆様にご依頼を頂き、ここ数年案件数を増やすことができております。

ISSHIKI | 一式製作所 | 株式会社デジカル

今回はこのISSHIKIの宣伝ではなく(結果的に宣伝になっていますが)、顧客との対話手法として「ネット」と「紙」メディアの合せ技について紹介いたします。

ISSHIKIでは、サービス刷新以前から多くのお客様より実績一覧が欲しいとの要望を頂いており、社内でも長らく課題だったのですが、日々増加する案件対応に精一杯で手がつけられない状況でした。

ただ同じく先月スタートしたEditorialMediaDesignサービスでは「編集とデザインで、情報発信を支援する」をサービスコンセプトとしており、このままでは医者の不養生、紺屋の白袴なので、自社での実践が急務と準備を進めておりました。

先月末にお送りした請求書に同封しております。

仕組みとしては、ISSHIKIサービスサイトに掲載している実績一覧を毎週更新して実績データベースを作成、これを毎月月末に集約して「ISSHIKI通信」として誌面化、PDF版は営業メールでの添付、印刷したものは請求書に同封するというものです。

何を情報として発信していくのかという企画、それをデジタルデータとして制作、更新、集約する方法、そして制作物をネット媒体で発信し、最後は紙媒体へと落とし込む流れです。

ネットではコンテンツの「拡散」が大事だと言われていますが、私はそれ以上に顧客への「配信」による対話の創出が重要だと考えています。

従来であれば大企業でしかできなかったこのような取り組みを、中小企業でも実践できるようになってきました。もしくは大企業であっても、実施にあたっては大幅なコストダウンが求められる状況になってきていると思います。

ムダ無く、ムラ無く、ムリ無く。コンテンツ制作と配信のデジタル化はこの点に基本があると考えています。

【人材募集】デザイナー

今後、出版物の制作一式を請け負うサービスISSHIKIを包括する企画編集サービスEMD(Editorial Media Design)の開発と展開に集中していく計画です。

このEMDは、ネットでの情報発信コンテンツの制作を起点とし、電子書籍の配信や書籍の出版を見据えた垂直統合メディアを、編集者もしくは編集部単位で提供するサービスです。

当社では、社員は編集者もしくはデザイナーのいずれかのクリエイティブ職種に配置されますが、どちらの人材にもプロジェクトマネジメント技術を身に着けてもらっています。

今回募集する人材はデザイナーです。仕事は「ブックデザイン(装丁)」「レイアウト・デザイン」「販促物デザイン」「写真撮影」「イラストレーション」など多岐にわたります。EMDは、前例の無い未知の企画を仕事とすることが多いので、柔軟な発想ができる方、UI/UXに興味のある方などに仲間になってもらいたいと考えています。

例えば、現在在籍するデザイナーは装丁を担当しながら販促物をデザインしたりイラストレーション担当していますので、合せ技がある方を優遇します。職務経験は問いません。

現在編集者は男女2名ずつ在籍していますが全員20代後半です。今回募集するデザイナーも、例えば美大の大学院生でパート、アルバイトからのスタートといったイメージで考えています。

このデザイナー職種については、学部生のアルバイトや新卒採用は現時点では考えておりません。

本件の募集については、「ちょくルート」サービスを使い自社採用で進めます。詳細は改めて告知します。

採用担当者様・企業代表者様向け『スマホ就活に遅れをとる中小企業』 勉強会&採用戦略を開催しました

株式会社アドヴァンテージさんの「ちょくルート」事業パートナーとして、採用「担当者様・企業代表者様向け『スマホ就活に遅れをとる中小企業』勉強会&採用戦略」を開催しました。

第一部はアドヴァンテージ中野社長より現在のスマホ求人の現状をわかりやすくお話していただきました。

先日訪問した湯前町のセミナー会場でも感じたのですが、情報収集力については、もはや地域や世代などのわかりやすい区分での格差は存在し無いと思います。ましてや業界といったくくりも当然なく、しっかりと現実を見据え、新しい知識を吸収して実践しようとしているかしていないのか、その違いだけでまるで違う世界が存在しています。

このスマホを前提とした自社求人サイトによる人材募集についても、知っていて実践しているところとそうでないところでは天地の差があると思います。

当社でも、この数年は人材募集は自社サイトで実践してきました。その事例を前提にこの潮流に気づいて編集力を活かしたサービスを構築しようと考えていたのですが、春先に中野社長とご縁を得て、その実績と「ちょくルート」というコンセプトに賛同して、パートナー募集に手を挙げさせて頂きました。

この日もセミナーは満席でした。

そして第二部では『ナビだけに頼らず自社採用サイトを活用する、ちょくルートでの採用手法とは』と題し、わが新宿店店長の山城さんが セミナー講師デビューしました。

8月のパートナー研修修了からわずか3ヶ月。山城さんはコンテンツ東京の事務局担当に続いての大仕事ですが、今回もとても初めてとは思えない落ち着き振りで社長としては安心です。

ウェブディレクターという点でも強みを発揮してますね

来週は、indeedを使った自社採用サイトの具体的な実践方法と、そもそも発信情報をどうやって作成すればよいのか、文章作成の点に焦点を絞った勉強会を開催します。

【東京10/26~@新宿・代々木】その情報発信で御社のこと、本当に伝わってますか? ~求職者・顧客との最適なコミュニケーションツールとは~ | イベントセミナー情報 | ちょくルート新宿

48歳になりました。

定点観測記事です。もう7年になります。

こういった年単位の振り返り展望記事は他にも書いていますが、だいたいこれぐらいの年月続けるとなにか自分で一回転しているように思います。今回のサイクルは厄明けスタートだったので、テーマとしては「不惑とは何かを知る」といったようなことでしょうか。

数年前に「惑う」ということが具体的にどういうことなのか、私自身の振る舞いを客観的に指摘され、それに気づいてから随分流れがかわってきたように思います。また、この間の様々な師匠からの教えも血肉になっていると思います。最大のものは父からの薫陶というか、40代の過ごし方のようなものを何通かの長いメールで教わったことが印象深いです。

この夏は、会社の体質とともに自分自身の身体の体質まで転換しました。もともとこうしようと明確に決めていたわけではありませんが、流れとしてやはり大きな調整期間だったんだろうなと、自分で書いていてすっかり忘れていたのですが、去年書いたとおりこの1年は「後に振り返っての明確な転換点」となりました。

転換後の展望ですが、テーマは事業開発と人材育成です。これからだいたい5年ほどで結果を出したいと考えています。これまでも開発はやってきましたが、事業開発のほんとうの意味が組織構築であることに今更ながら気付きました。また今年は長男が巣立っていったのですが、5歳違いでデジカルと同い年の次男が多感な年頃になってきて、こちらと同期させて育て直しと考えています。

ということで、腰を据えてやっていくぞと決意の上で、この誕生日の年単位定点観測記事も今回でお終いにします。

最後に、来年で出会って30年になる家内とも、この期間はいろいろと転換期でした。昨日は久々に深夜の帰宅となって帰ったら置き手紙がありました。

何かを切り取った裏紙。

この歳になっても学生時代と変わらずこういうのを頂けるのは、夫としていわゆるひとつの勝ち組だと思うことにして、明日からも張り切って頑張っていきたいと思います。ありがとうございます。

過去記事:

47歳になりました。

46歳になりました。

45歳になりました。

44歳になりました。

42歳になりました。

湯前町で情報発信について話をする機会を頂きました

ニューズブックでいつもお世話になっているローカルメディアラボの牛島さんにお声がけ頂いて、湯前町の町民の皆さんに情報発信のための編集講座といったお題で、コンテンツの作り方から電子書籍とメディアを組み合わせた事例まで話をする機会を頂きました。

湯前町到着後さっそく、いつも楽しそうに話をされているのでぜひ一度伺ってみたいと思っていた駅前の奥球磨スマートタウン研究所を訪問して、横山先生に取り組みや近辺の様子を紹介して頂きました。

今回は時間がなくて列車でこれなかったのですが、とてつもなくおしゃれな内装の列車が走ってます。
終着駅なのに明るい感じが不思議です。左側の建物で今月末カフェをオープンさせるそうです。

セミナーではどの程度まで踏み込んでお話しすればよいのか、かなりの手探り状態でしたが、この過程自体が自分自身の振り返りにもなって勉強になりました。

また私の荒削りで拙い話にも熱心に耳を傾けてくださっている町民の皆さんを見ているうちに、編集の仕事の話をしているのに台無しだなぁと思いつつも、あれもこれもとつい話を膨らませてしまいました。

会場には若い方や女性の方も多く、なんと実際に金風舎のアイテム購読者の方もいらっしゃったりで、とても印象深いものとなりました。

これもRAIZAPと同じく、今後こういった話をする機会ではスマートに対応していけるように、話題の絞込を図りたいと思います。

また、講演後は町の幹部のみなさんがいらっしゃる宴席に入れてもらい地域振興の現場を垣間見せていただきました。

地元の酒蔵の球磨焼酎で珍しいこの地域独特の盃の交わし方も実践的に教わりました。

今回ニューズブックをアップグレードするために、牛島さんとローカルメディアコミュニケーションズという会社を作りました。

ローカルメディアと謳っている以上、地域の現場に出向いて実態を知らなければと考えていましたが、やはりこうやって実際に行って見て話を伺って、さらにお酒も頂かないとほんとうのことは見えてこないなと、そしてしっかり腰を据え時間をかけて取り組まなければ始まらないと再認識しました。

湯前町の皆さんありがとうございました。また伺いたいと思います。

新しい会社案内が出来ました

きちんと印刷された会社案内を作るのは7、8年ぶりです。

この間、リストラして事業規模を縮小し、その後は急展開すぎて作っている時間がありませんでしたが、今回は会社を一流化する方針のもと、企画から制作まで、すべて社員と一緒に考えて、実作業も全て分担して制作しました。

事業の一流化の流れで、この1年ほどちらかったままになっていたサービスを整理して、ロゴやタグラインなどは5年、10年を見据えたものとして考え刷新しました。

サービス紹介は、今後の事業展開のスピードを念頭に、チラシタイプで差し替えの効くホルダータイプの会社案内としました。

構想からここまでわずか2ヶ月半。私自身RAIZAPでも同期間で様変わりできましたので、やはり何か結果を出そうと思うならば、四半期ごとの目標設定をして、今後も事業を進めていこうと考えています。

みんなもようやく大手を振って持参できる営業資料ができたとあって、組み立てもあっという間に完了。

やはりこういうものが欲しかったというものを自分たちの手で作るということは盛り上がりますね。さっそく営業先で「こういうこともできるの!」といった効果を発揮しているようです。

10月27日(金)に新宿で「情報発信」に関する勉強会を開催します

会場も詳細もまだ未定でこれからですが、「EMD」と「ちょくルート」事業の営業の一貫として新宿で夜の時間帯に開催します。

対象とするのは50代までの事業経営者や人材採用担当者と考えています。「EMD」としては電子書籍の出版をゴールとしたコンテンツの企画制作と情報発信の手法について、「ちょくルート」については、indeedを活用した自社採用サイトによる採用手法についてを予定しています。

EMD -Editorial Media Design- | 株式会社デジカル

ちょくルート新宿|ナビに頼らず、 直でいく。 中小企業の 新しい採用

今月から隔週ぐらいで定期的に開催していこうと考えています。

健康的な経営には「監査」と「指導」が不可欠

RAIZAPの週3集中トレーニングが終了して1週間が経ちました。

週2程度のトレーニング継続が望ましいとのことで、ほんとうはこの間に1回は自主トレに出向いた方がよかったのですが、さすがに新しいデジカルをスタートさせた1週目で状況はそこまで許さず、自宅でできる範囲のことを実施した程度です。

食事については3食糖質カットのハードな制限は終了し、ランチに関してはほぼ制限なく取ってます。

というところで、いつものようにトレーニング前の計測の結果ですが、体重はさらに1kg減少しながらも脂肪量は微動だにせず。。。脂肪が増えてないだけ良いとしましょうという評価でしたが、そのタニタの分析表を見ながら、まさにRAIZAPにいって良かったことは、このトレーナーの分析解説だったと再認識しました。

脂肪が減らずに何が減ったのか、なぜそのようなことになったのか、どうすれば脂肪が減るのか、まさに「監査」と「指導」です。

さて、当社では毎月、会計監査と経営指導を前沢先生にお願いしていて10年になります。この15期からは、さらなる跳躍を目指すためにも会社としての体質改善に取り組んでいます。

事業を絞込一流化し、生産性を追究しながらも楽しい職場にするにはどうしたらよいのか。このあちらを立てればこちらが立たずの難題を解決するためには、身体の循環器系の働きから見直せるような情報分析から始め、トレーニングと日常生活の見直しも必要です。

経営に関してはかなりの知識を得て、新たな事業計画も立案しました。実行力も多少の自信がありますので、ここからは迅速正確な検証と分析能力を高めようと考えています。

そのようなことで今月から集中して業務監査を実施することにしました。業務監査なので私自身がやれば済む話ですが、さすがに全部は間に合わないのと、第三者の客観的な視点が入るほうが当然緊張感がありますので、この機会に非常勤監査役を登用することにしました。

現在のRAIZAPの担当トレーナーは「健康になって欲しいんですよ」と言ってくれるのですが、なるほど会社も健康になるように、何が問題になっているのかを見えるように明らかにして、それに対して的確な指導を加えていけば良いということですね。

またしても経営のコツここなりと気づいた価値は百万両です。

想像を超える創造 ー DIGICAL

新生デジカルを本日よりスタートしました。

株式会社デジカル

今年の3月ごろの話です。3年前の年末に立てた2020年までの5カ年計画を、このまま進めるといずれ成長の壁にぶつかると認識し、この先5年、10年を見据えた新たな事業計画を立て直すことにしました。

計画立案の目標を9月に予定していた全社員研修とし、今回はかなり腰を据えた取り組みとなりました。私自身の記録のためにも、この半年を振り返っておきます。

2017年4月25日 「『利益体質』から『拡大体質』への転換』

2017年5月9日「中期事業計画を破棄しました」

2017年6月20日「シェイプする」

2017年7月13日「スクラップ&ビルド」

2017年8月28日「ようやく頭の整理がついた」

同時並行して、3月のISSHIKI2.0への転換、5月の台湾への社員旅行、6月のコンテンツ東京の出展、さらには8月の「ちょくルート」事業への参画と、かなりの活動量がありましたが、若くエネルギッシュな社員の勢いを借りて乗り越えられることができたと考えています。

また、この過程で、これまでの10年で拡げた仕事を一流化し絞り込むこと、プロジェクトマネジメントについて自分なりの仕事哲学に基き社員育成をイチからやり直すことの2つを決意しました。そして総仕上げとして、個人的にもRAIZAPに通い始め、身体をかなり絞り込みました。

それこそ積上げた経験値をそのままに、10年前の新規事業挑戦への状態にタイムスリップして戻った感じがしています。

こういった調整や再始動は、これまで何度か繰り返してきてきました。もとよりスクラップ&ビルドは事業経営に不可欠な要素と考えているので、この点で迷いはまったくありませんが、今回は体質転換を伴っている点が新しく、また非常に難しいと感じた半年間でした。

ただそれも事業計画を社員と一緒に考えることで完遂できたと考えています。ロゴとタグラインも全員で考えて刷新しました。そこがこれまでと大きく異なっています。

想像を超える創造。

デジカルの社員は、全員が編集者もしくはデザイナーとして、デジタルクリエイティブの現場で、顧客とともに創造的な仕事に取り組むこと、また生産性を追究し、余裕ある職場環境を構築して仕事を楽しく取り組むことにより、豊かな生活を築くことを目指します。

今回、自ら変革を続けていく体質に変えたことがもっとも大きな変化です。現時点で大きな変化は見えないと思いますが、この先もしなやかに変化を続けていくことで、いつの間にか大きく変化し、長く成長していく会社に切り替えられたと考えています。

デジカルにおける私自身の具体的な活動については、このブログで発信してまいります。引き続きご指導ご支援のほどよろしくお願いいたします。

結局のところRAIZAPはどうだったのか

8月4日から完全糖質制限の週3トレーニングでスタートしたRAIZAP。本日9月28日で予定していた集中期間を終了しました。

2ヶ月弱で脂肪だけを5kg減らしました。脂肪だけというのがポイントですね。筋トレ効果もあって筋肉量は維持したままなので体重はそんなに変わらないのですが、見た目は変わったようで、たまに会う人だけでなく、いつも会っている人からも「かなりお腹回りスッキリしましたね」と言われるので、まずは結果にコミットしたと判断してよいのではないかと思ってます。

あとはあまり実感がないのですが、酒を飲まず健康的なものを腹八分目しか食べず、運動を週3回みっちりやって早寝早起きの結果、血圧が超健康状態になっているようです。

もとよりダイエットやボディメイクなどの意識はなく、短期間で身体を絞り込んだ実績を作りたい、ただそれだけ考えていただけなのですが、この間にトレーナーが二言目には「健康になってもらいたいんですよね」といっていて、すっかりその部分に感化されました。

ということで来月からも週1で続けることにしました。先週あたりから糖質制限を緩和していて、通常生活に戻しつつあるのですが、さすがに脂肪の減りが鈍くなっているのと、これからお酒も復活させるので、新たなペースを作っていく必要もあり、その戦略を一緒に考えてもらっています。

今回の取り組みは短期間でしたが本当に吸収することが多すぎて、いまだ整理がついていないのですが、確実に得られたことは値千金でした。この先10年ぐらいの基盤を作れたと、多少大げさですがそう感じています。

またこの同じ期間中に会社の方も体質改善に取り組みました。こちらも次の10年を見越した大調整を実施していますが、かなりの手応えを感じています。何度か話ましたが、事業計画を全社員と一緒に考えていることが最大の変化。

こちらも語りたいことが山のようにありますが、やはり実績を上げてナンボの話なのでこの辺で止めておきます。