【雑感】ちょっとした電話取材だったのにわざわざ謝礼を贈ってくれました。

p1000792

先日、簡単な電話取材に答えただけで、記事にもならなかったのですが、わざわざ謝礼の菓子折を送っていただきました。

受け取るまでは、(週刊誌なんていい加減なことしか書かないしな)なんて思っていましたが、受け取ると気持ちが変わるのがよく分かります。

物品をもらったということよりも、あの程度のことでここまでも、という気配りのほうに心を動かされました。

自分は気配りが行き届いているか?自問自答です。

【雑感】読売新聞という政治力

p10007823

ナベツネが嫌いです。

だいたい嫌いな相手というのは、自分の持っているいやな部分を投射しているものですから、きっと自分にもああいった権力欲が何処かににあって、それを見せられるからいやなんだと思います。

そのナベツネさんの会社の新聞。もちろん購読したことはなく、図書館などでチラッとみたことがあるだけですが、いままでいったい誰が読むんだと、何を持ってあの新聞社の新聞を読むんだと思っていました。発行部数が世界一なんて、本当なのかといつも疑問でした。

このところじっくりと考え事をする暇がないので、朝、通勤途中にある甲州街道沿いのジョナサンに立ち寄っています。ここは駅からも遠いので、早い時間だとガラガラで非常に居心地がよろしいのですが、モーニングセットを注文したら「サービスです。よかったらどうぞ。」ということで読売新聞をもらいました。

先着20名に配っているらしいのですが、ただで配るぐらい売れないのかと、購読申し込んだらドリンクバー無料なんですが、たった300円程度じゃないかと、プレミアにもなってないと、見ていて少々哀しくなってくるサービスだなという感想です。

以前読んでから数年経っていると思うのですが、パッと見、え?小学生新聞?と思うほどの活字のサイズ。やっぱり年寄り新聞になっているんだなぁと思いながら紙面を読み進めて気づいたことですが、掲載広告が普段読んでいる日経や産経と大きく異なるのです。

一言で言うと、おばさん(どちらかというとおばあさんに近い)を対象。いや、そうとしか考えられない健康グッズや通販グッズの広告なのです。なんだ、偉そうにふんぞり返ってるけど、所詮この程度の広告しか集められないしょぼい新聞なんじゃないかと思いました。

思ったのですが、そのあとによく考えてみると、そういう広告で間に合う対象読者しか考えてないのかもしれないけれど、結局、その対象読者となる年齢層が、誰に投票するのか?と考えると、なるほどナベツネがふんぞり返るのは当然かもしれないと気づきました。

つまり、ここで読売新聞の古くささを揶揄することは簡単だけれども、じゃあ逆に我々の世代は、そこに訴求力のある新聞、メディアを作っているのだろうか?それに投票行動も促しているのだろうか?と。

素直に自分の世代が読みたくなるようなメディアを作ろうと決意しました。

【メモ】ブログを続ける意味を考えた

無料ブログを使って、いわゆる社長ブログというものを続けて半年。ブログは継続するのが一番だというありふれた感想を得た一方、いったい何のためにブログを続けているの?という疑問は次第に大きくなってきていました。

書き始めた当初からアクセスランキングを上げることに、大きなモチベーションを持って続けていたのですが(当然、会社の宣伝にもなると思って)、当のランキングが上位になってというもの、確かに多くの人に登録してもらったり見てもらったりして、それなりの成果を感じてはいても、だからいったい何だという釈然としない思いを払拭できずにいました。

そして、そのアクセスランキングがブログツール会社のシステム変更とやらでリセットされたときに、ああ、自分のやっていることは、実は何の「効果」ももたらさない、逆にブログツール会社を儲けさせてるだけの愚かな行為だということに気づいてしまったのです。

と、書くと大げさですが、何のためにブログを書くの?という意味を考えた末に、目的を変えてブログを続けたいと思います。

これまでは社長ブログということで日々の雑感を主に社員に向けて書いていたのですが、これからは本業である経営のテーマとともに、これから商売をしようと考えているメディア作りに関する記事を書きためていって、できればそのことで多くの方々と対話できればと思っています。

対話ということなので、これからはあちこちでコメントを書くことから始めようと考えています。