君たちのいちばんのライバルはどこにいるのか?

今年は手塚治虫生誕80周年。松本清張は100周年で、ガンダムも30周年。なんだか記念事業ばかり。

もう、これからはこういった小説、マンガ、アニメの分野で、一人の作家、一つの作品で莫大な富が生まれる時代ではないということなんでしょうかね。もしくは、それほど売れる新しいコンテンツが現代には欠乏しているのか。

でも、新しいコンテンツ自体は、ネットやケータイの空間で今この瞬間もたくさん生まれ消化されていているので、それらが目に見えて収益を上げていないために、過去の遺産でもう一儲けして食いつなごうという、そういった過渡期ということでしょうか。

最近はブログに書くことが山積で、書こうと思う気持ちばかりが先走ってまったく編集ができず、相変わらずタイトルと前置きと本題がずれていますが、まぁ現状このブログはモノローグなので、それでよしということで。

手塚先生、締め切り過ぎてます! (集英社新書 490H)
手塚先生、締め切り過ぎてます! (集英社新書 490H) 福元 一義集英社 2009-04-17
売り上げランキング : 18113

おすすめ平均 star
star「巨匠」手塚治虫像の再確認として

Amazonで詳しく見る by G-Tools

昼に買ったのですが面白くて一気に読み終えました。昔、NHKの手塚治虫追跡ドキュメンタリーで、その驚異的な制作活動をみたことがあります。よく漫画家の仕事は大変だ聞きますが、手塚治虫の仕事は、もはや修行僧のそれに近い過酷さで、ただひたすら息をのんで見た記憶があります。

著者は、手塚治虫の担当編集者からアシスタントになり、三十数年そばでその仕事を見てきた漫画家で(私は知りませんでした)、様々な”伝説”が読みやすくまとまっています。もはや単純に仕事に活かせるとか、そういうレベルではありませんが、その中に手塚治虫が、採用したアシスタントに訓示する場面が印象に残ったのでメモ。

「君たちは、かつて地方にいて漫画家を志し、そして今こうしてここにいるわけだが、実際に原稿をやりとりする制作の流れに身を置いていると、いつのまにかに自分もその世界のひとりとして安住してしまう。絶対にそれだけは避けてほしい。君たちのいちばんのライバルは、地方で漫画家の世界に憧れて頑張っている、漫画家予備軍なんだ」

この言葉、もちろんそっくりそのまま、来月にも”病気”が発症しそうな、全国の「ボクはクリエイティブな世界を志して会社に入ったのに・・・」というシュガーな新人たちに役立つ言葉だと思いますが、私にもガツンときました。

ウェブメディアを通して出版を実現したいという志で起業してこの方、幸い潰れることなく経営を続けていますが、ようやく人や機会に恵まれきて、それをもう少しで実現していけるというこのところ、目前の仕事(メディア制作進行と称した作業)に流されてるところがなきにしもあらず。

もちろん、実際のところ、あれやこれや難関が立ちふさがっているのですが、今このときも、日本のどこかにいる誰かが、人知れずすごいメディアを作ろうと頑張っていて、「あんたのやっていることは古いよ」と言われないかと焦ります。つい最近、寺内に、それはホリエモン病だよと言ったばかりですが(笑)

その寺内と昨日の昼に、やっぱライバルは必要だ、という話をしてました。寺内曰く、会社でも日頃は和やかに話してても心の底では(ぜったいコイツには負けないぞ)と思う相手がいたから頑張れたと。お互い同じ編集者だったから余計にそうだったのかもしれないけど。

自分の場合は、もちろん同僚に負けたくないというのもあったけど、どちらかというと、上司に対してコイツに絶対に勝ってやると思ってましたね。

あ、そこ笑わないように(笑)>萩原さん、寺内さん

ラスベガスを作ってしまうアメリカ人と、高速道路を作ればいいと考える日本人

CSI:科学捜査班、グリッソムやホレイショみていると、今のアメリカ人にとっては、ああいう一見クールに見えるけど、内面は滅茶苦茶熱くって浪花節というのがヒーロー像なのかなぁと思います。日本のドラマも似たようなテーマが増えてて、主人公の設定などかなり意識しているんだろうなとは思いますが、決定的に間違っているのは、そもそもドラマの構造が「群像劇」だから面白いのであって、科学捜査がテーマだったから面白いわけではないということ。もちろん、そんなこと素人に言われなくても現場の人にとっては百も承知で、実現しようにも世界的な市場で作っているドラマと比べられても、という思いもあるんでしょうけどね。

と、CSIは、NYやマイアミも後からできましたが、なんで最初に舞台設定をラスベガスにしたんだろうか?と、そのあたりよくわかりませんが、毎回みていると否が応でもラスベガスっていう街に興味を持ちます。皆さんご存じのとおり、ラスベガスは砂漠の中に作られたギャンブルの街。最近、映画「バグジー」が、ラスベガスにカジノ付き大ホテルを最初につくったベンジャミン・シーゲルの話だと知って見たのですが、ものすごい滅茶振りですね。ああでもしないと街は作れないものかとその情熱に圧倒されました。

さて、ドラマに映画にいったいどんな与太話かと思われそうですが、ラスベガスを作ったアメリカ人に見る、いわゆるフロンティアスピリッツというものがどういう情熱を指し示していて、翻って自分がいかに日本人的な気質に染まっているのか痛切に実感してるという話です。

要点はこうです。一人の情熱ある(この場合、しかない、のかもしれないが)男が、砂漠にカジノ付き大ホテル、フラミンゴ・ホテルを造った(造ることを決めた)。そうすると、そこに面白みを感じた有象無象が集まって最終的には世界的な観光都市ができあがった。観光地をプロデュースするのに、コンセプトアトラクティブという考え方があると以前もブログに書いたのですが、ラスベガスの場合は、観光地となるホテルそのものをゼロから造ったというところがさらにスゴイ話です。

で、どうしてアメリカには、自分にとって参考となるウェブメディアが多いのか、シリコンバレーの話を読んでも、天の邪鬼な自分には、ほんとうにそんなにスマートでクールにやってんのかね?と疑問だったのですが、ラスベガスのような街の作り方を体感しているアメリカ人という視点からみると、ああ、ウェブが彼らにとって新しいフロンティがであって、そうやって情熱を傾けているのか、としっくり納得できた気がしました。

どうしてこんなことを今日、思ったのかといえば、先週の河野さんとの事業戦略MTGで、危うく誤った戦略を選択するところを間違いを正してもらったためです。ウェブメディアを作ろうというのに、そういった本質を押さえずして、どのサービスがどうだとかレビューを繰り返したり、または、ツールやデザイナーを増やしても、ほとんど意味がないということ(それはやって当然だという話)。必要なのは、作ろうとしているものが「人が集まる」ものなののかどうか、ということであって、集めるためにやっているのか、作るためにやっているのか、胸に手を当てて考えたら、前者を考えつつ、実は一生懸命後者の戦略をとっていました。

どうしてそうなんだろう?と考えてみて、日本人のメンタリティなどと、大雑把な議論にしてはダメなのはよく分かっていますが、それでも、もはや原野を開いて都市を作ろうなどという場所すらリアルに残っていな い国土に生活していたら、人が来るようにするためには、もっと道路を造ろう、どうせなら高速道路がいいんじゃないか?いや新幹線があったほうがいい。とい う発想になりがちなんだと感じています(政治家や官僚を笑えません)。自分では、既存のシステムから独立して考えられると多少自惚れているところがありましたが、待ったくの誤り。どっぷり現体制に使っていると思い知らされています。

許状をいただきました

p1000872

昨年申請していた許状をいただきました。

これは免許のような資格認定証ではなくって、ここまでの点前を先生から学ぶことを許しますよというものです。

修道のご案内 −修道課程(許状種目)と取得できる資格−

これでいくと、中級の和巾点までの許状をいただきました。まぁ、それなりの額を投資してあります。この先、どれぐらいかかるかわかりませんが、茶名を頂くまでは続けるつもりです。

もちろん許状がなくても稽古はつけていただけるので、ちょっと嗜む程度であればカルチャーセンターなどでも十分だと思いますが、一度社中にはいったらその先生が亡くなるまでは師匠を変えないというのがお約束なので、本格的にやってみたいと思うなら最初にしっかりと良い先生を探しておかないと後悔すると思います。まぁそんな本気モードの人はそういないでしょうけど。

先生も本気でやっている人には大変厳しいです。もう何十年もやっておられて茶名はもちろん准教だったりするような方でも、途中から入ってこられれば私の後輩。そういう方には、新しい社中では後輩だということで気を配り、しかしお手前では大先輩なのだから、周囲に気兼ねして簡単な稽古ばかりでは意味がない、その当たりよく考えるように、とか。先日も先生と大先輩でこういうやりとりがありました。

「どうしてそうするの?違いますよ。」
「はい、さきほど、誰それさんが、このようにしているのを見ておりまして、それでどうも間違ってしまったようです。」
「ちょっと。でも、あなたのお手前は間違っているのでしょ?」
「はい・・・。」
「先生が間違っているといっているのだから、『はい』だけでいいのです。前の方がどうなど、関係ありません。」
「はい・・・。」
「そもそも前の方が間違っている点前をしているのを見ていて、それを何も考えず真似ているのが悪いのです。」
「はい・・・。」

あとは、会話。話題の振り方。どうして人が叱られているときに、あえてそういう話をするのか、とか。とにかく、気配りについては、とても厳しいです。厳しいですが、叱られないということは、まだまだ弟子としてまったく相手にもされていないということで、「あなたも早く叱られるようになりなさい」という入門3年目です。

昨日は、予定していた仕事がなくなってしまったので、ちょっと日本橋まで出かけてお宝をみてきました。

三井記念美術館 三井家伝来 茶の湯の名品

まだまだ所作に必至で、先生の貴重なお道具を味わう余裕もなければ知識も足りませんが、ものを見ないことには始まらないので、今年は時間を見つけてお宝見物に出かけようと思っています。

あれですね。教書に出てくるような、名だたる武将や将軍が所有していた道具が伝来して、いま眼前にあるというのは迫力がありますね(って、本当のところ、まだ言われなかったら普通の茶碗にしか見えないんだけど)。

「ウェブはバカと暇人のもの」

この本についても触れていかなければならないかな。

ウェブはバカと暇人のもの
4334035027 中川淳一郎光文社 2009-04-17
売り上げランキング : 164

おすすめ平均star
starIT小作農からの一家言
star「ネットで話題」を巻き起こすためのハウツーあり

Amazonで詳しく見る by G-Tools

冒頭で著者は「運営当事者」側の河野さんの意見として口コミ本を引用しておられるが、日頃から河野さんの薫陶を受けている私も全く同感です。引用を引用します。

「インターネット万能論を多くの人が唱えています。はっきり言います。そんなのは夢物語です。ウソといってもいい」
「通常、ネットの一部で話題になっているだけでは世間的な影響は全くありません」

そんなんじゃクチコミしないよ。 <ネットだけでブームは作れない!新ネットマーケティング読本> そんなんじゃクチコミしないよ。
河野 武

ただ「結局、B級ネタがクリックされる」として、「まずネットでは、タイトルが重要なのである。」というのだけど、「ウホッ」っていうような、バカなタイトルで釣っているのだから、バカや暇人が集まるのは当たり前じゃない?というのが率直な感想。

だったんだけど、読み進めるうちに、そういうのを後から言うのは簡単で、それで分かったつもりになるのは非常に危険かもしれないと感じてきた。

「新世紀メディア論」でも究極、「編集バカ」みたいなやつがバカみたいにやっているメディアしか成功しないと言っているのだと理解しているんだけど、この本を単に読んだ人間が「だからネットはバカや暇人の集まりだ」といったところで、真剣にバカやってきた中川氏の論じている「バカと暇人」の真意にたどり着けないかもしれない。と(深読みしすぎかな)。

まぁ、PV上げるのがミッションでタイトル付けするメディアを作ったらバカや暇人しか集まらないんじゃない?っていう疑念は完全には払拭できていないけれど。だからといって品格や質の問題でもなかろうと、このあたりまだモヤモヤしています。

あと、確かにテレビは依然として強力なメディアだけれども、つい数年前、実家で親父と「新聞いる・いらない」論争でかなり熱くやりあっていたのが、去年あたりから「やっぱりおまえの言うとおりだった。最近の新聞はつまらん」と、70にならんとするじいさんが、あっさり新聞購読を一切やめたぐらいだから、もしかするとあっという間に「あれ、テレビっていらないんじゃない?」って時がくるんじゃないかとも思います。

メディアは実践するものだっていうのは、この半年自分でブログやって、編集もやって分かったこと。そういう視点でこの本もメモ作ってみようと思います。

松本清張生誕100年

スカパーの日本映画専門チャンネルで松本清張特集やっています。HD放送で、未ビデオ化作品も放映とあって、とりあえず全部チェックしてます。古いドラマは、重厚なドラマを楽しめるだけでなく、昭和30年代当時の習俗を知る意味でも面白みがあります。

危険な女」は原作の「地方紙を買う女」がすごく良いのですが(宮部みゆき選の短編集がお買い得でおおすすめ)、芦田伸介があまりに若くてそっちの方が驚きでした。「けものみち」はちょっと前に米倉涼子が主演して評判になりましたけど、池内淳子主演の映画のほうも全く古さを感じさせないというか、どちらかというとこちらの方がかなり色気があると思います。「点と線」も、最近たけしが主演でテレビでやってますが、あれは余計な(というか意味ない)戦争体験のエピソードなんか付け加えて最悪でしたが、これも1958年版のほうが圧倒的に出来がいいと思います。

今回ヒットだったのは「黒い画集 あるサラリーマンの証言」。半世紀前の40代ってのはいまの50代後半ぐらいの精神年齢なんだなと、昔が老けていたのか、今が幼いのか、同じ国とは思えない感じです。

ということで、今年は松本清張生誕100年。

週末、自宅の近所にある世田谷文学館の清張展にもいってきました。本関係の仕事をしていますが、はっきりってブンガクには興味はないです(つまらない)。ただ、近代作家の書斎や生原稿は非常に興味があって、たまに足を運びます。去年も宮脇俊三展などはよかったです(この人は有名な編集者でもあるし)。

当時の作家の知的生産の現場を見るというのは非常に面白いですね。どうやって取材メモをとっていたのかとか、どういうペンを使っていたのかとか。ちなみに清張については、小倉にある清張記念館には高井戸にあった清張の書斎をそっくりそのまま移築してあって、これは見応えというか迫力があります。

1970〜80年代ぐらいの書斎って、じいさんの書斎という感じで、使われている文房具など見ているとなんだか懐かしいのですが、現代は書斎って実空間的にはもうほとんど存在しなくって(書斎を持とうなんて思う人少ないと思うけどどうなんだろう)、実際優れた人ほど知的生産はノートパソコン1台だったりするわけで、将来記念館作っても見栄えがしないだろうなぁ、なんて思いました。

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)
4167106949 宮部 みゆき 文藝春秋 2004-11
売り上げランキング : 17896おすすめ平均star
star巨匠を知るのにオススメ。純文学にミステリーに現代史
starこの本の存在を知らなかった
starドラマのもやもやは解消されなかったけれど

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新型プリウス 続報

というかもう土曜日に買いました。新車発表は一ヶ月後、パンフレットもないという状態なのに。そして納車は9月。

呆れるほどの売れ行きで、また一週間待ったら次いつになるか分からないといことで(そういうことにしてだろうけど)、いつもの担当だけでなく、その上司の副店長さんまで同行して前倒しで営業にやってこられました。

副店長さん曰く、先週テレビの取材に答えたんですが、ということで、この近辺、いま売上の8割はプリウスで体感では9割ぐらいな感じだそうです。今回から他の系列含めて全ての店舗で販売できるようになったために、割り当てが減って大変ということで、いまお世話になっている高井戸店には月100台しか割り当てがこないそうです。

プリウス以外売れないから、プリウスを買いたい人にものすごい営業攻勢なんでしょうね。その場で前の週に担当の方に出してもらった見積よりも、下取り価格を高く、車検も半額にしてもらいました。今回は税金(重量、取得)は特別減税でゼロだし、下取りもディーラーにしてもらったので手続諸費用もゼロだし、排気量は上がるしグレードもあがってるし(従来のGがSに)はっきりって相当安いと思います。

安くなったので気をよくして、ナビの他にサイドモニターもつけることにしました。新機軸のソーラーエアコンシステムは、そもそも実験的なシステムだし、太陽電池にガンガン日光が当たらないと作動しないそうだし、「そもそも納車のころって夏終わってるよね?」「・・・ですね。あはは・・。」20万もするので見送りました。

今のプリウスにも新機軸で車庫入れアシストシステムという自動運転装置がついてるんですが、結局一回も使ってません。こういう目くらましはいらないってことですよ。皆さん。

あと、気になるインサイトとの比較ですが、あれってずっとエンジンが回っているそうです。モーターだけの走行はないってことで、それじゃ面白みがないですね。

まぁあれこれ書いても結局、手元にくるのは秋。まだ夏も来てない。待ちくたびれそうです。ディーラーにしても今買い取り価格出して、結局その後、半年間乗り回すのだから、走行距離は伸びるしで見積もあったもんじゃないってことで大変ですね。

と、ぐだぐだプリウスネタを書いたのも、検索数がすごいからでした。みんな興味あるんだね。

e38394e382afe38381e383a3-3

しかし、家族が増えてもミニバンとかに買い換えないで、当然の如く自分本位で買い換えてるし、そのうちママ友連から「ええぇえ?、信じられな〜い」とか言われるのは必至だ。わはは。

ハブメディアでの事業提携を検討中

今日は具体的にハブメディアプロジェクトを提携して展開したいという会社に出向いてきました。事務所から徒歩3分という近所です。

大手企業をクライアントに持つシステム開発会社ですが人材派遣の部分でかなり運営ノウハウに長けた会社のようで、受託開発だけでなく開発業務を社員にも積極的に手がけることを進めていて、提案してくださった方も、実はこの会社で働きながら当社の外部スタッフとしてテクニカルライティングで協力していただいている方です。

今回は明確に、執筆と編集の分業でハブメディアを大量生産できる可能性が見えてきました。なによりビジョンに共鳴してくださって問い合わせてくれたということで、とても話が早いです。

このところ制作案件はたくさん増えてきたのですが、そろそろ本格的にハブメディア編集者が不足してきました。さて、人材確保どうしようかと考えていますが、そういう視点で、このヘッドウォータス社の社長さんのブログを読んでいて、人材育成感には共感できる部分が多いです。

当然、リーダーとして、ビジネスパーソンとして一流を目指さなければならない。この両面を徹底的に要求するのがHWSだ。どちらか一方をやっていれば、安定な未来が手に入るならHWSなどいらない。エンジニアは他社へ行けば良い。

育成とは要求すること - 株式会社ヘッドウォータースオフィシャルブログ

一見鬼のように見えますが、私には仏の社長さんだなぁと思います。

エンジニアの前にビジネスパーソンたれというのは、当社もまったく同じで、クリエーターの前にビジネスパーソンじゃないと話にならないので、いくらパソコンの前でマウスをカチカチしてても編集者にもデザイナーにもなれないよって言っているのですが、まぁ気づかない人はいつまでも分からないのかもしれませんね。

メディア作りの仕事に取り組む情熱ある人を集めたいと思いますが、情熱がある人というのは、具体的にいうと厳しい要求を乗り越えて成果を上げていける人ということで、大声を出していくことではありません(声出さないよりはいいけどね)。

で、会議室から御苑が一望できました。実はここのビルは狙ってたんですよねぇ。いいなぁ。

p1000866

「新世紀メディア論」 − [mi]みたいもん!

ただ、ここに書かれていることはとっくに現実になっていて、その現実を受け入れられるかどうかで、出版社のネット戦略は大きく違うものになるだろうということは想像できます。

[mi]みたいもん!

いろいろなレビューを読んでいると、みなさん本書の造本について感心されておられて、さすがこばへんスゴイという感想なのですが、私も小林さんは、書籍や雑誌というデバイスには大変愛着を感じておられるのだろうし、それが絶滅するなどということは全く考えておられないと思います。これからもいい本は売れ続けるだろうし、新聞や雑誌はなくなるかもしれないけど、本は絶命しないだろうと思います。

小林さんも冒頭で、出版業界を取次制度依存業界に過ぎないと断じ、出版という言葉を再定義しようと仰っているとおりで、新しい出版をやっている出版社もあれば、どっぷり依存体質でやっておられるところもあって、後者の場合ネットメディアの現実を受け入れたら会社自体が成り立たないんじゃないかと思います。少なくとも依存体質の会社はネット戦略(ってどんなのか分からないけど)でなんとかできる範疇のことではないかと。

デジカルとしては、いい本を作っている出版社とは引き続きお仕事をしていきたいし、自分たちでもネットメディアも作っていきたいし、ネットメディアを作りたい人とも一緒に仕事をしていきたいし、そのこと全てをひっくるめて新世紀メディア論の「出版」と理解しています。

「新世紀メディア論」 − 湯川鶴章のIT潮流

勝ち残りたい社は、この本の内容を理解して進化し、古いビジネスモデルから脱却できない競合他社を蹴落としていくしか生き残りの道はない。この本は競合他社と肩を並べて勉強するような内容ではないし、そうする時間はメディア企業に残されていない。

湯川鶴章のIT潮流

同感です。勝ち残りたいです。どんどん蹴落とします(笑)

私もどうしてあの会社(版元ね)は、素晴らしい環境が整っているのにやらないんだろう?と思うところはたくさんありますが、それは古いビジネスモデルから脱却できないからですね。
#だからあの会社に話を聞きに行っても時間の無駄だと思うよ。ほっとけばいいんじゃない?>寺内さん

小林さんも本書を通じて訴えていますが、同業の出版人に対するもどかしさみたいなもの、私自身は、逆にそうやって古いままでいてくれた方が競合が減ってありがたいなー、まだまだ気づかないでくれーと思ってます(笑)

横並び意識のまま共存共栄を目指せる状況ではない。」と湯川さんは仰っていますが、私もこの問題は同業でいくら勉強会開いたって、または情報共有したって、何の意味ないんじゃない?と思っています。ま、みんな不安なんでしょうけどね。

ということで、逆にウェブでこの本の書評書いている人は、きっと、そういう感じで群れない意識の高い方々ばかりだと思うので、こちらから押しかけていって勝手に1人読書会続けようと思います。

「空飛ぶタイヤ」

wowowの連続ドラマW。第3弾にして頑張ってると思います。

最初、タイトルだけ横目でみて、また期待薄だなと思っていたら(第1弾、2弾とも残念だったので)、結構しっかりした作りの社会派企業ドラマでした。日本のHD放送のドラマは映像がピカピカしすぎて目が痛いのですが、これも落ち着いた映像で好きな感じです。

原作小説があるらしいのですが読んでません。原案は、どうみても三菱ふそうのトラック脱輪事故なので、こういうドラマは地上派では無理でしょうね。そういう意味でもwowowオリジナルでやる価値が高いんじゃないでしょうか。こういうのをもっとどんどん作って欲しいです。

しかし、タイトルが失敗していると思いました。「脱輪」とか「隠蔽工作」とか「リコール」とか、それこそ第1弾、2弾のようなストレートで堅めのタイトルのほうが良かったんじゃないかなぁ。「空飛ぶ」って、なんとなくメルヘンチックな感じがします。それに、なんとなく被害者をないがしろにした表現のような気も。自分だけか。

リコール隠しで、事故原因を運送会社の車両不良にしようとする大企業自動車メーカーと、事故で主要取引先から取引停止を次々に宣告され、必死になって対応する中小企業の運送会社社長。当然後者にシンパシーを感じつつ見ているわけですが、大きな組織で働く(というか政治活動している)社員の気持ちも理解できるしで、まぁいろいろ考えさえてくれるいいドラマだと思います。

つい最近も銀行を回ってきたので、資金繰りに奔走する仲村トオル演じる赤松社長を見ていると、同年配だし人ごとじゃありません。超リアルです。その赤松社長夫人役の戸田菜穂さん。彼女は最近奥さん役が多い気がするのですが、いい感じ。

空飛ぶタイヤ