「新世紀メディア論」 − [mi]みたいもん!

ただ、ここに書かれていることはとっくに現実になっていて、その現実を受け入れられるかどうかで、出版社のネット戦略は大きく違うものになるだろうということは想像できます。

[mi]みたいもん!

いろいろなレビューを読んでいると、みなさん本書の造本について感心されておられて、さすがこばへんスゴイという感想なのですが、私も小林さんは、書籍や雑誌というデバイスには大変愛着を感じておられるのだろうし、それが絶滅するなどということは全く考えておられないと思います。これからもいい本は売れ続けるだろうし、新聞や雑誌はなくなるかもしれないけど、本は絶命しないだろうと思います。

小林さんも冒頭で、出版業界を取次制度依存業界に過ぎないと断じ、出版という言葉を再定義しようと仰っているとおりで、新しい出版をやっている出版社もあれば、どっぷり依存体質でやっておられるところもあって、後者の場合ネットメディアの現実を受け入れたら会社自体が成り立たないんじゃないかと思います。少なくとも依存体質の会社はネット戦略(ってどんなのか分からないけど)でなんとかできる範疇のことではないかと。

デジカルとしては、いい本を作っている出版社とは引き続きお仕事をしていきたいし、自分たちでもネットメディアも作っていきたいし、ネットメディアを作りたい人とも一緒に仕事をしていきたいし、そのこと全てをひっくるめて新世紀メディア論の「出版」と理解しています。

「新世紀メディア論」 − 湯川鶴章のIT潮流

勝ち残りたい社は、この本の内容を理解して進化し、古いビジネスモデルから脱却できない競合他社を蹴落としていくしか生き残りの道はない。この本は競合他社と肩を並べて勉強するような内容ではないし、そうする時間はメディア企業に残されていない。

湯川鶴章のIT潮流

同感です。勝ち残りたいです。どんどん蹴落とします(笑)

私もどうしてあの会社(版元ね)は、素晴らしい環境が整っているのにやらないんだろう?と思うところはたくさんありますが、それは古いビジネスモデルから脱却できないからですね。
#だからあの会社に話を聞きに行っても時間の無駄だと思うよ。ほっとけばいいんじゃない?>寺内さん

小林さんも本書を通じて訴えていますが、同業の出版人に対するもどかしさみたいなもの、私自身は、逆にそうやって古いままでいてくれた方が競合が減ってありがたいなー、まだまだ気づかないでくれーと思ってます(笑)

横並び意識のまま共存共栄を目指せる状況ではない。」と湯川さんは仰っていますが、私もこの問題は同業でいくら勉強会開いたって、または情報共有したって、何の意味ないんじゃない?と思っています。ま、みんな不安なんでしょうけどね。

ということで、逆にウェブでこの本の書評書いている人は、きっと、そういう感じで群れない意識の高い方々ばかりだと思うので、こちらから押しかけていって勝手に1人読書会続けようと思います。

「空飛ぶタイヤ」

wowowの連続ドラマW。第3弾にして頑張ってると思います。

最初、タイトルだけ横目でみて、また期待薄だなと思っていたら(第1弾、2弾とも残念だったので)、結構しっかりした作りの社会派企業ドラマでした。日本のHD放送のドラマは映像がピカピカしすぎて目が痛いのですが、これも落ち着いた映像で好きな感じです。

原作小説があるらしいのですが読んでません。原案は、どうみても三菱ふそうのトラック脱輪事故なので、こういうドラマは地上派では無理でしょうね。そういう意味でもwowowオリジナルでやる価値が高いんじゃないでしょうか。こういうのをもっとどんどん作って欲しいです。

しかし、タイトルが失敗していると思いました。「脱輪」とか「隠蔽工作」とか「リコール」とか、それこそ第1弾、2弾のようなストレートで堅めのタイトルのほうが良かったんじゃないかなぁ。「空飛ぶ」って、なんとなくメルヘンチックな感じがします。それに、なんとなく被害者をないがしろにした表現のような気も。自分だけか。

リコール隠しで、事故原因を運送会社の車両不良にしようとする大企業自動車メーカーと、事故で主要取引先から取引停止を次々に宣告され、必死になって対応する中小企業の運送会社社長。当然後者にシンパシーを感じつつ見ているわけですが、大きな組織で働く(というか政治活動している)社員の気持ちも理解できるしで、まぁいろいろ考えさえてくれるいいドラマだと思います。

つい最近も銀行を回ってきたので、資金繰りに奔走する仲村トオル演じる赤松社長を見ていると、同年配だし人ごとじゃありません。超リアルです。その赤松社長夫人役の戸田菜穂さん。彼女は最近奥さん役が多い気がするのですが、いい感じ。

空飛ぶタイヤ

「新世紀メディア論」P.028

今日はP.028。

ウェブ上では取次に任せておけば本が並ぶというわけではないのです。すべて自力で、マーケティングからプロモーション、はてはビジネスまで編み出す必要があるのです。だから、ネット上でメディアビジネスを行うということは、自然と全部やることになるのです。

私の会社では、ということで以下の項目を引き受けているとのこと。

  • 編集、デザインは「できて当たり前」
  • システム開発
  • SNSのエンジン提供
  • ブログのカスタマイズ
  • 戦略立案
  • 市場調査
  • SEO
  • ウェブプロモーション

編集・デザイン「できて当たり前」とあっさり書かれているのですが、このどちらも戦略なくして成立しないものだと思うので、実はこの2つができるということは、そもそもウェブメディアの戦略立案ができる、といことは市場調査もできてマーケティングもできた上でという話だから、その裏付けとして要素技術を理解してコントロールできないとそれは無理だろうし、というわけで、やっぱりその下全部ができてないと無理ということですか。

それには相当な知識量と経験値が必要になるだろうけど、この全部を自分でやる必要もなく、どこを押さえてやっていくかということでしょうか。

さしあたって皆目検討もつかないのは市場調査の件。この場合の市場って何を差して仰ったのかこの部分だけではよくわかりませんが、ま、どうせ皆目検討もつかないのだから直感でいいんじゃない?と、今日のところはそういうことにしておきます。

わたし自身は他企業のメディアを組成するお手伝いも立派な出版事業だと考えていますが、前述のように「出版」の言葉の壁がそう謳うことを阻み、多くの人から「出版人じゃない!」と論難されるわけです。

これからはメディア編プロの時代だって理解しました。

あ、メディア組成のお手伝い仕事の場合に、上に列挙したことを当社でもきちんと説明できないといけないね。そういう人材育成と人材確保をやります。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に 新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
小林弘人
Amazonで詳しく見る

「新世紀メディア論」P.138

さて。これに触れないわけにはいかないでしょう。
ひとり読書会をやって、どんどんメモを作っていこうと思います。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に 新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
小林弘人


Amazonで詳しく見る

付き合ってくれる人は何かコメントください。

今日はP.138。

「本書で紹介した「BOING BOING」や米「GIZMODE」のようなブログ・メディアも、その滑走時(冷遇期?)には、「メディアを創出したい」という”怨念”のような非合理さがドライブしてきたものと推察されます。損益?赤字ならほかでバイトをして、それをやり続けるだけですよ。」

ああ、もうこれで結論じゃないかと思いますけど(笑)

さっきカンブリア宮殿の録画みたら一風堂の社長さんが出てましたが、新しく飲食店始める人に仰りたいことは?と村上龍に問われて。

「大変ばい。現実に始まったらあんたが思いよるようには上手くいかんちゃないと。ちゃんと考えとるか覚悟はしとるか。」

ほんとそうやろうね。

相客に心せよ

4月で稽古を初めて3年目突入です。

先輩方といっても、中には他では先生をやっていらっしゃる方もご一緒なので、かなりハイレベルなところに加わっているのですが、このところ、花月といって、5人で札を引いて順番に亭主や客を交代で行う稽古があって、ようやくその末端にも加えてもらえるようになりました。

それでも、まだまだ、手が違う、置く場所が違う、動作が速いなどと様々注意され続けているのですが(まぁ先生には一生言われ続けるわけですが)、よく犯しがちな過ちは、茶碗を引いて、茶巾をとって、次は何?などと、頭で先に先にと「自分の所作のことばかり」考えていて、肝心のお茶がおいしくない、ということです。

簡単な点前でも相当の集中力が必要ですが、それでも手順を間違えます。慎重にやって、さらにお茶を美味しく点てるためには、相当の鍛錬と準備、それに裏付けられた余裕があって、さらにその先に客を思いやる心が必要で、そういうことを失念しがちです。

これは仕事でも全く同じでしょう。社員を見ていても同じことをいつも思います。自分の技術を磨くことばかり考えていて、もしくはゲラをつくることばかり考えていて、執筆者や依頼者や同僚や協力者のことがすっかり抜け落ちている人。そして、そういう人は肝心の品質が足りないことがほとんどで、「自分の力が足りなくてすみません・・・でも、自分はこんなに頑張っていますよ!」と。

あくまでも自分の気持ちだけが大切なようです。

会計参与の前沢先生にも、これからは、日本人の質がどんどん落ちていく、そういう中で社長はどう経営をするのか?ということを毎回、問われています。

先日、歓迎会があるというので店にいったら歓迎すべき相手が待っていて誰も来ていません。昨日、会議をしたら予定時刻の5分を過ぎて、集まって くださいと声をかけられて、ようやく集合。嗚呼。社長の日頃の行いが良くないですね。こういうのを叱り飛ばしていかないと、この人たちは一生、子供の感性のまま生きていくんだと。心を鬼にして叱って行かねばと思いました。

相客に心せよ。

でも、これが、ああなるほど、こういうことなのかも、と頭にはいってくるためには、相応の稽古が私にも必要でした。

だから、今いくら社員にブログやメールで訓示をしたところで、彼らの頭には一切入らないでしょう。

その稽古にしても、最初、師匠に、背筋を伸ばしなさいと注意されたときに「もっとお腹を出しなさい」と教えてくれたのですが、そうやって、ああなるほどと思える指導を考えたいと思います。

新型プリウス

来週車検です。

今のプリウスは丸3年、走行距離34,000km、傷だらけ、シート汚されまくりです。週末ディーラーの担当者にきてもらって、たくさんついている傷を車検ついでに直してもらおうと見てもらいました。

そのときに、トヨタ営業社員向けという新型プリウスの説明書を見せてもらったのですが、いやいい感じですねぇ。性能アップ、グレードアップなのに価格が下がるという、いままでは考えられないとんでもない状況だそうで、それもこれもホンダがインサイトをぶつけてきたためだということです。

プリウスは中古車も在庫が店頭に1台もがないぐらい人気があり(出す端から売れるそうで)、いま下取りに出すとまだまだ高値で売れるということ。見積を出してもらいました。そこそこの価格がついたので(サービスもしてくれたので)、じゃあもう傷は治さないでそのまま買い取ってもらおうと、いま予約したらいつ納車なの?と尋ねてみると、先行予約(5/18発表)で今週予約で、納車は8月末だそうです。

いまのプリウスも予約して納車まで3ヶ月待たされたのですが、当時よりさらにものすごい勢いで注文が殺到している模様です。買い取り価格は現時点の価格で据え置きにするというので(当然ですが)、前向きに検討中ですが、パンフレットも見ず、試乗もせずに買うのは少々勇気がいりますね。しかも納車が4ヶ月先。

営業マン曰く、プリウスは売れていても、今まで利益出していたセダン(アリオンとか)が1台も売れないそうで(力説してました「1台も売れない」と)、カローラやヴィッツを買っていた層もみなハイブリッドに切り替えようと思っているらしく、それなのに生産数を増やさないので営業が大変だと言っていました。

クルマにロマンを感じる派ではないので、特段走りにこだわりはないし、エコなんて全く考えてもいないのですが、プリウスの半分電気自動車の先進性は捨てがたいと思ってて、今度もソーラー電池で炎天下の駐車中にエアコン動かしたり、ヘッドアップディスプレイついていたりで、ギミックとして面白そうです。

贅沢かもしれませんが、パソコンとクルマのように毎日使うものに妥協すると毎日後悔することになるので、良いと判断したらすぐに買い換えると思います。

作り手側としてハブメディアで実現したいこと

昨日はハブメディアについて話を聞きたいということで体育会系学生に特化した就職支援サービスを提供している会社の社長さんが来社されました。

私自身は、ブラスにオケで文学部という生粋の文化系だったんで、体育会系サークルの雰囲気は20年ぐらいまえに友人から聞いたぐらいの話しかわかりません。体育会系学生の就職に関しても、会ってお話を伺うまでは、気合いと根性の世界、でも大企業では引く手あまたというイメージしかありませんでしたが、現在は全然状況が違うようです。

まずはチームプレイの重要性を理解した学生の有用性について伺ったのですが、確かに誰もがピッチャーになれるわけでもない世界、君はこのポジションだと言われて頑張るのは、そっくりそのまま会社に当てはめることができると思います。デザインや編集の世界でも、この仕事じゃなきゃヤダというワガママ(なくせに言うほど能力のない)学生があふれかえってますから、実感としてそれは優秀だろうなと感じました。

私自身、体育会系というとコミュニケーション能力だけが異常に高いといった先入観がとても強かったのですが、いまやスポーツの世界は戦略、戦術の時代。入社したら、実は学生のほうが上司よりもロジカルな思考に長けていて、あっという間に能力のない上司を見抜いてしまうというのが実情のようです。ますます体育会系学生の魅力が増してきました。

社長さんから伺った話で非常に感銘を受けたことなんですが、先日のWBCに関連して、そのインタビューで「イチローや松坂って絶対チームのためにって言うんだよね」ということ。会社のためにって言わない社員は嘘でしょう。ということなんですが、その通りだと思います。

最近の学生が言うそうです「成長したい」と。でもその成長は結果であって、過程はどうなんだと。会社のため(この場合、その会社のビジョン実現のためというのがより正確だね)に頑張ってこそ得られる成長。そのビジョン達成のために与えられたポジションを全力で全うできない社員に成長なんてありはしないと、そんな当たり前のことを教えない親が多いのだろうなと感じました。

ああ、なんだかエントリーのタイトルを間違った感じがしますが、他にもいろいろと社長がさんが熱く語っていた体育会系学生の将来性について、もっと多くの経営者に知ってもらいたい、体育会系学生たちにも、もっとチャンスを増やしてあげたい、それに至らない部分を教えてあげたい、そういうことをどうすれば上手く伝えることができるのか、その点を最初本を出すことで考えていたようなのですが、とても費用対効果にそぐわないということで、ハブメディアに着目していただきました。

ビジョンを語る上でブログは非常に有効なツールだと考えています。しかし「書く」困難、もっと言うと「書き続ける」というハードルの高さは作家やライターでない限りそびえ立つ壁のようなもので、それを乗り越えるためのお手伝いすること、さらに、普通のブログでは体系的な情報の整理に向いていないので、その部分をお手伝いすること(目次をつくること)、という2つの柱でハブメディアサービスはお手伝いできるだろうと考えています。

さっそく提案書をご用意することにしました。

逮捕の瞬間を激撮してみた

夕方、考え事をしようとしても邪魔が多いので、外に出かけました。

何かの情報誌で厚生年金会館前に落ち着いた音楽喫茶があると知って、実は、最近お気に入りです。オーディオマニアじゃないからよく分かりませんが、かなりいい機材でいい音が出ています。

二階にある店で靖国通りが見下ろせるのですが、席について珈琲を頼んで、さてと、とメモ帳を開いたら、眼下にパトカーに制止されてミニバンが止まりました。

何の違反だろうと思って何気なくみていたら、運転手の女性だけでなく助手席の男性にまで免許証を提示させようとしているじゃありませんか。?と思った瞬間に、車道側の後部座席に座っていた男性が現れたかと思うと、様子をうかがうように通りの反対側に歩き出し、脱兎のごとく駆け出しました。

??と思うまもなく、助手席側で尋問していたお巡りさんが追いかけます!

という状況からカメラを手にしました。

p10008111
逃走しました!至急応援を要請!
p10008122
あ、また逃げた!

あっという間に追いついて向こうの横断歩道で信号が変わるのを待っていたのですが、突然逃げ出してバスと接触しそうになって、再びお巡りさんが追いかけます。

p10008131
追いついた!
p10008151
確保!
p1000818
こら!往生際が悪いぞ!
p1000823
3分もしないうちに続々と応援がやってきました。早い。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります。
刑事らしき人もやってきました。野次馬もなんだなんだ。と集まります
p1000833
そして10分もしないうちに連行!背広を着た年配刑事があれこれ指示します。実にカッコいいです。
p1000835
撤収!のころに救急車がやってきました。どうやらバスの乗客が怪我したようです。
p1000838
交通鑑識みたいな感じの警察官もやってきました。

この間全部で20分ほど。

新宿なので、昼間でもよくパトカーが集合して、それらしい怪しい黒いクルマを囲んでいるような場面には出くわしますが、目の前で一部始終を見たのは初めてです(もちろん撮影したのも)。

夕方の靖国通りなんてすごい渋滞になるわけですが、余計な混乱を引き起こさないようにということなのか警察の迅速かつ無駄のない対応には感心しました。

それにパトロール警官から刑事から救急から交通鑑識からとスムーズな連携みてて、そのプロフェッショナルぶりにも脱帽です。サードウォッチっていう結構好きなアメリカドラマがあるのですが、まるでそんな感じでしたね。

危険を顧みず一人逃走した犯人(というか不法入国者じゃないかな)を追いかけた警察官を見てて、なんだか、自分の仕事がものすごく小さく感じて、せっかくのブログネタを上手く伝えられない文才の無さにも軽く失望中です。

警察の皆さんほんとご苦労様です。

あ、肝心の考え事する暇がなかったよ・・・。

【メモ】コミュニケーションって不足するものなのか

コミュニケーションって何ですか?って問われたら皆さん答えられます?
正直に告白しますが、私はいま正確な答えを持っていません。

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」って番組で最後に質問しますよね、プロフェッショナルとは何か?って(最近は見てないんだけど、確か)。それでいろいろな答えが出てきて、ふーん。へぇ。なるほど、と思うのですが、きっとあれですね。コミュニケーションも。そう思っています。

対話とか会話とか意思疎通とか、具体的には立ち話、井戸端会議、打合せ、メール交換、電話、チャット、ブログコメントとか、ですか。人それぞれコミュニケーションってこうだという定義があるんじゃないかと思います。

立場上、よくコミュニケーションが足りないって言葉を耳にするのですが、あれってどういう意味で言っているのかいつも不思議に思っていました。足りないっていうのは、いったい何センチメートル不足なのか、もしくは何キログラム増量すればいいのか、そういう具体的な指数で示せるものなのかと。

いろいろ考えた結果、コミュニケーションは、究極的には「ある」か「ない」か、の違いしかないんじゃないかと思っています。もしかすると「ある」場合に、「快適」か「不快」かの違いはあっても、足りる足りないの問題はあり得ないと考えています。

ということは、なにかにつけて、「コミュニケーションが足りません」と口にしている人は、ここは自分を快適にする環境ではありません、という不満を漏らしているに過ぎないと、最近ではそういうように理解しているのですが、どうしてそう考えるのか、その背景を考えてみました。

恐らくですが、なんとなくコミュニケーションっていう言葉にすると、美しく穏やかで、親密な対話のことを想像されることに問題があるんじゃないかと思います。もしくは「そうあるべきだ」という考えが根底にないかと。

私自身は、軋轢、摩擦もコミュニケーションだと思っていて(短気だからなおさら)、それこそ「炎上」だって過激だけど、立派なコミュニケーションじゃないかと思っているので(疲れるだろうけど)、喧嘩だってどんどんコミュニケーションしていると思っています。

だからといって、これは言いたいことを言いっぱなしにしろという話ではなく、そもそも不足しているのは、あなたの意思表明なのでは?ないかと思うのですね。

ということで、結論みたいなものはないのですが、まずは発表、公表しなさい、話はそれからだ、ということで、ブログもそうだし、出版もネットメディアだって、そうだろうと思って、淡々と毎日コミュニケーションしていきます。