電子出版に興味がなくなってきた

日本の2008年度の電子書籍市場規模は464億円で、2007年度(355億円)と比較すると131%となり、2006年度から2007年度の195%と比較すると鈍化しているものの、順調に成長している。
2006年度以降、市場を牽引しているのはケータイ向け電子書籍市場で、2008年度は402億円と、電子書籍市場全体の86%を占めている。一方、PC向け電子書籍市場は、2007年度の72億円から2008年度は62億円となり、対前年比86%と初めてマイナスに転じた。
活況の電子書籍市場も成長は鈍化、シェア8割がケータイ、PC向けは初のマイナスに – MarkeZine

やっぱり電子出版はダメだね。などと言うつもりはなく、自分の生活を振り返ってみても、iPhoneにもi文庫を入れてあって、暇なときに田山花袋とか泉鏡花とかパラパラ読んでます。読みやすいし、最初から150冊も入っているっていうのもいい。

だから電子書籍に見合ったコンテンツを読みやすいソフトで提供できれば十分いけると思います。ケータイ向け書籍も要するにケータイ世代のための小説やコミックのことですよね?私はまったく興味がないので(作るつもりもまったくないので)見たことも買ったこともありませんが、そういうニーズは今後もあると思います。

一方、取引先の版元の編集者の方々の仕事を拝見していて、この人達がいなくなって出版業界が壊滅するようなそんな絶望的な状況は感じられません。売れる本はこれからも書店で売れると思いますし、私自身そういった本を「本」のカタチで読めるのを捨てたくもありません。

といったところで電子書籍ですが、これが、いま書店店頭にあって売れているような本と同じようなラインナップで読めるようになるとはまったく想像がつきません。キンドル出たら買うのかなぁ。まだわかりません。

わかりませんというのは、今は本のカタチで買うことに全く不自由していないからでしょうね(置き場所には多少不自由してますが、いらないモノは大量にブックオフに売ってますし)。とにかく、そういった既存の本に置き換わるところを目指していたけどマイナス成長で残念だったという話なんだと理解しました。

先日も読書のエントリーで書きましたが、今はiPhone(もしくはPC)で様々なフィードを読んでいるほうが、書店店頭で新刊をあさるよりも手軽で面白くて、しかも役に立っているんですよね。で、これも電子出版なんじゃないの?とも思ってるんですよね。私自身はこっちをなんとかしたいなーと思います。

唐突ですが、そういうものを一緒に開発していける人(編集者)を募集したいと思います。あ、単にiPhoneアプリを開発するんじゃないです。新しい読書スタイルもしくは出版の枠組みを開発するってところで。

少なくともその新しいところに電子の冠は不要かと。

ISOTに行ってきた

新しいメディアの企画絡みで久々にビックサイトへ行ってきました。

国際 文具・紙製品展

実はPC/IT系の以外の展示会に仕事関係で出向くのは初めてです。どんなものかと見学、よかったら情報交換と思っていきましたが、こんなにもメーカーがあったんだという印象です。

デジカルの文具王 玉造から事前に情報を得てブースを回りましたが、一見したところでは大手メーカー以外の文具メーカーは全部同じに見えました。

個人的に文具大好きでこだわりもありますけど、ブランド名にはこれっぽっちも興味がないので、いいと思った品々がどこのメーカーだか実は知らずに使ってます。

とにかく使ってみて良いか悪いかを判断しないと気が済まない性分なので、おかげで机の周りにも買ってほとんど使われず放置されているものが溢れかえっています。

話それますけど、コンビニの新商品にも弱いです。うちでもよく「その無駄遣いが信じられない」と言われまし”た”(もう呆れられて何も言われません。わはは。)

たぶん、子供の頃にろくに小遣いもらえなかった反動なんじゃないかと思いますが、いわゆる大人買いはしませんね。たぶん所有欲よりも好奇心のほうが勝っているからじゃないかと自己分析。

で、デザイン文具のメーカーを中心に見て回りましたが、玉造情報どおり、デザインフィルという会社が頑張ってましたね。

デザインフィル(旧社名:ミドリ)

あとは、その他大勢に見えました。それから目立ったのは大手メーカーですが、キングジムはポメラで真っ向勝負ですね。どうなんでしょうねコレ。まだ買う気にはなれません。

キングジムなら私はコレがおすすめ。結構重宝してます。

テプラPRO

あとはペンが好きなのでpentelのヨーロッパ先行発売という水性ペンに興味を惹かれました(数少ないコンパニオンがいたからというのもあり)。

ビックサイトでの展示会っていえば、コンパニオンのお姉さんとお土産っていうのがイメージだったのですが、あれっていうのは本当にバブルだったんですねぇ。新ソフト発表会なんて、ホテルの大ホールで豪華なお弁当付きだったのも今や昔ですか。

いま秋に開催予定のイベントでIDG社さんと話をしているのですが、先日開催した9000人規模のイベントも目標人数を大幅に下回ったとのことで、大規模展示会はなかなかに大変なようです。

肝心の企画のほうですが、さてどうやって取り組むべきものかと思案中です。実際これだけのメーカーと新商品があって整理すべき情報もたくさんありますけど、やはりモノは手に取らないとなかなか難しいし、かといって実際に手に取るには限界もあるし。要するに良い商品カタログがないんですよね。

もっともっとサービス内容を掘り下げないと。と思っている今日この頃ですが、入稿ラッシュが落ち着いたころにミーティングできればと思っています。>宮崎さん

企業ブログの目的は売上である

加えて人材募集(人材ってのは社員だけでなく)だと思います。もしくはそれ以外の目的でやってはいけないと考えています。だから、

企業ブログなりビジネスブログなりというものを始めるにあたって、その目的を明確にしておくというのは重要なことです。しかし、驚くほど多くの人が、その 目的を錯誤しているように思えます。例えば、企業ブログの目的としてよく挙げられるものに「販売促進」「売上向上」がありますが、これは大間違いだと僕は 言いたい。

企業ブログの目的は売り上げではない - 住太陽のブログ

というのはちょっと違うのでは?と思います。ただし、

なぜ大間違いなのか。答えは簡単で、自社商品の宣伝や自画自賛ばかりのブログを喜んで訪問する読者なんていないからです。

まったく、その通りだと思います。でも、

そもそも自己宣伝や自画自賛は、 ブログではなく企業サイトで思う存分やればいいんです。

ブログだろうが企業サイトだろうが、やっちゃいけないと思います(ま、やってもかまわないが)。で、

そしてブログでは、自己宣伝や自画自賛ではなく、ブログだからこそできることをするべきです。

その通りだと思います。

あえてタイトルに釣られてみましたが、書いてることは概ね賛成です。

私自身は、企業ブログの運用にこういった齟齬が生じる原因については、その会社の業態にあったブログ運用を提案していないからだ、と思うのですが、そこには大きく2つの問題があると考えています。

まず1つは会社のとらえ方です。

日本には数万社の会社がありますが、会社の種類は二種類しかありません。大企業だろうが零細企業だろうが、「見込会社」と「受注会社」の2つです。見込型は商品が事業の興亡を握っており、受注型は得意先・顧客が生命線です(牟田学著「社長業」より)。

まず提案している企業がどちらの会社なのかそれをきちんと把握しておく必要があります。

もう1点は、ブログは人だということです。ブログは、たとえ引用されて書かれたリンク集であったとしても、執筆者が頭で考えて書かれたものであって、それはその人の一面を表しています。特に継続して書かれたブログは、書いた人の輪郭を明らかにするものだと思います。この点、商品は自ら言葉を綴りません(物言わず語りはしますが)。

となると失敗する企業ブログというのは、見込会社が自社の商品を全面に押し出して社員が責任の程度を薄めて商品紹介するというようなものだということがわかりますね。

逆に、たとえ見込会社であっても、自社製品を愛する営業担当者が、自社製品の販売に格闘する日々を綴ったとしたならば、読者はその会社や製品について悪い感情を持つことはないと思います。

この点、受注会社の場合は、対面するのが人同士なわけですからブログは親和性が高いと思います。ただし、受注会社の場合、顧客はその会社の「品質」「納期」「信頼性」を買っているのであって、単に担当者や社長の人間性を買っているわけではありません。

たとえばその人の商売が知識や情報を加工するようなものだった場合は、ブログの品質を高めることで、売上は劇的に向上すると思われますが、毎日ブログを更新したからといって(その人がいい人だといって)、その会社のサービスを買うとは限りません。

これは企業サイトにおける「宣伝」でも同じだと思います。例えブログを使おうがtwitterを使おうが同じだと思います。

何をどうやって書き続けるのか(発信し続けるのか)。

それが問題ですし、社員が企業の売上につながらないブログを書き続けることはある意味、業務放棄であり背任行為ともいえます(大げさか)。だから企業ブログは売上や人材募集を目的としないならやってはならないと思います。

それだけ本当に目的をもってブログを書き続けるのは難しい。私も毎日苦闘しています(だからこそ分かることもありますね)。

で、他所で「企業ブログ(twitter)」どうですか?などと軽々に提案しないよう、当社のプロデューサーには社員ブログの執筆を課題にしています。

今日の日報

quentinくんの日報が日増しにパワーアップ。みんな楽しみにしてます。

お疲れさまです。quentinです。

今日は、出社したときから、今までイヤホーンををかぶってずっとテープ起こしをやっていたんですけど、
耳が大丈夫なのか心配です。もし出る時に、「先失礼し〜ます」って叫ぶように言ったら、それのせいかも知れませんね。
もっとまじめに日報を書かなきゃいけないって思っていても、無意識のうちにこういうどうでもいいことを書いてしまいます。
テープ起しは、インタービューされた人の声としゃべり方にどんどんなれて、
文章にするのを早くなってきていると思いたいんですけど、まだまだ上達がみれません。
明日、インタービューの続きを聞くのを楽しみにしています。
できれば明日中に終わりたいと思います。
高橋さん、頑張りますから!

「から!」が憎たらしいほどすばらしい。

あなたの飛行機にはエンジンがついているか?

古い本です。が、最近店頭でよく見かけます。

思考の整理学 (ちくま文庫)
思考の整理学 (ちくま文庫) 外山 滋比古

筑摩書房 1986-04-24
売り上げランキング : 54

おすすめ平均 star
star絶品な本
star読むタイミングは早い方がよい
star「知的創造のヒント」と記述が同じ。さらに内容にも注意。

学校の生徒は、先生と教科書にひっぱられて勉強する。自学自習ということばこそあるけれども、独力で知識を得るのではない。いわばグライダーのようなものだ。自力で飛び上がることはできない。

冒頭からガツンとくる人多いんじゃないかと思いますね。

グライダーと飛行機は遠くから見ると、似ている。空を飛ぶのもの同じで、グライダーが音もなく優雅に滑空しているさまは、飛行機よりむしろ美しいくらいだ。ただ、悲しいかな、自力で飛ぶことができない。

顧問の河野さんといつも話している雛鳥体質のことそのものズバリです。この本では、学校教育の問題点としてグライダーと飛行機の違いを取り上げています。学校ではひっぱられるままに、どこへでもついて行く従順さが尊重される。と。優等生はグライダーとして優秀なんだと。そうですね。

指導者がいて、目標がはっきりしているところではグライダー能力が高く評価されるけども、新しい文化の創造には飛行機能力が不可欠である。

明治以来、日本の知識人は欧米で咲いた花をせっせと取り入れてきたが、多くは花の咲いている枝を切って持ってきたにすぎないと著者は言います。それでも当時は切り花を持ってくるほうが便利だったので、グライダー人間が重宝されたと。

別にこれは遠く明治の話ではないですよね。ウェブに関しても何かと言えば外国のことばかり。もしくはそのサービスを持ってくることばかり。それって本当にその花を自分のものにしたことになっていますかね。植物は地上に出ている部分と同じように根が張っていると著者は言います。根っこの部分を考えているでしょうか。

グライダー専業では安心していられないのは、コンピューターという飛び抜けて優秀なグライダー能力のもち主があらわれたからである。自分で飛べない人間はコンピューターに仕事を奪われる。

考えさせられます。

ブックデザインの仕事

最近の仕事です。

昨日もブログに書いたとおりで、自分で買う本以外にもiPhoneで記事を読んでるので、見本がどんどんやってきても読み切れません。

それに全部紹介できないので、いくつかピックアップして。

『リスクにあなたは騙される「恐怖」を操る理論』
『リスクにあなたは騙される「恐怖」を操る理論』

早川書房さんの翻訳書ですから、これはかっこいい感じのデザインですね。今ちょうどリスクマネジメントについて勉強中です。なんで勉強中なのかってもう少ししたらこのブログでも紹介しますけど、そういうわけでリスクという言葉にとても敏感になっています。

もう1冊。

『今までで一番やさしい 経済の教科書』
『今までで一番やさしい 経済の教科書』

こちらはダイヤモンド社のビジネス入門書です。やさしい感じに仕上がっています。レイアウトも担当してます。

こういったレイアウトの仕事増やしたいね
こういったレイアウトの仕事増やしたいね

前に紹介したリスクの本を読んでこの本を開くと絵本に見えます。で、この手の本を本じゃないとバカにする人も多いですけど、昨日もブログで書いたとおりで、文字がぎっしり詰まっている本を読むから読書だとは限らないと思ってます。

読んだ後にその人が内容についてどう考えるのかが大事であって、こういったやさしいレイアウトに編集してあれば、当然読むスピードも上がるわけで、いわゆる立派な本を買って積ん読になっているよりはよっぽどいいと思います。

それにこういった入門書にすることで、経済について勉強しようと手に取る人が増えることが、ひいては国力アップにつながっていると思いますね。

リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理
リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理 田淵 健太早川書房 2009-05-22
売り上げランキング : 480

おすすめ平均 star
star翻訳本にしては読みやすい
starたしかに、
starリスク認識の困難性克服のために

今までで一番やさしい経済の教科書
今までで一番やさしい経済の教科書 木暮 太一ダイヤモンド社 2009-03-13
売り上げランキング : 45956

おすすめ平均 star
starわかりやすい良書
star簡単な説明でわかりやすい
starずぶの素人向け

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新しいハブメディア公開しました

100ぱーせんとコドモカメラ

efbc91efbc90efbc90e381b1e383bce3819be38293e381a8e382b3e38389e383a2e382abe383a1e383a9

玉造の初企画です。難航しました。でも、まったく知識がないところからここまで、よくやり遂げたと思います。

で、何のサイト?と一目で分かるか分からないか微妙な感じもしますがどうでしょう。内容がいいのでもったいない気も。

でもそういった改善点を見いだしてすぐに改良していくことが大事だと思っているので、これからどんどんよくなっていくんじゃないかと期待してます。

あ、すぐに、というのが重要だから。

1年前にはウェブのウの字もなかった会社が、悪戦苦闘しながらもここまでやってきました。でも、そういった努力なんてなんの意味もない。本当はよくやった頑張ったと褒め称えるところなのかもしれませんが、そこで甘えないようにしようと思っています。

これは一生懸命つくったラーメンなんです!といくら大将が力んでみても、お客様が不味いって頭で思った瞬間にすべては台無し。社長としては、具体的な読者の反響なりがあってから盛大に褒めたいと思います。

また、これからメディア事業部の仕事を進めるにあたり、この点を忘れずに取り組んでいきたいと思います。

でも、ひとまずご苦労様。新しい企画もね。

quentinくん

一昨年からインターンシップの学生を受け入れてます。で、去年に引き続き今年もフランスから優秀な学生が2ヶ月間、アルバイト兼ねて日本語の研修です。

p1010228

ご覧のとおりゲラ見ながら赤字の修正やってます。

さっき、社内一斉配信で流れてきた彼の日報。

今日は、修正とつき合わせと営業の三つの作業を任されて、
外国人でもみんなに信頼されているのがとても嬉しく思います。
営業は、内容が60%しか理解できなくても、とても勉強になったし、楽しかったです。
これからも営業の経験ができたらなと思います。

原文ママです。すごいですね。研修どころか立派なアルバイト戦力になってます。

去年インターンシップにきたダミアン君はパリの大学院に進学しましたが、9月から立命館大学に交換留学生として再来日ということで、こんど遊びに来るように伝えました。

あと慶応大学の学生も受け入れていてこちらもとっても優秀で刺激になっていたのですが、如何せん2週間という短期間。今年はメディア事業部の立ち上げなどでドタバタするのでお断りしました。

本当は、このインターンシップ受け入れのご縁で、今年は優雅にフランスに行くはずだったんですが、子供が生まれたり、事業立ち上げたりで到底無理。来年こそはと思ってます。

読書をするのに本や雑誌のカタチはもう必要ない

iPhoneを使い出してから決定的に変わったことが1つあります。それは書店に行く回数が大幅に減ったこと。

仕事柄、日に書店を何軒もはしごするのは当たり前でした。しかし、最近は1店回って時間があったら、すぐに最寄りの喫茶店もしくは休憩コーナーに行ってiPhoneみてます(ま、体力落ちてるのもあるけど)。

何を見ているのかというと、RSSリーダーでブログ記事、twitterでミニ記事、tumblerで写真とクリップ記事。以前から面白そうな新刊を見つけたら買ってすぐ喫茶店で読むってことはありましたけど、もう新刊を見つけてすぐ読むよりもiPhoneでいろいろな記事を読むほうが断然面白いんですよね。

ウェブはバカと暇人のもの、という話がまた盛り上がっていますが、以前もあの本をとりあげてブログで書いたとおり、バカなニュースを集めていたらバカが集まるのは当然だと思っていて、逆にいえば自分の興味の対象でかつ有益な情報発信をしている配信をきちんと集めて読めば、ネットほど面白くて役に立つものはないと思います。

特にtwitterを初めてから俄然その頻度が高まっています。今はフォローしてくれた人を逆フォローしているのですが、その際にきちんと自分のブログを持っている人(ちゃんと情報発信している人)だけをフォローするようにしています。

フォローしてくれている方々は、私のブログを読んでくれた方が中心だと思うので結果そうなのだと思うのですが、皆さんのつぶやきを読んでいると、私が知りたいと思っている話題に関するニュースや考えが面白いように手に入ります。それに触発されてまた私の考えも進みます。

そうやって毎日ブログ記事やつぶやきを読んでいると、ある日、これって立派な読書じゃないの?と思いました(つぶやいたら、同感だと仰る方もいてうれしかったです)。

フレッシュネスバーガーの社長さんが自著の中で、人の胃袋には限界があるので、何を食べてもらうか選んでもらうのは大変な競争だというような話をされていました。いま読書をめぐる環境はまさに飲食業界の激烈な競争とまったく同じ状況になっているんじゃないかと感じています。

またバカと暇人の話に戻しますが、ネットがバカと暇人のものかどうかという議論がそもそもおかしくて、人には誰にでも理性的な部分も馬鹿な部分もどちらもあると思っていて、人によってそのどちらかを見せているだけにすぎないのに、なんでどちらかにしなければならないのか私には理解できません(ネットに限らず恥も外聞もない人間のほうが目立つからそう思えるだけだと思います)。

だから週刊大衆やアサヒ芸能や女性自身のような雑誌しか売ってない書店の店長が、うちの客層はどうよ。みたいな話をしているほうがどうよって感じに思います。商売買えたらいいんじゃないかと思います。

話がそれた。

この点、tumblerは自分のバカな部分をいやしてくれてちょうどよいです。あれは気持ちとしては小学生のころに親父の週刊現代とかみていた気分になります(エロ本じゃなくって週刊誌のグラビアをみてどきどきしたころの感じですね)。本当にたいした写真じゃないのに、iPhoneでみると面白いのは不思議です。

ということで、iPhoneでネットの情報を読むのはもう自分の中では読書です。出版業界では電子書籍の対応やネットの対応などを考えるのに必死ですが、もはやコンテンツのデジタル化を議論する時代は終わったと思います。

それはイコール本がなくなるという話ではありません(雑誌はわかんないね)。単にiPhoneスゴイという話でもありません。

いい本はこれからもどんどん出てくるでしょうし、その本作りにも携わっていきたいと思います。一方で、これからの読書のスタイルを考えた、あたらしい”本”や”雑誌”を作りたいなと思っています。それってどういうカタチをしているんでしょうね。

ライフスタイルから考えないとと思っています。一緒に考えて作ってくれる人いないかな。

ゲームが始まりました。

予定どおりサイトリニューアルしました。

e6a0aae5bc8fe4bc9ae7a4bee38387e382b8e382abe383ab1

本当のところ、こんなに顔出して言いたい放題でいいのかぐらいの感じですが、編集者出身の経営者である幻冬舎の見城さんが『編集者という病』で、顰蹙は金を出しても買えと仰っているので、ま、これでもいいかと思っています。

ただ、実際は厄年が終えるぐらいからそうしたいと思ってました。やっぱりなんだかんだいっても、30代だと父親世代がまだまだ現役なので、世間一般じゃまともに相手されていません(と間もなく40になる今でも感じてます)。ということで実績積むまでは10年ぐらい(あと3年)は下積みだと思って黙々とやります。

あと、同じく本日から取材ページも公開されました。

nippon-shacho_red_180-150

以前もブログに書いたとおり、依頼して取材してもらったものです。ベンチャー通信というフリーペーパーを作っている会社で、ちょうど今日2号目の経営者通信が届きましたが、幕末という変わった名前の会社がやっています。

ものすごく読み応えのあるフリーペーパーで、これはすごいなと思っていたところに営業の電話がかかってきたので話を聞きました。ちょうどサイトリニューアルに合わせてビジョンをまとめるのに誰かにインタビューしてもらおうと思っていたので渡りに船。インタビューの段取りやその後のテキスト起こし非常にうまく、いろいろサービスもしてもらったので満足いきました。

リニューアル作業を進めた名和、大西チーム。初顔合わせからほぼ2週間、ほとんどゼロの段階からここまで持ってくるとはすばらしいです。プロジェクトマネジメントは愚直に目標を達成することによってのみ磨かれる技術だと思っていますので、この目標達成はチームとしての仕事として素直に喜びたいと思います。

そして本日7月1日からメディア事業部は営業開始。試合が始まったらあとはプレイヤーが各自の判断で動いてもらうことになります。各々、本当にやれるだろうかという不安を、考え抜いて準備した自信で打ち消しながら進めてもらえればと考えています。

明日は、コーチである河野さんが出席しての事業部会議で、メディア事業部最初のレビューが待っています。先月もハードな会議でしたが、今回はそれをさらに上回る内容になるものと想像していますが、トレーニングなしで試合に出ることほど無謀なことはないので、ここはきちんと練習するポイントと認識しています。

監督としては、選手が万全のコンディションで仕事ができる環境作りと戦略の指示、それと何よりも人材補強に力を入れていく考えです。新卒採用もやりますが、メディア事業部の事業目標を達成するために強力な人材を貪欲に獲得する考えです。