自縄自縛に陥る危険は感じている

「楽しく創造的な仕事で豊かな生活を築く」の理念で、独自資本の独自事業開発で売上規模を幾何級数的に伸ばそうと考えています。

相当なハードルだと自認していますし、実際にあれもこれも、どれもそれもやるべきことばかりで、かなり強く意識して自縄自縛に陥らないよう注意しています。

洞察力や構成力には結構自信がありましたが、すでに一人で抱える限界は昨年末から強く感じていて、これに対してビジネスマネジャー人材を採用する計画を持っていますが、進めているうちに一昨年からのV字回復戦略があまりにうまく行きすぎて、ワンマン体制からの転換ができていないことに気づき先月はずっと会社に籠もって手を打っていました。

すでに社長室を別に借りたり、実務をどんどん手放したりと、物理的な距離を作ることやリソース開放を先に進めていましたが、仕込んでいた企画の進捗がそれを上回って先行していて結果的に転換進捗が遅れ気味になっていました。

ただ、強固な岩盤だった幹部の意識改革も、今月になってその硬い岩盤にバキバキとヒビが入って光明が差し込んできました。一気に突き抜けて経営陣を構成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください