謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

ブログを書き始めて毎年年初に同じような記事を書いていますが、まとめて読みかえすと1つの流れがあって、どうしてそうなったのかと振り返ってみるとなかなか面白いです。

2014年1月3日 『謹賀新年』
2013年1月3日 『謹賀新年』
2012年1月1日 『謹賀新年』
2011年1月4日 『私は45歳』
2010年1月5日 『仕事始め』
2009年1月2日 『謹賀新年』

最初の3年でなんとか事業拡大しようと思って失敗し、あとの3年はその立て直しというストーリーになっています。そうしようと思ってこうなったわけではないのですが、簡単に人は変わらないといいつつも5年もあれば結構変わるものだなと思いますし、会社もまったく違う会社に変われるんだなと振り返っています。

今年の事業方針は、すでにFacebookページに簡単に書いたので参照頂ければ幸いです。

 

年頭にあたって大声で「今年は!」と踏ん張って書かない理由には、水面下で稼働させ公にできないことが増えていることもありますが、今年はその舵を大きく切り換える最初の年にしようと思っているのが大きな理由です。

これから5年計画で会社のカタチをすっかり変える取組を始めます。数値目標もすでに試算が終わり経営会議でも方針を確認したので間違いなく達成しているものと思いますが、実際には具体的な実行計画立案は年間計画までとして、来年のことはまた今年の後半から考えることにします。

今年はさらに混沌とした状況が続くのだろうと予測しています。どこに芽があるのかなかなか分からないので、新しい計画や取組がまたまた乱立するだろうと思いますが、こういう時期は原点回帰が基本だと考えているので、計画実施にあたってはひたすら足下や半径10メートルぐらいのことに集中し、特にネット世論的な浮ついた綺麗事や、何をいっているのかわからない寝言戯言などには惑わされず、着実に駒を進めたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です