「デジタルファースト」から「マルチプロダクト」へ

底本(原本)のない電子書籍をボーンデジタル、電子書籍から書籍にする出版方法をデジタルファーストと呼ばれています。

JEPA|日本電子出版協会 ボーンデジタルとは?

当社では、主に電子書籍をPODにしたときにデジタルファーストと呼んでいて、これに特設ウェブサイト(ランディングページ)の構築までセットにしたメニューとして「プロパブ」を準備しています。

「プロパブ」デジタル出版とウェブプロモーションで直接伝える。 | 株式会社デジカル

今後、この「プロパブ」の展開に力を入れていきたいと考えていますが、やはり同時に「単行本が欲しい」「ブランディングサイトを作りたい」といった要望もあり、さらにはコンテンツ制作時に、随時メルマガやブログとしても発信していきたいといった要望もあります。

こういった制作出版手法を上手く表現できる(自分なりに納得できる)言葉を探していたのですが、金融商品販売のときに使われる「マルチプロダクト」といった用語が一番近いと感じています。

コンテンツ制作も配信・出版もある種の構造としては投資活動ですし、取り組んでいる事業の「一流」化の商品展開としても合致します。

現時点では、私一人が構想するのみで、まったくの模索段階に過ぎませんが、将来的に「マルチプロダクト」戦略で展開したいと考えています。