「利益体質」から「拡大体質」への転換

この3〜4月はかなりの活動量となりました。

この他にも採用や人事など気を使う地味な仕事に加え、長男が高校卒業して進学独立するなどプライベートの大イベントもあって、さすがに先週末あたりは燃え尽きるかと思いました。

それぞれのトピックについて、語るべきことが山積なのでそれぞれ後追い記事を書いていきます。あと社員旅行については社員のブログもそれぞれ更新されると思います。

夜市からパトカー乗って警察署に行くなどエピソード満載な社員旅行になりました。
ということで今回は資金調達の件です。

結局、地銀、信金とは取引せず従前通りに都銀2行にお願いしました。この数年、ひたすら美しいBSを作ることを目的に邁進してきた成果で、1行から優良のお墨付きとして「成績表(分析表)」を頂きました。ほぼ満点。ま、当然だろうと思っていたら今度はもう1行から「なぜ借りないといけないのか上を説得する材料が欲しい」との申し出。あまりの晴天だと傘を借りるのも一苦労ということですね。

ここのところ銀行取引を活性化させているのには先々大型融資をお願いするためで、今後も銀行取引は拡大していくつもりですが、今回の一件で資金調達については新しい手法を模索しなければなとスイッチが入りました。

そこで来月から方針を変えることにします。

冒頭に書いたトピックのうち、いくつか新事業の取り組みで変化があるのですが(何を書いているのかわからないものがあると思いますが)、この取組にいわゆるスタートアップ的な展開も視野に入れていこうと考えています。

そのためにいま一番に考えていること。それはビジネスマネジャーの採用です。単なる管理者ではなく、複数のプロジェクトをマネジメントして収益に繋げていくために、いま一番不足している人材です。

この件、まだ自分自身でも霧がかかっているところがあるので、新事業の整理とともにこちらも整えていきます。いずれにしてもこの5月からデジカルとしては舵を切り替え全社「拡大基調」で進めていきます。